ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2017年08月17日(木) リアリティとニンジャ
実は昨日までお盆休みを取らせていただいておりました。本当のことを言うと、休みをとっても特にやるべきこともなかったので、ずっと働いていても良かったというか、精一杯働かないと晩酌も気持ちよく呑めないので、ただ与えられた権利とやらを消化しなくては逆に皆に迷惑という、なかなかややこしい状況下の夏休みでした。

そんなわけで今年の夏は、とにかく家に引きこもってやろうという高い志を胸に、一日二冊強の本と最低一作の映画を観て過ごしました。

面白いものもありました。そうでないものも結構ありました。

その中でも個人的にコレと感じたのは、鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー監督作品「リアリティのダンス」でした。観たあとは「なんだか、ものすごいものを観てしまったな」という気持ちになってしまい、しばらく何も手につきませんでした。不気味で残酷で、それでいてとてつもなく優しい映画でした。

それからは、風呂に入っているときも、布団の中にいるときも、慈悲なのか邪悪なのかも良くわからないジュクジュクとしたモノがじわじわと心に染み込んでくる、そんな状態が続きました。

最近、急にまた活動的になっているのは、そして少しだけ人生に対し、肯定的になっているのだとしたら、おそらくこの作品の影響です。「エイリアンvsニンジャ」の影響ではないのです。

そういった意味も踏まえまして「リアリティのダンス」、もし気になった人はどんな作品か、検索して調べていただくと良いかと思います。オススメはしませんが。

「エイリアンvsニンジャ」については大体どんな作品か、検索しなくてもタイトルで想像がつくと思います。ご察しの通りです。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ