ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年07月10日(木) まるで胸に穴があいたように
台風が来るとか来ないとか来るとか、今回その辺は非常にあいまいな感じで皆様も今日は色々な面で天気のニュースに一喜一憂されられているところなのではないかと思います。

結局なんつうか、社会人になってからは実際に台風など来ても、我々は社会の家畜的存在であるという自虐的ともいえる使命感というか、そういう逆境に対するヘンテコな自己防衛機能みたいのが働いて、かかってきなさい的先輩プロレスラーよろしく、どんな暴風雨においても立ち向かってしまうわけで、そういう意味において考えてみるならば、天気予報などに一喜一憂することもないのですけれど、それでもなんというか、来ないで頂けるならそれにこしたことはないナァなんていう気持ちになってしまい、結局、仕事の間もウェザーニュース的ウインドウは開きっぱなしのような、そんな一日になってしまいました。

なんつうかアレですね、本来ならば来てもないことにいちいち悩んだりしている暇はないワケですから、そんな余裕があるならその分も働くべきであっただろうと反省しなくてはいけませんね。なに一喜一憂ゲームしているんだお前は、と。社畜ぶるならとことんまでいこうじゃない、と。

そんなわけで、万が一に備え、今日は早めに寝、明日は少し早めに家を出ようと思うわけです。遅刻しちゃあいけないからね!
2014年07月08日(火) 伊豆のヘドリコ
先ほど、テレビなどをつけてみたら、伊豆の踊子という文学的作品で有名な川端康成が恋人に当てた手紙が見つかったというようなニュースを、NHKが特集気味にやっていたわけです。

川端文学研究家の方がこの手紙は非常に歴史的文学的に価値のある資料だなどとコメントしていたわけなのです。

まさか書いた本人も死後四十数年も経って、そんな恥ずかしいものが白日のもとにさらされるとは思ってはなかっただろうと考えたら、なんだかヤスナリさんが大変に愛おしい気持ちになりました。

著名な人のラブレターというのが死後、公表されてしまうというのは、これまでもありましたが、実際のトコロ、それはなんつうか、どうなんでしょうね。そのうち、故人が生前愛したエロDVDなんかも公表されてしまう、そんな時代がやってくるのでしょうか。こねえか。

怖い怖い。

怖いから、オレ寝る。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ