ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2016年02月16日(火) はじめの散歩
2月は早々に大きな事件に巻き込まれてしまい(もらい火事で家が焼けた)、自宅にあったパソコンがほぼ壊滅的に水没しました。つまりは年末年始に色々なトラブルに苦しみながらWindows10を再インストールした、愛機である竹製ノートパソコンASUS U33Jも水没。主たるパーツの回復を願うように時折通電を試みるのですが、まだまだ立ち上がってはくれません。

そんなわけで、自宅の環境では8インチのタブレットPCが現在唯一使えるパソコンというような状況です。
最初の数日は購入済みであった大長編ドラえもん(電子書籍)があったため、タブレットという形態をフルに活かし、読書端末スタイルでやってきたのですが、長年キーボードとマウスという環境に慣れ親しんできたロートルパソコンボーイである自分にとっては、自分の手足の延長たるデバイスがないというのはやはり心もとないというか、鞘だけを脇にさしたサムライのような気持になってしまったので、Amazonでロジクール製マウスとキーボード、2,000円くらいのセットになったものとOTGケーブルを買ってきて、現在このWinタブを疑似的なノートパソコンとして使用しています。

ちっちゃな座卓に8インチのタブレットとキーボード&マウス。
実際のところ、かなり大きな事件に巻き込まれたという状況、またPC環境の復旧は絶望的という状況からすると、あまり楽観的にとらえることはできない環境下に置かれているわけなのですが、この組み合わせはこれで悪くないというか、このシンプルなパソコンからまた一歩踏み出してやろうではないかなどという、強い意志と希望すら感じさせられつつあるというのが正直なところです。

ちょうどいいくらいに色々と家財も焼失&水没してしまった今、無駄に使うお金はあまりありません。お誕生日にゲームギアを買い与えられてしまった子どものような感じでしょうか。おおやけどです。
すぐには新しいゲーム機なんて買ってもらえない。小さくて見にくいけれど、家にはゲームギアしかない。バッテリーの持ちはクソなので、ACアダプタの届くところでしか遊べませんが、ただひたすらやり込むしかないのです。

いや、別にWindowsタブレットがセガの端末っぽいっていうわけではないですけどね。Windowsタブレットは良い端末です。ドリームキャストのように素晴らしい端末です。

といった意味も踏まえまして、明日また生きるぞ!
2016年02月04日(木) のび太とブリキの迷宮(ラビリンス) / 藤子・F・不二雄
そんなわけで、先日もちょろっと書きましたが、相変わらず電子書籍による読書活動は続けているところです。

最近、紀伊国屋書店の電子書籍販売ラインナップに大長編ドラえもんが加わりまして、定期的に新しい作品が入荷されるたびに喜々として購読しているところです。

実のところ、リアルタイムの紙媒体で読んだ記憶があるのは、「のび太のドラビアンナイト」までです。ですから、正直に言うとそれ以降の作品は子供向けというか、自分が対象年齢を超えてしまったもの、という認識もあり、この年齢まで読まないままでした。

「ドラビアンナイト」の一つ前、「のび太とアニマル惑星(プラネット)」などは、主人公であるのび太たちがメルヘンムード漂う、動物たちの暮らす星に迷い込んでしまうという、その時点で脳内で警告音が鳴ってしまうような作品です。案の定、ゴリラに間違えられるジャイアンなど、あまりにもお約束の展開に目まいがするほどです。また、全体的に妙に押しつけがましいエコロジカルな教訓に侵されていて、正直に言うと子供ながらに少しがっかりした記憶があります。

幼少期の最後に読んだ「のび太のドラビアンナイト」に関しては、既に場の設定からしておかしな作品でした。絵本の世界に迷い込んでしまったしずちゃんを助け出すために、タイムマシンでアラビアンナイトの世界へ行くというようなお話なのです。現実と空想の世界がごちゃまぜの設定に、深く考えると脳髄がオーバーヒートしてしまうような超展開が繰り広げられます。そして結局は物語的にも盛り上がる場面もないままに、打ち切りっぽく足早に終わってしまうという、これまでの作品の中でも群を抜いてがっかりな作品でした。逆説的に、怖いもの見たさで一度は読んでもイイかもしれないくらいにアレな作品と言えなくもないのですが…。

そういった意味も踏まえまして、自分の中では、大長編のドラえもんはそのあたりで完全に終わってしまったつもりになっていたのです。そして恥ずかしながら、先日はじめて読んだ「のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)」がとても面白かったのです。

まず、世界の設定がすばらしい。

ユートピアを目指してロボットを開発してきた人間達が、結果的にロボットに支配されてしまった世界が舞台という、往来の漫画ファンなら感涙のこてこてのディスピアものなのです。
物語は、自分は一度も家族旅行に連れて行ってもらった記憶がない、とのび太が拗ねるところから始まります。物質的なモノ(ラジコンとか)を買ってくれないとひがむようなシーンはこれまでにも見ることができましたが、家庭的なコト(家族旅行)に連れて行ってくれないと、猫型のロボットではなく、両親にあたるのび太というのが、色々と物事を考えられるような年齢になったいま読むと、心に刺さります。また、そんな息子に手を焼く母親というのも、なんだかいたたまれないというか、ジンとくるものがありました。

本来は同類であるはずのドラえもんが、霊長類的倫理観からすると別に悪いことをしているわけでもない、ただ高い生活水準をもっていたロボットたちを、ウイルス的な秘密道具を用いてつぎつぎと精神的に狂わしていくクライマックスも、とても印象的でした。ただ、そんな危険な道具を携帯している猫型のロボットこそが一番危険なんじゃないかという気もしましたが。

そして、鉄腕アトムなどで見られる、ロボット三原則などの漫画SF作品的原点に回帰したかのようなこの作品が、手塚治虫先生の没後3年ほどして、藤子F不二雄先生の手によって描かれたのだ、というところにとても大きな意味があるような気がします。手塚治虫先生が描き続けてきた昭和のSF漫画というものに対する愛というか、あるいは総決算的な、そういった思いがあったのかもしれません。

作品の完成度などでは初期作品には到底かないませんが、自分にとっては、とても好きな作品となりました。おすすめです。
2016年02月03日(水) 胎児も踊るは夜の夢

このところ読書記録を掲載していなかったものの、モリモリと電子書籍を読む生活は続いていて、今は「 「子供を殺してください」という親たち 」という文庫本を読んでいるところです。これがなかなか内容的に重く考えさせられるノンフィクションで、寝る前に読むとなんだか悪い夢にうなされてしまいます。

そんなわけで、20代のころなどは夢など見ることもなく、少し羨ましいと思っていたくらいの人間なのに、この二日間ほどは、なんだか全体的に精神ホーカイ家庭もホーカイ気味の、汗がじっとりとしてしまうような、ひどく重たくて怖い夢を見ている最中に目覚まし時計のけたたましい音で目が覚めるというような、そんな朝が続いております。

気持ち的にも冴えないし、朝からドッと疲れてしまうわけです。
けれども、考え方次第では、このところの読書の積み重ねが、読んだ文章の内容を頭にスッと入れることができる(それゆえに夢という形で映像化(?)することもできる)ようなスキルを伸ばせているのだという感じでとらえこともできるわけです。そういった視点で見てみるならば、これはマァ悪いことでもないのかな、成長のあかしかな、とポジティブにとらえることも難しくはありません。

ただ、できれば寝ている間にみるような夢は、血沸き肉躍る冒険譚ですとか、ドキドキが止まらない恋愛ものですとか、あるいはドエロなあれですとか、そういった内容をお願いしたいところです。
しかしながら、よくよく考えてみると、自分が夜に読む本というのは、結構シビアなドキュメンタリー的内容のものばかりなので、そういったエンターテインメント性に優れた夢をみたいのならば、まずは読む本から選別していかないといけないということになります。

いっそ、ライトノベルにでも手を出したほうが良いのかしら、それとも、フランス書院的ライトエロノベルが良いかしら、などとしょうもない考えに流されてしまいそうなところもありますが、なんというか、ソレを読書としてしまうと、色々と別の問題が発生するような気がするのです。そこまでしてアレならば、佐野タカシ先生の漫画でも読んだほうがお得な気がするのです。
ただ、それはもう「知識のための読書」からはかけ離れてしまうような気もするのです。

そういった意味も踏まえますと、じっとりと汗ばむような悪い夢にうなされるのも、考えようによっては、しっかりと当事者意識を持ちながらノンフィクションと向き合っている、ということになるわけですから、決して悪いものではないのかもしれません。

もしも、そんなことで心が壊れる日が来るのなら、それは自分の心があまりにも繊細で弱すぎたということです。そこまでの人間だったということです。
というわけで、いつか夢の中の出来事で心が壊れる、そんな日がくるまでは、明日もまた読書にいそしみたいと思います。かかってこいよ!夢!
2016年02月02日(火) シマダメデの優しい巨人
前回からの続き

この年末年始に起きたPC周りのトラブルを、へなちょこ私小説風に面白おかしく3回くらいの長文に分けて書いていこうと考えていたわけですが、ついさっき自分のTWITTERを眺めてみたら

orechigoku @orechigoku 1月25日
アップグレードインストールだったノートPCがWindows10の更新のたびにディスプレイドライバ周りで固まるので、この週末に気合を入れてクリーンインストールしたところ、恐ろしく快適になりました。快適なので色々なことが捗りそうです。困ったものです。


全部ツイットしておりました。1ターンでわかる、無駄に引き延ばしていたことが虚しくなるくらい簡潔な文章でツイットしておりました。

そんなわけで、この件はおしまい(萎えたから)。
またこれから頑張りたいと思います。

なお

Windows 7/8.1→Windows 10が“推奨される更新”に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/02/news081.html

というような記事も出ております。アップグレードには、いろいろとご苦労されることも多いかと思います。皆様もドライバ周りのトラブルにはお気を付けください。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ