ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2017年02月08日(水) 頻尿のインフルエンザ

日曜日の夜より、だんだんと節々がだるくなりました。
そして私には、だるい、というのはなんだか人間としての完成度が低い感覚という意識がありました。若者言葉というか。
「これがいわゆる「サザエさん症候群」というやつですか。観てもないのにお前ってヤツは…。」
などと、自己より生じた怠惰な若者精神に対する嫌悪感を口頭で露わにしながら、それでも、このだるい、という感覚がたんなる月曜日への反発であることを祈るように、明日も朝から良いスタートを切れるよう、いつもより早めの21時には就寝したわけです。

深夜、悪寒と発熱と悪夢のような何かに襲われました。

こりゃあいかんと、翌朝、よろよろとすっきりしない状態で行った内科で引いた整理番号は21番。
冴えない表情で順番を待つ高齢者が座る長椅子の端に申し訳なさそうに座り、封印作品の謎を追う文庫本などを読むこと90分…。
途中、どちらかというと採尿のためにあるような化粧室に高齢者を押しのけて入ること2回…。

インフルエンザでした。
頻尿の、インフルエンザでした。

といった意味も踏まえまして、本日自宅療養3日目を迎えております。
暗黙の職場ルールとして、インフルエンザに感染した場合の復帰は医者に従うように、ということなのですが、主治医からのお達しは、発症してから5日間は自宅待機という、職場の性質など考慮した最も厳格なもの。
ワーカーホリック気味な自分にとってその宣告は約120時間の投獄にも等しいものであったため、職場は少しマイルドにウソをつこう、そうだな木曜日くらいから復帰…と考えながら報告の電話をかけたのですが、インフルエンザの単語を発した瞬間に「あー、そりゃ今週はダメだね」という管理職からの条件反射的な感想。まるで希望ヶ丘駅へと降りる自動改札のタッチに失敗し、強烈なブローを下腹部にを貰ったような絶望感を覚えました。

私にとって月曜日は、最もエネルギッシュな週のスタートだというのに…。

現在は熱も下がり、だいぶ様態も良くなってしまっているので、徐々に仕事への不安が募る一方です働かないと酒を呑む気にもならないのです。筋力も落ちるだろうしナァ…。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ