ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2016年07月26日(火) #n/a or #n/n/a

そろそろこの不快適な環境の出口が見えてきました。
来月の今頃はきっと落ち着いた机に座ってPCに向かい合っているのではないかと思います。
足並みをそろえるように、これまでに歩み、そして綴ってきた、どうしようもないほどにクソッたれな日々や、不安定な精神状態の文章なんかを、綺麗さっぱりなかったコトにして、いっそのことアカデミックでハイカルチャー感のみなぎる、新しくてカッコいいデザインのページを作ろうかなどと考えているところもあるわけです。

しかし、すでに10年近く代わり映えのしない、この禍々しくも愛おしいトップページには、ヒトに語るのも躊躇するような色々な思いが詰まっているわけで、まぁ、それはヒトに語るのも躊躇するような色々な思いなわけですから、ここで書くわけもないのですが、そういった意味も踏まえまして、どうにも踏ん切りがつきません。

そもそもワタクシの私生活というか、すべての局面において、どうにも踏ん切りが付かないというのは、一種のワタクシそのものといえなくもないわけで、ページをデザインし直すということは、その人間性を今から全面的に否定するということにも繋がりかねないわけです。

それならばいっそ、このままのデザインで行けるところまで行ってしまおうか、なんていう気持ちにもなるのですが、それはそれでなんというか、「今日は部活に行くのはよそう、咳も出る気がするしネ」といった、できないことの理由づくりはプロフェッショナルという、とても理屈っぽいしょうもなさ、というものも感じてしまうわけでありまして、「明日から本気で就職活動をするよ」といった、なんかそういう下流志向の雰囲気といいますか、本気出せばいつでも上流社会にいけると勘違いしているような、そんな空気感すらでてしまうような気もしてしまうわけでありまして、つまりはマァ、とりあえず、なんか続けていくうちに、良い所に行き着くのではないか、という甘めの見通しを持って、一歩一歩前に進んでいこうかな、と考えているところです。

なかなかどうにも、踏ん切りのつかない人間のようです。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ