ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年06月28日(土) 片腕透明変態マシンガール
総合格闘技をテレビで目にすることが少なくなった今でも、あの頃のコーフンが忘れられないとか、流れについていけなくなってしまうとか、そういうのが嫌で、WOWOWに加入しているのです。
UFCという海外のMMA興行を観るために。

そんなわけで我が家には毎月、目にすることのないWOWOWの冊子が、来月のおすすめ番組を紹介するために、送られてくるわけです。この冊子はJAFメイトという謎の小冊子とともに、我が家においては決して読まれない無駄な紙ゴミとして、存在し続けてきました。

しかしながら、なんだか編集しているヒトが可愛そうではないか。読まずに捨てるというのも勿体無い。ということを本日フト考えまして、少しこの冊子に目を通してみることにしたわけです。

もしかしたら来月いきなり、人生が退屈になるかもしれないわけです。外にでる気力もない、そんな日がくるかもしれないのです。そんなときにフト映画でも観てみようか、なんて思うかもしれません。でも、観たいものもないし…。なんて悲惨ですよね。そんな人生の谷間に陥ったときのために、観たい映画とかをピックアップしていまのうちに録画しておけば良いではないか、なんてことを考えたのですね。幸いWOWOWというのは、毎月ものすごい数の映画を放送しているのですね。だから、本当はマァ、人生が退屈になろうがなるまいが、月に2〜3本は観ておいたほうが、良いんでしょうけどね。

といったわけで、始めて目にするWOWOWのテレビ情報誌。来月も本当に沢山の映画を放送するようです。
しかし、不幸なことに、観たい!と思うような映画が全然みつからないのです。残念ながら、来月はハズレ月ということなのかもしれません。

唯一、「透明変態人間」という秀逸なタイトルの映画が気になったのですが、おそらく相当にくださない映画なんだろうと思います。イヤでも、日本映画では久々にビビッとくるタイトルではあるんですけどね。「片腕マシンガール」くらい心に響くタイトルだと、個人的には思うナァ。

録画しておいて、人生くじけそうなときに観よう!
さぁ、かかってきなさい!くじけそうなくらいの逆境!
2014年06月23日(月) 続きは寝言で聞きましょう
インディー・ジョーンズのテーマ曲のつもりで人前で口ずさんだメロディーが、実はハイドライドのオープニング曲だったということに気がついてしまう経験、皆さんにもあると思います。このまま勘違いを貫くか、「突っ込めよ」と逆上するか、判断に迫られるトコロです。うーん。おっさん化すると記憶が曖昧になるんですかネェ…。



今こぅ、改めて聴いてみると、コレはもしかしたら割と表現的にアレな感じになってはしまうのですが、いわゆるパクった感じの曲なのかもしれませんね。ゆる〜い時代だったということでしょうか。


ところで「猿の惑星」の続編が公開になるようです。この映画、なんだか気がついたらちょいちょいリメイクされているような気がしますね。

かなりツキナミではあるのですが、「猿の惑星」では、チャールトン・ヘストンが出演した第一作目が一番好きです。納谷悟朗さんの銭形警部ばりの渋い力強い台詞回しとか、リンダ・ハリソン演じるノバが妙にセクシーなところとか。

納谷悟朗とか書いている時点で、自分が観たのは吹き替え版なんですけどネ。

そんなわけで、まだ公式サイトで調べてもいないのですが、今回の作品が、頭のおかしな地底人が出てきて、何だかわからないうちにピピピピピーっとやってミサイルがドーンとなる、あの感じがたまらない「続・猿の惑星」のリメイクだったら良いなあ、なんて思ってはいるのです。

まぁ、違うだろうな。
ガッカリするといけないから、公式サイトは見ないでおこう。
2014年06月22日(日) 次元大介の墓標
今日が日曜日だから、というわけではないですが久々に映画でも、ということで前々から気になっていた「次元大介の墓標」を観てまいりました。

元々は劇場版向けに作られた作品ではないのでしょう。ちょうど30分位で前篇が終わってスタッフロールが流れたときには、これでオシマイだったらどうしよう、暴動でも起きたらどうしようと、別の意味で非常にハラハラしてしまいました。すぐに後編が始まったので、良かったといえば良かったですが、そこはきちんと劇場用に編集してくれても良かったのではないかと思う次第です。

あと、ギャランコ隊長は出てこなかったですけど。

作風でいうならば、初代ルパン三世TVシリーズでいうところの「魔術師と呼ばれた男」辺り、初期大隅ルパンの影響が色濃く感じられるハードボイルドな世界観で、各シーン、台詞回しの一つひとつを見ても結構気合の感じられる内容になっておりました。監督のルパン愛を強く感じました。

ただ、次元大介の映画!という感じではありませんでした。

なんというか、TVシリーズを観ていて、「イヤア、次元大介エピソードにハズレなしだわ!」と感じるときのような、良いルパン三世の作品でした。

否、TVシリーズの中には、次元大がらみでもなんじゃこれ!というような回もありました。

新ルパン三世には、次元はいつも同じ帽子じゃないと調子が出ないというとんでもない闇設定を生んだ「次元と帽子と拳銃と」というエピソードがあったのでした。

一応、今回はその辺のエピソードも上手に取り込んでいました。そこは今度の作品の中でも屈指のユーモラスなシーンだったと思うので、是非これから観に行くヒトはそんなところにも注目していただけるといいのではないかと思います。

ギャランコ隊長は出てこないので注目していただけないのが残念ですけど。ギャランコ隊長はいつだって、きったねえバンダナを酔っ払いみたいに頭に巻くんでしょうけど。

峰不二子は声優さんが代わって凄く活き活きとしていました。沢城さんという方、最近のTVスペシャル版でも耳にしていたと思うんですけど、さほど大きな出番はなかったせいか、あまり印象には残っていなかったのでした。今回、しっとり感もありながらフレッシュなその演技にそのとてもビックリしました。この辺もなんとなくというか、増山フジコというよりは、二階堂フジコに近い天真爛漫でフレッシュなエロスを感じさせる、そんな峰不二子でした。

ンマぁ、二階堂フジコも、後半はメインヒロインから降格した、妙におばちゃん臭いキャラクターになっちゃうんですけどネ。宮崎監督はこういう峰不二子みたいな女性、嫌いだったんですかネ。

結論といたしましては、初代、それも大隅ルパンが好きな方ならば観ておいて損はないのではないかと思われます。

少なくとも、ストーリーも画も支離滅裂で、ファンを絶望の地獄に叩き起こした怪作OVA「生きていた魔術師」のような作品ではありませんでした。マァ、アレはアレで20年後ぐらいに、物好きでマニアックなファンによってジワジワと再評価されるのかもしれませんが。

ただ、ちょっとラストは、やりやがったな畜生!というような気になりました。

本編終了後エピローグ的に、とある劇場版の登場人物が現れたのです。

ギャランコ隊長ではないです。

それがなんというか、今作がその登場人物が出る劇場版の冒頭に繋がるような印象をうけるエピローグになっているわけです。エピローグにしてプロローグなんです。そしてその作品が、始めて劇場版で赤いジャケットを着た劇場版なのです。つまりは今作が、緑色ジャケットのルパン三世としては時系列上、最後のエピソードとしたい、という意図というか、そんな感じの強い主張を感たのです。
それはちょっと監督、初っ端から強気でやり過ぎたではないか、という印象を受けたわけです。
ンマァこれ、僕の勝手な印象ですけど。

でも、この監督のルパン三世なら、もっと観てみたいという気持ちになったのも確かです。もしかしたら最後の緑ルパン監督として今後、認知・評価されていく可能性もあるわけで、そういう意味では今回のラストの遊びに関しても、いや、遊びではなくそれだけの覚悟だったのですねスバラシイ、という評価に後々つながる可能性は秘めているな、と思いました。

ただ単に複製人間のリメイクをしたい、とかいう考えだとしたらちょっと困っちゃうのですが。
しつこいようですが、僕らは「生きていた魔術師」で心が折れていますので。
そこは過去の名作にぶら下がらない、新しいルパンでお願いしたいものです。

「ルパンが戦車でやってきた」のリメイクだったら話は別ですが。

んまぁ、色々ごちゃごちゃ書いてしまいましたが、今回の「次元大介の墓標」、本当に素晴らしい作品でした。
何というかファンの間でも、あとどれだけ小林清志さんが声をあてる次元大介の作品が観れるだろうか、とオセンチな気持ちで考えてしまうような時期に来ているなかで、これだけ次元がカッコイイ台詞盛りだくさんのエピソードを作ってくれた、ということに深い感謝の意を示したいと思うわけです。

いやぁ、だから本当に嬉しかった。心の底からありがとうございましたと言いたいわけです。

DVD、ひょっとしたらブルーレイかもしれませんが、ソフト化されたら必ず手に入れて、そして定期的にちょいちょいと観直すくらいの、それくらいの大切な作品として、手元においておきたいと思わせるような、そんなステキな作品でした。ありがとうございました。

欲を言うと、ソフト化するときは、前後編の繋ぎ目を取り除いた、完全版として出してくれたら嬉しいんですけどネ。是非、お願いしたいですネ。

どこに言えばいいのかね、トムスかね?
2014年06月19日(木) 平成10年ひとむかし



平成10年のゲーム雑誌に投稿されたゲーム論が話題の人気ツイートということで、出回っているようです。

ああ、勝又先輩…。なに見きれてんスか…。
2014年06月18日(水) アスパラ35
アスパラガスを食べるとオシッコが臭くなります。

この現象に遭遇した最初の頃は、ついに自分もコーラの飲み過ぎかなんかで、糖尿にでもなってしまったのかと、大変陰鬱な気持ちになってしまったわけなのですが、近年どうもこのオシッコが臭くなる日というのになにか法則性のようなものがあるような気がして、そして先日ついにその原因がアスパラガスであるという衝撃的な事実を知ったわけなのです。原理とかはよくわからないのですが、どうも調べてみると、有名な現象のようです。知らなかった…。

いっその事この原理を科学的な分野で活用させ、食べるとオシッコがバラの香りになるような食品などが作られたら良いのに、とフト思いました。

ネェネェ、ボクのオシッコ、バラの香りがするんですよ。嗅いでみてくれませんか。

なんつってサ、ダメか逮捕だなこれは。

逆に、あー、逆は別にバラの香りがしなくても良いのかしら。う〜ん。難しい問題ですね。
2014年06月17日(火) 立ちあげれないときは、横になる
職場では甘いモノをがぶ飲みしてしまうことのないよう、ペットボトルのお茶をよく飲んでいるのですが、最近はラインナップの中にノンカフェインと表記されたものを見かけることが多くなってきました。

実のところ、お茶がノンカフェインであるメリットがあまり良くわかりません。

基本的にみなさん職場では眠くなるような事のないように神経をすり減らして、割と濃い目のコーヒーなんかを飲んで、一生懸命パチクリやっているものだと思っていたのです。それでもダメなときはコーラなんかを買ってきて、アーハ!メタボリック!とかなんとか叫びながら飲むわけでしょう。ノンカフェインではお茶に期待されるであろう効果、すなわち眠気覚ましとしての効能はあまり期待できず、職場で戦うヲリァーズのウエポンとしては心細い限りではないか、とワタクシは思うわけです。

まあ、歩み寄った目線で考えれば、体にヤサシイということなのでしょうか。でも、ノンカフェインのお茶も飲むけど、遅くまで働いてエナジードリンクを飲んでいるようなヒトもいるのよネ。

不思議なので、しっかり寝ることにします。睡眠が一番だわネェ。
2014年06月10日(火) 乳首ヶ丘の彼女と夢で
なんとなく乳首が痒い今日このごろ、皆様はいかがお過ごしでしょうか。暑くなってくるとそらサ、乳首くらい痒くなりますよネ。

昔、サッカーをしていて乳首が擦り切れたときにはちょと焦りましたが。

んまぁ、乳首が痒いことも臆せず口に出せる、そういうヒトに私はなりたい。

なんつってネ。

ところで今年度より職場のほうが変わりまして、朝は満員電車に乗ることがなくなりました。距離的にもグンと縮まりまして、実質10分も電車に乗らないくらいの立地条件になったわけです。その代わり徒歩が片道35分くらいかかっているという、まぁ早い話が田舎に左遷された感じなのです。ただ、沢山歩く必要があるということもあり、このところ肉体的にも非常に健康的になりつつありまして、そのへんは良かったかナァと思っているところなのです。なんだか、一日ヒトツは良いこと探しのメンヘラOLみたいなことを書いておりますが。ただ、電車に乗る時間がへったぶん、本を読む機会が減ってしまったナァという悩ましいトコロもありまして、その辺りを軌道修正していかねば、と思う今日このごろです。図書館が近くにあるんだけど、帰りは閉まってるんですよネ。

深い思考をするにはそれソーオーの語彙と知識が必要だと思うのですね。ソーオーとかカタカナで書いているようじゃダメですね。もっと本を読まねば!
2014年06月08日(日) 後悔の果てに
なんだっけ…。
あの、パレックスが出した、マイクロソフトオフィスに出てくるイルカに羽を生やしてさらにイラつく感じにした容姿のアイツ…。

あー、フィンフィンだ、フィンフィン。


しかし、なんでこんなイラつく動物のことを思い出してしまったのだろう…。

長引く梅雨のせいでしょうか。

そんな、気持ちのはっきりしない日曜日。
今日は、以前の職場でご一緒させていただいた自分の恩師にあたる方が突然入院されたという知らせを受けて、まるで6月の空のように靄々とした気持ちでお見舞いに行ってきました。

元気そうでした。元気そうにしておりました。

他愛もない話にバカ笑いをしたり、一緒に来ていたヒトの悩みを聞いたりしている姿を見て、ちょっと泣きそうになりました。

もう一緒に仕事をすることもないだろうけど、自分はあの人のフトコロガタナとして、これからも刃を研ぎつづけていなければいけない、そんなふうに考えました。

帰り道、なんでこんなになんでもない筈の日曜日に、オセンチな気分にならなくてはいけないのだ、と少しイラついてきました。

イラついてきたら、イルカに羽が生えたようなイラつく生き物のことを思い出しました。
そうだよ畜生!パレックスめ!!

明日もまた生きてやるからな!!イラつくくらい元気そうに生きてやる!
2014年06月04日(水) 瓜田に履を納れ、李下に冠を正す人生
なんだか久々にテキストエディタを立ち上げたナァというようなところでありますが、例年の更新頻度に照らし合わせてみるに、4月5月というのはどうしても更新が滞りがちなようで、例年通りのペースで更新しているということでなんとかご容赦願いたいトコロであります。ご容赦するほどの人間には読まれていないんだろうけどサァ。

そんなわけで5月は珍しく仕事でHTMLなどをコーディングしておりました。成果物については、近日サービスインするはずですので、乞うご期待。いや、ご期待するほどの人間には読まれてないんですけどネェ。そういった背景もございまして、家に帰ってからはあまりWEBっぽい気持ちにならず、なんだか昔のクソみたいなゲームなんかをしてだらだらと過ごしていたわけです。

つまりはノンWEBライフ。居たけど、居ない日々。見てはいたけど、居ない日々。
そのあたりの曖昧なニュアンス、一昔前、村社会時代のインターネットのようで、なんだかステキじゃあないですか。そうでもないですかネ。そうですか。じゃあ、そうでもないですね。

そんなワケで、6月からはプライベートな面でも、平常運転です。6月は、それなりに思うところもあり、若干ではあるものの気持ちの浮き沈みも出てしまう月なのですが、それも含めて平常運転です。

サァ、明日また生きるべ!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ