ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年12月23日(火) 好きなことを好きにやること
楽しいのかなんだかよくわからない忘年会シーズンも無事に乗り越えまして、残すところあと一つとなりました。最後のひとつはおそらく今年一番ときめくであろう毎年の仕事納めにやっている会合で、兎に角イケてるを食べようという集まりなので、そこまではなんとか健全な精神と肉体を持って迎えたいと考えている今日このごろであります。

例年通りで行くならば仕事納めに合わせて病気になってしまうわけでありまして、なんというか働いている状況というのが自分にとってとにかく自分にとって良い状態なのだナァと毎年年末はベッドの上で唸りながらそのようなことを考えてしまうわけなのでありますが、そろそろそういった仕事依存の状態というもは打破していきたいと考えているわけでありますからして、もう少しなんというか、人間、プライベートな面でも燃え上がるようなものがないとイケませんね。おれはこれが好き!という確固たるものを築きあげていきたいと、考えているわけであります。

某国ではインターネット接続が切断されたということで、ニュースになっております。国家レベルで見るならば大変な打撃というか、そういう感じではないかと思いますが、強制的ではあれ、電脳的な繋がりを欠く、そういう状況下に置かれてみるというのも、もしかしたら大切なことなのかもしれないなどと、最近は考えているわけです。23時のテレホーダイタイムを待ちわびながら、シコシコとテキストファイルをいじるようなワクワク感というか。

まぁ、そんな状況を無理やりこしらえるというのもおかしな話なので、今置かれている状況下で、どれだけ心を踊らせながら生きることができるか、というのが課題ですかね。
とりあえず、今年もあと3日は働くことが許されているので、精一杯やりながら、年末年始の有効な時間活用について考えていきたいと思うわけでありますね。
明日はとにかく働こう。
2014年12月21日(日) 弓状の島、トラウマの国にて
2014年12月03日(水) ときめきママレモン
12月は師走という名前が付いているということもあり、仕事的に適度な緊張感と、極端な呑みのお誘いが来ておりまして、ちょっと持つかな肝臓的にサ…なんて考えてしまうこともあるのですが、マァやれるところまでやってみるしかないでしょうといういつもどおりの結論にしか行き着かないわけでありますね。

とはいえ流石に2徹で呑んじゃうようなスタミナはもう残されてはいないわけでありますからして、明らかにときめかない呑みのお誘いに対しては正直に「ときめかないので行かない」というようにしています。これからは無駄なく素敵な人達とできるだけ沢山の時間を充実して過ごすのです。それはいつか振り返ったとき、かけがえの無い思い出に変わるのです。そう、ときめきメモリアルです。

ときめきメモリアルで思い出したのですが、ゲームにときめいていた時代をコミカライズしていた人が、漫画に出していたキャラクターが著作権侵害の疑いで書類送検されたとかなんとかで、ちょっと前に話題になっていましたね。

訴えたのがその昔、ブロック崩しやインベーダーやゼビウスの模倣ゲームやキューバの革命家が戦うようなゲームをたくさん出していたSNKの版権を管理している会社ということで、その辺りがなんというかマァ、漫画に描かれたくらいはグレーゾーン状態でスルーしても良かったのでは、誰だって叩けば埃が出るのでは、といった思いもあるのですが、きっとそれは子供的な考え方なのでしょう。

思い出が色褪せないからといって、それにしがみついていてはいけないのです。誰もがあの頃のように慣れ合ってくれると考えるのは甘いわけです。ゲームはもはやビジネスで、ときめきメモリアルも大切ですが、そういった過去の思い出は糧にして、めまぐるしく移り変わる現代にアジャストしていかないといけないのです。

と、自分に言い聞かせるようにこの件のソーカツなどをし、また明日から気を引き締めて仕事をしたいと思うわけです。実は今日、仕事おやすみしたんです。

そういった意味も踏まえまして
明日からまた、ハリキッテヤルベ!
2014年12月01日(月) コダワリの診断名を今宵キミと
ヒゲを整えて、なんとなくその仕上がりに満足できなかった日は、ついそのことばかりが気になってしまい、気がつけばヒゲを引っ張ったり、抜いたりしてしまうわけで、これはきっとカウンセリングでも受けた日には、何らかの診断名を頂戴してしまうに間違いないと考えているわけでありまして、つまりはどういうことかというと、今がまさになんとなくそのヒゲの仕上がりに満足できていない、ということになります。
だけど、剃るわけにもいかないわけでありますからして、それもまたコダワリであるからしまして、きっとそちら側の方向性からも、カウンセリングでも受けた日にはコダワリの診断名を頂戴してしまうに間違いないと考えてしまう今日このごろです。

ならばいっそ、そんな些細な事でイチイチ気にすることもないか、と気持よく思えてくるわけでありまして、ヒゲが気になるならば、正々堂々気にならなくなるまで気にすればいいか、などという謎の開き直ったメンタルに傾いてくるわけでありますが、そのように思いきった考えを持つと、今まで気にしていたヒゲの仕上がりなど、取るに足らないことのことのように思えてくるわけでありまして、本日も自分は健全に自分として無駄に思考を巡らせて生きているのだ、ということを実感する次第であります。

なんかこのあたりのことは、以前にも書いたような気がするのですが、いちいち過去のエントリを確認するのも面倒くさいし、もしも繰り返して書いてしまっているのであれば、思考は巡り巡って同じ所に落ちるということもある、というようなしょうもない事実をまさに体現しているということにほかならないわけでありますからして、それはそれでいいのではないかと考えるわけであります。

さて、ここまで、超絶にどうでもいい推敲されていない文章をならべてきておりますが、実はここまでの文章、フルスクリーンのテキストエディタで書いているわけです。

以前より、文章を書くことに集中できるような、フルスクリーンのテキストエディタが欲しいということで、色々とWindows系のアプリケーションを探していたのですが、なかなかヨロシイものが見つけられず、文章を書くことに集中できる環境を構築するという夢は、描いたまま頓挫していました。

一昨日あたりにフト、ブラウザのプラグインで動くテキストエディタを入れて、それを全画面表示で使用すれば問題は解決するのではないかということに気がついたわけです。

そういった意味も踏まえまして、現在、この文章はCHROMEのプラグインで動くテキストエディタにて、会話と同じかちょいと遅いくらいのスピードで吐き出すように打ち出されている次第です。

このやりかたですと、多少、文章の整合性とか文法的におかしなところのようなものが出てきてしまうのですが、なんとなく、こういったところの文章なんて吐き出すものだろう、という変なコダワリのようなものが自分にはあるわけです。このコダワリ、カウンセリングでも受けた日には変な診断名がついちゃうんだろうナァ。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ