ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2015年05月06日(水) 黄金の船を降り
そんなワケで今年はなんだか連休が長くて困りました。意外と自分はお休みというのがパッと与えられてしまうと、どのように消費したらいいのか皆目検討もつかなくて、タダひたすらアワワアワワと時間がだけが過ぎていってしまうというようなパターンに陥ってしまいがちなのです。以前、民間の会社を辞めたとき、試験的に3ヶ月ほど何もしない期間を作ってみたのですが、いざ何もすることがない3ヶ月というのはそれはもう、とても退屈でした。そのときはモゥ、劇団に入るか宗教でも始めるか、格闘技でもやるか、というような追い詰められた精神状態にありました。マァ、そういう弱さとかハマりがあっての今という風に考えますと、決してその死にそうなくらい退屈な3ヶ月というのも、その時は本当にどうにかなってしまうのではないか、日本語も忘れてしまうのではないか、というような感じでしたが、決して悪いものではなかったナァ、なんて思うわけです。
そんなワケで冒頭に戻りますが、今年は5月の連休が長かったわけです。とにかく今回は落ち着いて、普通の土日にやるような、まとまった掃除とか、雑草をむしったりとか、体を動かしたりとか、本を読んだりとか、当たり前の日常を徹底して過ごしてみました。コレまでにわかったことなのですが、まとまった時間というのは、いろいろなことを細切れにこなすのが好きな自分にとってはあまり有意義なものではないのです。むしろ一生懸命働いて、趣味の時間が全然取れないとか嘆いているくらいが丁度イイのではないでしょうか。とかいうなんだか正しき日本の勤勉なサラリーマンみたいなことを書いたところで、明日からの仕事に備えて、今日は早めに寝ることにしましょう。明日また生きるぞ!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ