ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年09月29日(月) 突撃!隣の黒歴史
「まんが日本史」という歴史アニメーションがあります。

先日、何の気なしにヒストリーチャンネルをつけていたとき、ちょうどその番組のオープニングが流れたわけです。

衝撃でした。雷に打たれたかのような感覚。
酔っていたということもあるのでしょうが、この番組を途中から観るのは製作者に失礼だと思わせるに十分なカッコ良さでした。

これは第1話から。日本誕生から観ないといけない、心に固く誓ったわけです。




そんなわけで、ようやく録画した第1話を観ました。オープニングのようなダイナミズムは感じることができませんでしたが、とても丁寧に作られたアニメーションでした。ただ、情報量が多すぎるので、1日1話くらいにしておいたほうがイイな、という印象を受けました。

これから隙を見てチマチマと観ることにします。趣味は「まんが日本史」です。
2014年09月28日(日) 今夜、函館辺りのカッフェで
今週末は性懲りもなくまた全く興味のない野球観戦に行ってまいりましてネ…。
同僚に結構、好きな人が居るんですよネ。意外と野球好き人口の多さにビックリしてしまうのですが。

巨人の監督が宙を舞っておりました。

でもマァ、スポーツ観戦で喜んだりがっかりしたりできるのってイイよナァ、いつも思うけど、晩酌時に好きなスポーツを見ながらお酒が呑めたら最高だナァ、とみんなを眺めながらさくら水産で生ビールを呑みました。

昔は良い時間に格闘技中継とかやっていたんですけどネェ…。

そういった意味も踏まえまして、今日はWOWOWでUFC178を観戦。時差の関係で昼の11時からというのがイタイですね。イタすぎますね。

もう一度、日本で格闘技が盛り上がって、晩酌の時間帯に放送されるような、そんな時代がやってくることを夢見て、麦茶を飲んだわけです。

昼から呑む背徳感に勝てなかったのです。残念です。
2014年09月14日(日) もだえ苦しむ検索中毒者のミソグラフ
日曜日の退屈な昼はアレですね、パネルクーイズ!
そんなわけで「パネルクイズアタック25」などのクイズ番組にはワタクシ、微妙に思い入れがあるんですけどね。「アメリカ横断ウルトラクイズ」「100万円クイズハンター」とかですね…。
別にクイズマニアじゃないんだけどネ…。

とまあ、今日は割と退屈な三連休のナカビ。
いつものようにREADERストアの新着本リストなどに目を向けると「おとなの週末セレクト (「この夏は旨安酒場でホッピング!」<2014年9月号>)」なる書籍がラインナップされておりましたわけですね。
なるほど、そうですか。はて、ホッピング?

ホッピングって足元にバネがついていて、ビヨンビヨン跳ねる器具のことではなかったっけ?10分ぐらい経過すると虚しさに脳が揺れるという…。

おぅ、そうそうこんなやつ↓
http://item.rakuten.co.jp/livinglinks/kw-401/

アァ、懐かしいなホッピング。あの娘とホッピングして歩いた海岸通り、なんてことはなかったけどテヘヘ。

と言った意味も踏まえまして、本日は無駄にホッピングに関する情報を調べてしまったわけです。
折角ですから、本日得たホッピングの知識は、今後の人生に活かしていきたいと思います。

ホッピーでも呑みながら。
2014年09月02日(火) 電子書籍端末はイケないクロネコカレシの夢をみるか

電子書籍リーダーを使った読書スタイルに変更してから、2年ほど経過いたしました。
結論からすると、レスポンスの悪さに少々苛立つこともありますが、慣れれば結構気にならないし、結構なページ数のものを、6インチ程度のタブレット型端末に何冊も入れて持ち歩けるというのは、素晴らしいのヒトコトです。

ただ、以前のように読んだ本をウワーっと感想に書き上げようという意欲が起きなくなってしまいました。なんとなく、感想をウワーっと書いていたというのは、自分なりの本という物質に対する供養のようなものだったのかな、なんて今になって思うわけですね。

と言った意味も踏まえまして最近、帰り道に本屋によって新刊を確認するということもなくなったかというとそうでもないですが、帰り道に書店に寄り、家に帰ってから自分が使っている電子書籍端末に対応した電子書籍販売サイトで新着をチェックするというのが、ほぼ毎日の日課になっております。

電子書籍ストアですと、一日に3桁の本がリリースされることもザラです。きっともう、読むということだけで、人生を終えることが出来てしまうくらいの、ソレくらいの本が世の中にはでているのです。泳いでも泳いでも泳ぎ切ることの出来ない知識の海が日々広がっていく様子に、毎日ワクワクして過ごしています。

そんなわけで本日のReaderストア(SONY)の入荷アイテムをざっと見てみますと、
良くわからないバイクとかの雑誌が12冊と、
良くわからない(女子向け)エロコミックみたいのが2冊と、
ライトノベルが185冊と、
自己啓発系が1冊と、
グラビア写真集が2冊と、
幸福の科学出版が12冊と
あとマァ、歴史小説みたいのがチョボチョボ…

なんとなくアタリショックを思い出すような混沌としたラインナップになっているのがわかります。
こういう日もあります。頼む!よ!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ