ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2016年10月24日(月) 「できないんじゃなくてやらないんです」と男は言った
やれることを心置きなく精一杯やるというのは、色々と批判も受けることですし、自分自身は意外と小心者なので、やり過ぎることで誰かから批判されるくらいなら、何もせず無難でおとなしい、平穏な日々を送るほうがいいのではないか、などと少しだけ行動をすることが億劫になることがあります。というよりは、ほぼ毎日そのような葛藤の中で生活をしているといっても過言ではないくらいなのです。やるんですけど。

実は今日もそんな感情の一日でした。

先週は体調を崩して仕事に穴をあけたから、休日出勤明けで声が枯れているからなどと、できない理由を布団の中でいくつも並べながら、刻々と過ぎていく時間の中で闘いました。

そして意を決し
以前の職場に差し入れに行ってきたわけです。

そんだけです。

そんだけなんだけど、極度の人見知りであるわけですから、緊張もするわけです。
そんだけなんだけど、「もう部外者的なヒトにそういうことをされちゃうとネェ」と面識ない人たちは思うかなぁなんて心配もするわけです。

ただ、苦楽を共にした人たちが相変わらずで頑張っているところを見れたというのは、自分自身にとって結構嬉しかったし、なによりそんな葛藤を超えて行動を起こせた自分も誇らしいというか、我ながらなかなかな休日を過ごしたぞ、という気がするわけですね。単純なので。

年々、行動するのが億劫になってきてはいるわけですが、まだまだなんとかやれそうです。
きっと歳を取って、色々なしがらみがもっともっとたくさん増えて、何にもやれなくなったら批判もしてもらえなくなっちゃいますからね。そう考えると、明日からまた、些細なことでもやるべきかやらないべきかさんざん迷って、人の倍くらい考えすぎて、生活していきたいと思うわけです。

まぁ、やるんですけど。

とまぁ、大きなことを書いてみましたが、要は
今日は休日出勤の代休日だったので
以前の職場にお菓子を持って挨拶に行ってみた
というお話でした。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ