ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2016年01月31日(日) 虫はワーゲンに乗って
前回からの続き

以前、何度もタイムリープを繰り返しながら、アイドルグループを解散の危機から救った一人の男がいたといいます。
しかし、私にとって目下の問題は、そのような芸能活動的問題ではないのです。勿論、音楽グループのボーカルと浮気をしていることが、内部の者よりリークしまったというようなことでもありません。
いうまでもなくそれは、Windows10がログイン後、確実に再起動をするという謎の怪現象だったのです。おお、グルよ瞑想より目覚めたまえ。

そのような危機的状況から逃れるために、緊急的に配備されたタブレットPCよりGoogle様にお問い合わせをしてみたところ、やはりどうも怪しいのはメジャーアップデート以前にもたびたび悩まされてきていたディスプレイドライバ周りだという結論に到達しました。

安定したディスプレイドライバをあてるには、起動してから画面が青くなるまでの数秒間が勝負です。ハングアップまでに猶予されたそのわずかな間に、まずは現在入っているディスプレイドライバをデバイスマネージャより表示させ、「削除」を確定させなければいけません。一瞬の躊躇はリープポイントへの到達、すなわち再起動という名の敗北へとつながるわけです。

それは、長い長い闘いでした。タイムリープが幾度となく生じ、もはや5人は別々のマネジメント会社で個々の活動を行っていくしかないのか、と思われたほどです。体調不良を理由に一度は芸能活動をあきらめようとしたこともあったかもしれません。

何度目かのチャレンジを経て、ディプレイドライバはWindows10標準の原始的なものに置き換えられ、安定した低解像度の画面が展開されました。あとはゆっくりとメーカーサイト様よりディスプレイドライバを入れてあげればよいのです。それは今までの苦労に比べると、とても簡単なことでした。

こうして、わがマシンにも平和が訪れました。
そして私は、このような悲しい経験をする人間が一人でも減るよう、今回の体験を文字で綴ることを思いつきました。はたして、あまり文章力のあるわけでもない自分が、どこまで人の心に訴えかける文章を書くことができるのでしょう。しかし、もしかしたらこの地球上で、誰かが同じような思いをして、私の文章にたどり着き、そして救われるというようなことがあるのかもしれない。たった一人でも救うことができるのであれば、私はそれをしなくてはいけない。そのように考えました。

突如として安っぽい独りよがりな使命感にとらわれた私は、一心不乱にキーボードを叩き続けました。大切なのは公開することです。不完全でも、下手くそな文章でも、思いの限りを、今ある情熱を、とにかく注ぐことに…

と突然、カフンという音がしました。

唖然とする私の前には、英文の書かれた青い画面が表示され、画面内では何か数字のようなものがカウントダウンをはじめました。カウントが0になったのち、Windowsが再起動をはじめたのです。

続く
2016年01月27日(水) 子供騙しの近未来

Windows7からWindows10にアップグレードするということは、なにやら私のような庶民には判らないようなところで深刻な不具合を抱えているらしく、我が家のPCは夏のアップグレード(7⇒10)以降、何度もマウスカーソルが止まったまま動かなくなってしまったり、英文の書かれた解像度の低い青い画面を表示した後に再起動をしたりといった心霊的怪現象に苦しんできました。

ソリューション的なお得意さまであるGoogleに、今回の件について問い合わせてみたところ、それはどうやらディスプレイドライバー(INTEL HD GRAPHICS)というものに起因しているらしいということがわかりました。また、メーカーサイトの最新ドライバーを個別にあてることで、不安定ながらもなんとか使えるという状態になるということまでわかりました。

そういった意味もふまえまして、我が家のPCは、Google様の示す救済の技法のうち、有効と思われるもののほぼ総てを試されることとなりりました。その結果、良くはないけど使えないというわけでもない、何かのタイミングで青い画面が表示されてしまうこともあるけれど、頻度からして我慢できなくはない、という状態にまで落ち着くことができました。

年が明け、我が家のWindowsにもようやくというか、なぜ11月くらいにリリースされていたはずのものがなぜ今更?という気持ちもあるのですが、初のメジャーアップデート(新しいビルド)がインターネット的社会より降って参りました。

メジャーアップデートというのは、新しい機能を取り入れるとともに、より安定度をました最新版のビルドだとききます。
つまり、長いこと不安定版で我慢してきた我が家の、青色画面が大好きなロクデナシ端末と過ごした日々ともこれでサヨウナラということになるわけです。我慢に我慢を重ね過ごしてきたことが報われる日が来たということです。安定したドライバーをあてがわれて、クリエイティブでイノベーティブな明日へと走り出す準備は既にできたのです。待たせたな近未来!
青色画面を見つめる日々よサヨウナラ。これからはできるだけ肌色の画面を見つめて暮らすことにしましょう。私は心の奥底でそう叫びました。

そんな力強い決意を胸に、目の前で行われているWindowsアップデートのプログレスバーを優しく慈しむように眺めていたところ、突然カフン、という音がしました。その後、英文の書かれた青い画面が表示され、謎のカウントダウンが宣告されたのち、Windowsが再起動しました。

なかなか乱暴なアップデートだな。私のような訓練されたパソコンサンデー的少年ならまだしも、初心者はビックリするだろうな。と、思いましたね。

そのような紆余曲折を経て、無事にWindowsの再起動が完了しました。こんにちはニュービルド!ハローワールド!
私は弾んだ気持ちでパスワードを入力し、いつものようにブラウザを立ち上げようとしました。カリカリと軽快にディスクにアクセスする音が聞こえます。さあ、何を見よう。とりあえずは肌色の画面でも…と突然、カフンという音がしました。

唖然とする私の前には、英文の書かれた青い画面が表示され、画面内では何か数字のようなものがカウントダウンをはじめました。カウントが0になったのち、Windowsが再起動をはじめました。

なかなか乱暴なアップデートなのだな。私のような訓練されたパソコンサンデー的少年ならまだしも、初心者はビックリするだろうな。と、思いましたね。

そのような紆余曲折を経て、無事にWindowsの再起動が完了しました。こんにちはニュービルド!ハローワールド!
私は弾んだ気持ちでパスワードを入力し、いつものようにブラウザを立ち上げようとしました。カリカリと軽快にディスクにアクセスする音が聞こえます。さあ、何を見よう。とりあえずは肌色の画面でも…と突然、カフンという音がしました。

唖然とする私の前には、英文の書かれた青い画面が表示され、画面内では何か数字のようなものがカウントダウンをはじめました。カウントが0になったのち、Windowsが再起動をはじめました。

なかなか乱暴なアップデートなのだな。私のような訓練された
と、ここで
私は、自分が果てしない時間軸のループ構造内に取り込まれつつあることに気が付いたのです。

続く
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ