ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2016年09月15日(木) ゼロからゼットの物語
先週は久しぶりに旧知の仲間と会い、過ぎた日々を懐かしむように酒を酌み交わしました。

出会いはすでに十数年も前のことになります。会社という経済的意味合いの強い関係性の中において、郷里に残してきた家族や、学生時代のともだちのような幻想的共同体を作り出そう、暑苦しくもいとおしいセーフティーネットをやってみよう、と半ば強引に、ワタクシの名前をもじって試験的に始めた謎のムーブメントも、この日をもって一つの区切りの時を迎えました。

今やそれぞれが新天地において、新しい「家族」や「仲間」を作り出し、幻想としての共同体を必要としなくなってきたと感じるようになってきました。きっと今後この関係性は、現在進行形の共同体としての役割を終え、地元の同窓会のような、そういった性質のものへと変質していくのだな、と強く確信しています。それぞれがまた、これからの新しい共同体において、これまでに得た経験や哲学的なものをミーム化し、それなりに誤訳され形を変えながらもこのエクストリームにのんびりした身体感覚を、緩やかに伝搬していくことだろうと思います。

家族という名の共同体が、子供が生まれ成長するまでの20年、学校という名の共同体が、長くて12年程度のものと考えると、幻想としての共同体に過ぎなかった我々の悪ふざけが、大体その中間位と、ここまで長く続いたことはとても嬉しく思います。
青春を過ごしたバンドマンたちが50歳台になって再結成されていくように、今後この共同体がまた息を吹き返すことは大いに考えられます。しかしながら、ひとまずZAWAZという共同体は、先週末をもって一度その主たる活動を凍結させると宣言したほうが、気持ちの上でもラクでしょう。
とはいえこれからも、ゆるく呑みに行ったり、温泉につかったりはするだろうけど。

といった意味も踏まえまして、そろそろワタクシも、自分の物語と正面から向き合わなくてはなりませんね。
そうしないと、彼らと呑みに行くときに、みじめな気持ちになるからね。

そんなことを考えながら、翌日は職場の若手を連れ歩き、昼から地元で呑み歩き。
3件目でカープが優勝する瞬間に立ち会いました。
次にカープが優勝するころには、私たちはどうなっているんでしょうね。

根本的にはあんまり変わっていないような気もしますが。

しかしまぁ、今週は週明けから二日酔いだったり、色々考えたりして、長かったネェ。
2016年09月04日(日) プラネットオブなんとか
自宅消失から半年以上が過ぎました、新しく建った新居は恐ろしいくらい快適で、明け方に物音や、夜中にうろつく隣人におびえるようなこともなくなりました。それほどの月日が経過したわけではないものの、これまで過ごした地獄のような日々が少し懐かしく思えてしまうくらいのところまで精神的にも回復しました。長期にわたり眠りについていたデスクトップパソコンにもようやく電源が入り、いよいよ新しい物語の予感に打ち震えているところです。

心が落ち着いたら必ず観ようと心に誓っていた大好きな映画「ファンタスティックプラネット」も、ようやく本日新しくなった書斎で鑑賞することが出来ました。トポール&ラルーという究極タッグの作品に酔いしれながら、またこれから野生の惑星を開拓していこうという決意を新たにしているところです。

ほかにもいろいろありますが、まぁ、近況としてはそんなところです。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ