ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年08月31日(日) ゲイツときどきジョブズ
今月の直前のエントリがWindowsPhone絡みのトラブルだったわけですね。ざっと読み直しながら、そういえば、あんときはなかなか肝を冷やしたものだとシミジミとしてしまうわけです。

といった意味も踏まえまして、今週はAppleIDが乗っ取られました。
登録メールアドレス、ID、パスワード、クレジットカード情報、ご丁寧に誕生日までもが書き換えられてしまいました。誕生日などが書き換えられてしまいますと、こちらでWEB上でパスワードの再設定などもできなくなってしまうわけで手詰まりです。早急にサポートセンターに電話をしまして、なんとか変更される前の情報に戻してもらいました。実質の被害がない(ように見える)ということ。乗っとりログイン後、クレジットカード情報が書き換えれているということは恐らく、どこかで入手したクレジットカードを僕のアカウントで不正に利用した、ということなのでしょうか。なんだか犯罪の片棒を担いでしまったようで、すこしだけどんよりとした気持ちになりました。

しかしなんだ、同じ月にMicrosoftとAppleのマーケット担当に電話をすることになるなんて…。畜生…。

Appleのサポートセンターはアレですね、メールアドレスの確認をするときにいちいち「“A”はAppleの“A”でございますか?」というのが少しうっとおしくも可笑しかったですね。

そんなこんなで、遂に昨日実写版ルパン三世が劇場公開されたようです。イヤぁ、めでたい。実写版のルパン三世なんて、実に40年ぶりなのではないでしょうか。ということで、先代に感謝の意を表しまして、本日は自宅にて「ルパン三世〜念力珍作戦〜」を鑑賞。

イヤぁ、面白かった!
大傑作!とまではいきませんが、70年代のテイスト溢れる、最高にゴキゲンな映画でした。賛否が分かれるのもわからないでもない内容ではありますが、間違いなくルパン三世の映画でした。

俄然、現在公開中の映画も気になってくるところです。今回の映画を逃したら、次の実写版ルパン三世を劇場で見ることができるチャンスは2054年頃になるかもしれないのですから。

生きてるかナァ、オレ。
2014年08月14日(木) 話し相手は電話
昨日のWindowsPhone支払不能トラブルに関しては、Microsoft社のモバイルマーケティングサポート的部門のヒトが恐ろしく手際よく対応をしてくれました。やはり、こちらでどうにか出来るようなものではなかったらしく、ハイハイヒョイヒョイできましたー、的な感じであっさりと完結。

もっと、スーパーへッチ的なことをされてしまうのではないかと、ビクビクしながら電話をしたのですが、内線を回すようなこともなく、出た方がパッと対応してくれるというのは流石だと思いました。

最後には「何か他に弊社のサービスでお困りなことなどはございますか?」などとイケメンな台詞まで飛び出す始末。さすがは天下のMicrosoft!

「これから先、WindowsPhoneはどうなってしまうのでしょうか?」との質問が喉まで出かかったけれど、グッと我慢をした次第なのです。

そんな大事なこと、見知らぬオッサンに教えてくれるわけはないし。
万が一、教えてくれたとしても、それはきっとWindowsPhoneには悲しい未来が待っていることを少しだけ早く知ってしまうことに他ならないのですから…。
2014年08月13日(水) トラブルは生き甲斐。ソリューションはやり甲斐。
先日、WindowsPhoneのアプリを購入したのですが、クレジットカード情報が無効になっている為、支払い不能になっているとの通知をMicrosoft社より頂戴しました。確認したところ、紛失のため停止して貰ったクレジットカードを登録していました。対応を検索してみるも、あまりにもニッチな事例のせいか、まともな情報は1件もヒットせず。しばしボー然としている今日このごろです。

と言った意味も踏まえまして、あしたは天下のMicrosoft社サポートに電話でお問い合わせをしなければならなくなりました。いやぁ、参った。天下のMicrosoftアカウント、たかが数百円の未払いでBANされたら完全にゲームセット。これは困ったことになったものです。

とはいえ、正直、ちょうどお盆進行で退屈していた所。なんだか面白くなってきやがったぜ、とワクワクしている自分がいることも確かなのです。

コールセンターが開く時間が待ち遠しい!

待ち遠しいから、今日は寝る!早く来い明日!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ