ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年10月16日(木) キミが無力を嘆いたトコロで、ダレがキミを護る
毎年この時期は年末に向けて色々と公私ともに忙しくなってくるトコロです。
今年はさらに、父親に癌の疑いが強くなってしまったということで、来月に検査入院をすることになってしまったわけです。送迎を含めた病院まわりの対応は、息子である自分が行わなければいけなくなったわけです。これはなんつうか、何度も手帳を見なおしてしまうのですが、公私ともに年末までなかなかのボリュウム感です。ヒトツ、気を引き締めていかねばならぬ、と思っていたトコロです。

そういう力が入りすぎたときに限って、追い打ちを掛けるようにあまりヨロシクない出来事が続くというのは、経験則としてわかっていたはずなのですが、先週は自分が酔っ払って後頭部を地面に強打し、頭を八針縫うという災いに見舞われました。

そんなわけで、今週は中盤まで、シャワーで頭が洗えませんでした。この洗浄禁止という制限は、なってみて初めて感じたわけですが、けっこうキビシイですね。

生理的に髪の毛あたりが油脂でペタペタとして気持ち悪いというのもありましたが、やはりコゥ、ヒトが居て成り立つような仕事をしているという中で、自分の頭が不潔だと自覚しながらやっていかなくてはいけないというのは結構、精神的に削られるわけです。
すぐに肩口なんかを見て、フケが落ちていないか、髪の毛が他人にくさいと思われてしまうのではないか、とかそういうのを気にしてしまうのです。

一応、ドライシャンプーという、病院や被災地などで活躍しているらしい、拭き取るタイプのシャンプーを駆使して、シャワー禁止の間はなんとか乗り切ったワケですが、全然物足りない。意外でしたが、頭をシャワーでガシガシ洗えない状態というのは、自分にとって精神的にあまりヨロシクないようです。

そういった意味も踏まえまして、医者からシャンプーOKが出たときはとてもシアワセな気持ちになりました。変な話ですが、生きるヨロコビを感じました。
急いで強力なトニックシャンプーを買ってきて、頭を思いっきりゴシゴシしたときは、味わったことのない爽快感と多幸感に包まれました。傷口にはちょっとしみましたけど。

頭を洗ったオレにもはや敵なし、とさえ思ったわけです。

今ではちょっとだけ剃られた後頭部の頭に刺さった医療用のホッチキスを職場の人間にガハハハと見せながら、楽しく仕事をしている次第です。そんなグロいもの、見せられる方もたまったもんじゃないですけどネッ!ガッハッハ!

この体験を経て、なんだか年末まで軽くやっていけそうな、そんな気持ちになりました。ザマアミロ!逆境の馬鹿野郎め!かかってきやがれってんだ!

マァ、呑み過ぎて転んだヤツが悪いんですケドね。

そんなわけで、明日また生きるぜ!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ