ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2015年08月16日(日) ルパン三世(2014年)
今日はニコニコ生放送で「ルパン三世カリオストロの城」が配信されたそうです。そういえば今年も夏のテレビスペシャルをやりませんでしたね。大々的に声優の交代を発表していたので、ぜひもう少し活発に作品が作られると嬉しいと思います。

幼少時代よりテレビスペシャルで過ごした私にとって、夏といえばルパン三世なわけです。ルパン三世を観ない夏というのはなんといいましょうか、衣だけのかつ丼というか、それくらいに物足りない気持ちになりますね。
現在、色々な訳があってまだ観ていないルパン三世作品は「ルパンvsコナン」と「実写版ルパン三世(21世紀ver)」の2作品。
今日は、たまたま前日にWOWOWで放送していたということもあり、勇気を出して「実写版ルパン三世」を観ることにしました。なかなかの作品でした。

テレビスペシャルのルパン三世を莫大な予算をかけて強引に実写化したような、テンションの高い作品でした。
「裏切りは女のアクセサリー」といったセリフや、刃物モヒカン&傭兵ガンマニアとの対決シーンなど、随所にTVシリーズやTVスペシャルのルパン三世から引用したようなセリフ、シーンが組み込まれておりまして、ニヤニヤしながら観ることができました。最後はいつものように、敵要塞で決着を付けてボーンしたら悪いやつを逮捕しに銭型登場です。安定のルパン三世です。

当たり前のことなのですが、作っている人の中に「ルパン三世」を良く見ている人が居たんだナァと感じました。急にファミリーが増えたりするのも漫画版っぽくてイイですね。

きっと制作時には、「「vs複製人間」のシーン超かっこいいんだけど、目は横に二つ付いているわけじゃないですか!だから映像としてあれはオカシイ!」みたいな暑苦しい意見交換があったのだと思います。それでマァ、そのあたりはオリジナルとちょっと変えて…。ロゴにして…。

というわけで、全体的に観ていけばルパン三世を目指す意欲がヒシヒシと感じられる作品でした。お話的な面でみても、テレビスペシャル版アニメとして制作したら、割とフツウの作品になったんじゃないかな、と思います。

なお、ネットなどで酷評されているカッコ良いシーンの押しつけ具合についても、許斐剛先生の漫画を読んでいるかのような気持ちで楽しめました。

ただ、今回圧倒的に「ルパン三世じゃない」と感じたのは音楽です。以前「次元大介の墓標」を観た時にも感じたのですが、今回のルパン三世も、既存の版権曲を一切使用していなかったようです。
今回の映画なんかは割とテンションの高いCOOL!なシーンが多いわけですから、スピーディーなシーンでは「SuperHero」を流すなどしてくれれば、もっと観る側のテンションも爆上がりだったのに…。と思うと非常に悔やまれます。

良くもないけど、悪くもなかったよ!
2015年08月15日(土) 今夜、すべての花園で
夏が終わろうとしています。
この夏の一つの大きなイベントとして思い起こされるのは、Windows10のリリースだったのではないでしょうか。

現在自分が使用しているWindowsPCはデスクトップ・ノート・8インチタブレットと3つあります。リリース直後、最初に入れたノートPCでの体験が非常に好感触だったので、その後、思い切ってすべてWindows10にアップグレードしてしまいました。

使ってみてよくわかったのですが、最後のナンバーと噂されているこのOSは、Windows8でサービスインしたタブレット用のマーケットアプリと従来のデスクトップアプリの振る舞いを絶妙な形でブレンドしているうえ、低スペックな8インチタブレットでも動くようにチューニングされていることから、非常に軽快に動きます。万人にお勧めできるOSです。

しかしながら少しおせっかいになってしまったところもあります。特に「よく使うファイル」や「最近使ったファイル」といったものが、デフォルトではエクスプローラー上に表示されるようになっています。これは本当に気を付けないといけません。

先日、男性中学校教師が私物のPCを授業で使用したところ、「“最近使った”アダルトDVD」が画面上に表示されてしまい大変なことになった、というニュースが紙面を騒がせたのは記憶に新しいかと思います。

これは明らかにアダルトDVDを入れっぱなしにしていた男性中学校教師の失敗です。
しかし、これからのWindowsは標準状態で使用している限り「よく使うファイル」や「最近使ったファイル」がエクスプローラー上に表示されてしまうのです。もし、何かのはずみで自分ではない第三者が、PCを操作してしまったら「“最近使った”動画ファイル」や「“よく使う”動画ファイル」などがバレてしまうのです。恐ろしいですね。

でも大丈夫。この機能はオフにすることができます。
エクスプローラーのプロパティを開き、プライバシーに関わるチェックボックスを外してください。履歴の削除も忘れずに。
そうすれば貴方の「“最近使った”動画ファイル」や「“よく使う”動画ファイル」がエクスプローラー上に表示されることはなくなるでしょう。



それでは、安全で楽しいアダルトPCライフをお過ごしください。
2015年08月14日(金) そして、甘酸っぱい夏の記憶へと

といった意味も踏まえまして、今年の夏休みはRaspberry Pieでマルチコンソールを実現しようと意気込んだところまでが前回の記事です。
実はそのあと気合を入れて取り組んでみたところ、数時間であっさり実現できてしまいました。

手こずったのは無線LAN周りくらいでした。
最初は一円玉サイズの小さな無線LANアダプタを直接繋いでやろうと考えていたのですが、14インチのテレビ画面(コンポジット)ではvi(テキストエディタ)の文字が読み取れないため、設定ファイルを書き換えることが出来なかったのです。
設定ファイルをいじるために画面出力をSD画質にするためには、設定ファイルをいじらなければいけない。
PCからSCP経由で設定ファイルを開ければいいけれど、無線LANの設定ができない。
この牢獄から抜け出すためには、鉄格子越しに武器を持った看守を素手で倒さなくてはいけない。

そんなわけで、ここはあっさりとbuffaloの有線LANコンバータでやることにしたわけです。
本人のスキルは伸びないかもしれませんが、既に簡単な代替案があるならば、課題解決は最短距離がイイですよね。

と、いった意味も踏まえまして、WPSで母艦と子機をピッと押して接続完了。

しっかりPCからRaspberry Pieの中身を見ることができました。
スーパーファミコンの画面がテレビに映し出された時には、結構感動しました。
手元にあったのが、DECOのゲーム「JOE&MAC 戦え原始人」というのも、なかなか感動的じゃありませんか。

LANコンバータの電源はRaspberry Pie本体のUSB端子より供給されているため、消費電力からくる本体の動作に少々の不安があったのですが、今のところ大した発熱もなく、快適に使えています。

アー楽しかった。
ということで、ワタクシの夏は終わりました。さあ仕事仕事。
月曜日からトップスピードで仕事モードに入れるよう、土日は調整します。

なに?ゲーム?そんなものやっている暇はない!
2015年08月12日(水) Raspberry Piの中の未来

自室には未だに14インチのSONY製テレビが鎮座しております。プレイステーションなどに搭載されていたAVマルチという、色々と柔軟な入力端子を持っているのが特徴で、低解像度の画面モードを持つ過去の家庭用ゲーム機などを、無理なスケーリングを行うことなく良好な画質で表示してくれる(再現してくれるのではない)ので、手放すことができません。

このテレビをずっと使っていきたい、と考えているわけなのですが、世の主流はHDMI。今秋、発売が予定されているレトロフリークというゲーム機も、出力端子はHDMI。当初発表になったときは、このマシンをいっそメインのゲーム機にしてしまい、コンデンサの不調により音が塞ぎ込み気味のPCエンジンや、魂を感じさせない緩やかな音程のズレが耳苦しいパチ物ゲーム機、FC TECH+などで散らかったテレビ周りを少しスッキリさせてしまおうと画策していたのですが、HDMI出力端子しか持たないゲーム機は古いテレビには繋がらないのです。もはや凡庸性のないOSを搭載したただの箱です。エミュレータを積んだハードウェアの画面をHDMI経由で液晶ディスプレイに表示するのであれば、吸いだし機を買ってWindowsマシンで遊んだら良いのではないかと思うわけなのです。

ということもあり、レトロゲームフリークへの愛もすっかり冷めてきた今日このごろ(予約はした)ですが、先日ふとしたきっかけで「Raspberry Pi」という小さなコンピュータがコンポジット出力を持っていて、その端末では各種エミュレータが動作するという記事を読みました。渡りに船。渡哲也の目にも高校鉄拳伝タフです。ターミナルで設定するなど、10年近く現場を離れてしまった人間には少し敷居が高そうですが、我が家には割と万能なSNES/GENESISの吸出し機、Retron2もあるわけですし、挑戦することを辞めた人間はチャレンジャーを名乗る権利はないとイイます。やらない手はないでしょう。なお、横浜にある「温泉チャレンジャー」というお店は入館料が600円です。安いです。今の時代に良いのでしょうか、そのお値段で。

と言った意味も踏まえまして、今更ではございますがRaspberry Piに手を出してみることにしました。これはもう、立派な趣味でしょう。誰かに聞かれたときには声高らかに「パイ弄り」と言いたいと思います。ただ、趣味というものは度が過ぎてしまうと大変です。周囲の家族や友人たちに迷惑をかけるてしまうことになります。もし、ここのタイトルが「パイ男のパイ×2絵日記」といったものになってしまったら、どうしましょう。すでにそのとき、ワタシはワタシではないワタシになってしまっていて、自分の犯した過ちに気づくことはないでしょう。周囲からも「あのヒト変わってしまったわ、昔と比べてまるで別人みたい」と思われてしまうでしょう。そのときはどうか、どなたかの手でキュッと葬っていただければ幸いでございます。さようなら世界。シェシェ。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ