ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年02月23日(日) 終わりを考える始まり
ちょいとしたおでかけの時に非常に重宝していた原付が、だらしなくガソリンを垂れ流すようになり、車庫の粗大ごみと化してからはや数年。それでも、毎年税金の納付だけはしっかりとしてきたわけです。

ふと、気がついたわけです。これは税金の無駄遣いなのではないか、と。

そういった意味も踏まえまして、本日は原付登録証関係の書類を探すためひたすら自分の家中に散らばった書類を捜索しました。

出てきたのはどうしようもない、ショボくれの、10代から20代にかけての様々な思い出の品々。嗚呼、こんな時代もあったわネ、ウフフ、なんて思っていたら、あっという間に日が暮れるという始末。まぁ、そんな一日があってもイイかもしれません。これからの人生に引きずらない程度に、過去を読み解いてみるという作業に費やす一日。そんな作業に意味を見出すことは難しくはないでしょう。

ただ、考えてみると、30代に突入してからの思い出の品というものがだいぶ減ってしまったナァ、なんていうふうに感じるのです。写真なんて殆ど存在しないし、まして紙として残っているものなんて、全然ないわけです。
おそらくそれくらいの時期に、ほとんどがデジタルなもの、として、扱われるようになってしまったということでしょう。

自分にまつわるデジタルなもの、というのはこれから先、もし自分がお亡くなりになったら、どうなるのでしょう。

考えてみれば思い出のデータも、卑猥なデータも、やや猟奇的に卑猥なデータも、やや変態的に卑猥なデータも、今はデジタルなものとして、同じハードディスクに保存されているのです。

遺族が集まるしんみりとした空気のなかで、おっぴろげの画像が表示されてしまったら、ボクはどうすればいいのでしょう。
まぁ、そのときはどうにも出来ない状態になっているんでしょうけど。

これは今後、考えていかなくてはいけない、大きな課題だと思っています。結構本気で。
みんなは、どうしてるんですかネェ。お気に入りの写真(卑猥じゃない方)とかは、やっぱりプリントしといたほうがイイのですかね。
2014年02月16日(日) 条件反射で涎を垂らす犬のように

週末は仕事の関係で外出をする予定だったのですが、記録的な大雪で白紙になってしまったわけです。

しょうがないので、かねてよりお願いされていたものの、手を付けるのが面倒くさくて放置していたWEBページのデザインとコーディングのお仕事を在宅にてすることになりました。結局、仕事しちゃってるんですけど、嫌いじゃないからイイの。仕事。

しかしマァ、これが、ハマり込むと4時間も5時間も経過してしまうような作業なのです。
最初は音楽でもかけながら気楽に進めていたのですが、なんだか音楽をかけているほうが集中できないということに気が付きまして、ただパソコンのファンだけを鳴らしながら黙々と作業していたら、週末が終わってしまいました。

手を付けるまでは億劫でしたが、一度、仕事として身に着けたことというのは、現場を離れて結構経過しても、身体的にやる気というかスイッチの入れ方を覚えているものなのだと、痛感いたしました。

昔は毎日、期限内に一定ラインのクオリティで納めないといけないという緊張感のなかで、WEBコンテンツの世界でそれなりに頑張ってきたわけであります。培ってきたものは決して小さくはなかったようです。パブロフの犬のようです。違う?まぁイイや。

そんなわけで、明日から今の仕事ももう少し、緊張感を持ってやってみようと思うわけです。そこで一生懸命やったことで、何が身についたかが分かるのは、随分とあとでわかることなのでしょうけど。
2014年02月03日(月) アニマルランドは殺人事件
インフルエンザに罹ってしまい、しばらく身動きがとれない状態が続いておりました。じっと回復を待ちました。時間は割とあるというのに、気持ち的にも肉体的にも何も出来ないというのは、非常にしんどいということがわかりました。。
先週辺りから、やっと調子の方も上向いてきまして、、さあこれからはバラ色の人生を謳歌するのだと意気込んだ矢先、睡眠の技法に誤りがあったようで、肩の付け根から頚椎のあたりが炎症をおこし、ピキピキと電流が走るような痛みを覚えるようになりました。現在、うがいをすることすら難儀な日々を過ごしております。

つり革の捕まる姿勢なんかもエイコラヒーと試行錯誤して、まさに這うようなカタチで通勤をしているのですが、電車にのりバスに乗り、パッと職場最寄りのバス停に降りて歩き出しますと、ご近所にあるお店のヒトとか、いつも決まった時間にソコを通るのでつい会釈をする通勤のヒトとか、そういうヒトに出くわしまして、「おはようゴザイまっス」なんて調子のいいことを言っているうちに、なんだか気持ちもシャキッとスイッチが入りまして、意外となんとか首周りの痛いのも忘れてハッスルしてしまえるということに気がついてしまったわけでありまして、なんだか格闘漫画的エピソード的にイイますと、普段は歩くこともままならない車いす生活なのだけれど、リングの上ではエース級なプロレスラーというか、そういう存在に自分がなってしまったかのような、そんな錯覚すら覚えてしまうわけでありますね。俺の前世、プロレスラーだったのかしら。

ですからマァ、本当は前世がプロレスラーとか、マァそんなことはまったくもってあるわけがないのですが、人生おトクな感じに、なるべくこの、気持ちが高ぶった状態で、故障をごまかして生きたい、とこのように思っているわけで、最近は通勤電車の中なんかでは、入場曲みたいな音楽を聴いて、気持ちを高めているのです。中二病っぽくてステキですね。

よって今日は、正しい姿勢で寝ることにします。

いや、しかし、なんか故障が多くなってきたナァ。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ