ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年04月29日(火) 目覚めぬとも吾はTVなり
いまだにDivXのお知らせが送られてくることになんだかとっても不思議な気持ちになる今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
DivXというのは動画の圧縮コーデックです。ワタクシも、まだテレビがアナログ放送全盛期だったころは、PCに高画質なMPEG2形式で録画したテレビ放送をもうそれはなんだか義務のようにせっせとDivX形式へと圧縮したものです。DivXで圧縮すれば、2時間番組がなんとかCD-R一枚に収まるということもあり、一時期はそれなりに流行した圧縮コーデックですね。

考えてみれば、あの頃の自分はというと、映像コンテンツを鑑賞するということよりも、映像コンテンツを媒体に記録する、自分のローカルに、あたかも所有したかの如く存在させる、ということに、なによりも必死になっていたのかもしれません。いや、自分だけじゃなく、時代がそうだった気がしないでもないですが、そんな時代があったのです。

当時は、PC用テレビチューナーの新商品も続々と開発されました。

デジタル放送になってからは、ローカルに保存したデータでさえも、ガチガチのコピープロテクトがかけられ、自分だけの録画コレクションを作る楽しみといったものはなくなってしまったわけで、すこし寂しいような気持ちにもなりますが、放送終了後に販売するDVDやブルーレイとほぼ画質の変わらないものが、放送時に自由に録画されて、媒体に保存されたり編集されてしまったりすると、それで生計を立てている映像畑の人たちにとっては商売あがったりということなのでしょう。その解決策がガチガチのプロテクトで正解だったのか否かはよくわかりませんが、そこまでの流れというか、心情については少し理解しないといけないかもしれません。まー、想像ですけど。

しかしながら、テレビに関していえば、アナログ放送の頃が一番アツイ時代でした。本当にアツイ時代でした。DivXのお知らせを見て、そんなことをフト、思い出しました。

あ、その前はVideo-CDなんていうサ、形式もありましたネ。MPEG1形式で74分でみたいなネ。
なんつって、このあたりのオッサン話はきりがないですからね、この辺で。
2014年04月06日(日) タモロスの母に会いに
今年度から新しい職場で働くことになりました。昨年度までの職場が、大変に居心地の良い職場であったということもあり、今風の表現をするならばタモロス、いつも平日の昼間にTVをつけると目にすることができた、サングラスの胡散臭いオッサンを目にすることができなくなってしまったかのような、喪失感でしばらくポォっとしてしまうかな、という不安の残るカタチで4月を迎えました。

新年度・新職場っつうのはアレですね、そんなおセンチネルな気持ちにさせてくれる余裕を与えてくれないですね。仕事は仕事でそれなりに慌ただしいし、なんでか知らないけれど、しばらく交流の途絶えていたような懐かしい人々からトートツにメールだのラインだのが送られてきたりと、なんだかこう色々と相変わらず、忙しくも楽しい毎日を送っております。ときには失敗したかな、というようなときもあるにはありますが、「今日がダメでもイイTomorrow」という歌だってあるくらいです。今日の失敗を悔やむより、明日をシアワセに生きましょう。

失敗っつったって、この一週間で傘を2本どっかに置いてきちゃったとか、その程度の内容ですけどね。畜生、明日3本買ってやる!!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ