ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

カテゴリー

日記アーカイブ

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2012年01月09日(月) 私と手帳と無印と

数年前までは手帳選びにとても難儀していて、いわゆる県民手帳的なものから、超整理手帳的なものまで一通り試したのですが、ある程度の試行錯誤を繰り返すうちに、自分に向いているのは月ごとのカレンダー的なものが月初めにあって、日ごとの予定が時系列に書き込めるものであるという結論に達したわけです。そんなわけで、今年は見た目が落ち着いた茶色で、素材がちょっとPP的なので接着が甘く、端から裂けてきてしまいそうな不安はあったものの、マークスというところのバーチカルな手帳を使うことにしたわけです。

裂けました。ああ残念。

幸か不幸か、一般的な手帳というのは文庫本と同じサイズなので、現在、無印商品より「ジーンズのラベル素材で作られた文庫本カバー」を取り付けることで、何とか一時的にしのいでいるところです。
しかし、これがなんというか、とても堅実な雰囲気を醸し出していてなかなか悪くない感じがしてきました。「文豪ヘミングウェイが愛した」といわれたら信じてしまいそうなシンプルでタフな雰囲気。

いっそこのまま一年、いやこのカバーで10年くらい使い続けて、クッタクッタなジーンズのラベルみたいになってくれれば、いいのにナァなんて今は思っているのです。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ