ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年11月18日(火) 血しぶきあげて 憤怒の大河を
かつて、日本で使われるPCがNECのPC98シリーズから、いわゆるIBM/PC互換機へと変遷する瞬間がありました。自分はその頃、高校生だったわけですが、そのあたり時代の熱気をリアルタイムに感じたということが、今の自分を形成する要素の中で、極めて大きな塊として残っているわけです。

そして、日本のPC産業がIBM/PC互換機へと舵を取るにあたって、最も大きな影響を与えたのは、富士通株式会社が出したFMVでした。高倉健さんが出たCMでした。
「不器用な男」として知られる高倉健さんが「簡単だよ、こんなもん」と呟きながらFMVと向き合うシーンは、それまでマニア層のみを対象としていたIBM/PC互換機を、一気にお茶の間の一般消費者へと浸透させるのに十分なインパクトだったわけです。


ちなみに富士通がFMV以前に出していたFM-TOWNSという機種のCMに出ていたのは黒田有樹というタレントでした。FM-TOWNSは、当時にしてはなかなか未来志向のGUIを搭載し、哲学的な理想を貫いた非常に良いマシンで、これまた非常に自分にとっては影響の強かった機種ではあるのですが、申し訳ないけれどCMはよくなかったナァ、と今でも思います。

今日は、高倉健さんの訃報でそんなことを思い起こしました。人が亡くなると、どうしても色々なことを思い起こしてしまいますね。

せっかくなので、というのも変な話ですが、明日からは困難な出来事に立ち向かったら高倉健さんのように「簡単だよ、こんなもん」と呟いてやろう、なんて思ったわけなのです。

「これで、いいんだよ」ってね。千恵子に言ってやるんだ。
2014年11月12日(水) シリコングリスすする、ワタシは鉄の男
ノートパソコンをデスクトップの代替機として使用してからだいぶ経ちましたが、未だ不便に感じることがありません。
本気でこのままデスクトップPCを見限り、省電力なノートPCでエコライフな余生を過ごすのも悪くない気がしていますが、パソコンとともに歩んできたこれまでの人生を振り返ってみると、イチマツの寂しさを感じてしまうのもまた事実であると言えなくもないわけです。

実のところ、こんなエコな使い方ではマルチメディアの輪から外れ、ネイチャーなトコロに言ってしまったが故に顔が黒ずんでしまった高城剛の下位互換的人間になってしまうではないかという恐れすら感じています。畜生!あの、なんだっけ、不機嫌記者会見をした女優のことはもはやオボロゲな記憶になってしまってますが、フランキーオンラインのことは忘れないからな!

なぜ、高城剛の話になったかというと、少し前にテレビなどで話題になったときに、顔が似ていると言われたからですねシット!

さて、話を元に戻しますが、目下の問題点として挙げなくてはいけないのは、ノートPCのスペックで不便に感じることがない、ということです。確かにブラウザとテキストエディタだけ使う今のライフスタイルでは、不便さを出していくのいうのはなかなか困難なことのように思えます。一度、文章をブワーッと、そうですね200,000,000行くらい書いてみようかしら。あるいはMOOGのクローンシンセを20台分くらい立ち上げてみるとか。マァ、立ち上げてどうするか、という問題が発生するわけですが。PCに負荷をかけさせることを目的にしてしまうのは本末転倒なわけですから。

もしかしたら、パソコンを売るメーカーの人たちも、ハードスペック的に飽和してる今、ユーザーに使い方の提案が出しづらい、結構な曲がり角に来ているのかもしれませんネ。

そんなわけでコゥ、やっぱりPCを使うわけですから、ファンの回転数が極まるくらいのハードな使い方をしていきたいと考えております。そこで不便を感じなくてはいけないのです。それはモゥ、使い方を皆様にご提案できるくらいの心意気で。

これから寒くなるし、ノートPCで暖を取るくらいの気持ちでやりたいと思います。バカらしいといてばバカらしいですけど。

オレ、パソコン好きだからサ。
2014年11月03日(月) パソコンとYシャツとワタシ
2008年より長いこと使用していたデスクトップPCが通電しなくなりまして、なんとなく電源がヘタったかナァ、と新しい電源を買ってきてとりつけてみたところ、CPUファンは回るも画面は表示されず。

これ以上の投資はきっと良くないという判断のもと、愛用のデスクトップPCは荼毘に付すことにしました。こういうのは判断が難しいところなのですが、株でもキャバクラでも、投資に固執しないことが大切だと、誰かから聞いたことがあるような気がするわけで、今回はその説を採用してみることにしたわけです。なにしろ、販売元のクレバリー自体、倒産してしまっているのですから。

サブで使っているノートPCがあるので、凄く困るようなことは起きないのですが、今まで使っていた外部ディスプレイが勿体無いし、猫背の姿勢でノートPCを長時間使用するというのは、なんとなく体に良くないような気がします。

しょうがなく、取り敢えずの対策として、ノートPCをHDMI経由で今まで使っていた外部ディスプレイに表示、キーボードとマウスはデスクトップで使用していたものを繋いで使用という形で運用しています。

これが、悪くないのです。

まず、今まではデスクトップPC内部より発生されるブーンという謎の怪音に苦しめられていたのですが、今はノートPCということもあり、とても静かです。
落ち着いた環境で作業ができてしまいます。

次に、消費電力がとても小さいのです。
今までは300Wの電源ギリギリを使って、グラフィックカードなどをブオンブオンと回して使用していたのですが、今回はCPU内臓のグラフィック機能を使用しているため、最大でも60W程度の電力しか消費しません。スペック的にはそれほど変わらないにもかかわらずです。

また、ノートPCをHDMIでディスプレイに繋ぐと、音声出力もHDMIからのものになるようなのですが、そうすることにより、ディスプレイのスピーカーに直結することが出来てしまうわけです。頼りない一本の配線で音声と映像が送れてしまうのです。しかも、前述したグラフィックカードのノイズなどは拾わないようで、音質としても意外と満足のいくレベルなのです。

今ではむしろ、これでいいのではないか、という気がしているところです。

そんなわけで、連休中はチマチマと外出行事を挟みながら、デスクトップPCのHDDからデータを抜き出す作業をしておりました。このデータを元にこれから、ノートPCにiTunesを入れたり、電子書籍リーダーの管理ソフトを入れたりしなくてはいけないわけです。

面倒くさいので、向こう10年は使い続けるくらいの気持ちでやりたいです。
そんなこと言ってると、パソコンメーカーの人たちに叱られてしまいそうですが。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ