ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2015年06月11日(木) 夢みる力に
本日入ってきた太陽誘電が記録製品事業から撤退するとのニュースにとても驚いています。
太陽誘電といえば、まだCD-Rドライブが出始めで、メディアへの書き込み成功率が非常に低かった頃、非常に焼きミスの少ない信頼の置けるメーカーとして君臨していたトコロで、なんというか日本のものづくりの凄みというか、そういう気概が感じられるメーカーでした。

当時学生だった自分は、どちらかというと安物買いの銭失い的なところがありまして、Mr.DATAと書いてある、PC98版カジノゲームのパッケージみたいなカラーリングが印象的なブランドのメディアや、サイドから糊のようなものがはみ出てしまっているPrincoの安っぽい(実際に安い)メディアばかり買っては、延々とビュンビュン唸り続けるCD-Rドライブと睨めっこをしながら暮らしていました。その頃は間違いなく、太陽誘電はメディア界の王者でした。

今はその当時に比べて、記録製品で焼きミスをするようなことがほとんどなくなり、またメーカーごとの価格や品質にもあまり差がなくなってきたような気がします。ですからマァ、これも時代の流れというか、そういった観点からすると仕方のないことなのでしょう。

当時の懐かしい、そして少し恥ずかしい思い出は沢山のCD-Rに収められて引き出しの中に大切に保存してあります。まるで中途半端に古いアルバムのように、今後、中身を見ることはないかもしれません。正直、正しくデータが読み込めるかも怪しい状態です。

それでも、このCD-Rのライブラリは、来なかった筈の近未来が突如としてやってきたときを夢見て眠り続けるのです。そのときがきたならば、埃とケーブルにまみれた部屋で、日に焼けて少しオレンジ色になったタワー型のPCにCRTを繋ぎ、眠りから覚めた銀色に輝くオーパーツたちを、そっとトレイにのせてみたいと思うわけです。そんな日を夢見て今日もまた、息を殺して寝返りをうつのです。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ