ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2014年01月15日(水) 行こうぜ!ムコハネの向こう側
仕事を終え、家に帰り、テレビを付けたわけです。

婿が投げられているところでした。

今日は、新潟県十日町市では一年に一度のビッグイベント「婿投げ」の日だったようです。

我らがWikipediaによると婿投げというのは“娘をよその村に取られた腹いせにその婿を投げたのが習慣化して、通過儀礼になった。”ということです。

テレビの場面で映されるほのぼのとした光景に、てっきり胴上げの延長にある儀式なのかと思っていたのですが、全くの逆でした。完全に私怨でした。

もし最初に投げられた婿が大怪我をしたり、亡くなってしまったりしていたら、これはなんというか純然たる逆恨み的犯行ということになるわけでありますからして、ここまで伝統的な行事にはならなかったでしょう。

そういうふうに考えると、腹いせに投げとばした男、というのもなかなかマッチョでイカスのですが、投げられてもなお五体満足で、村を愛し、妻を愛したであろう最初の婿に、狂おしいまでの愛着を覚えました。

そういえば自分も、結婚する少し前に、トラックに撥ねられて救急車で運ばれたことがあります。
アレも今になって思い返せば、「婿投げ」に近い、儀式的な意味合いのものであった、というカタチに無理やり位置づけることも出来なくもないような気がします。

ただ、「婿撥ね」はオススメできません。
やめておいたほうがイイ、とここで声を大にして訴えていきたい。

なんつったって本当に痛いし、危ないからネ。
明日また、生きてネ。
2014年01月13日(月) 空手新成人にありがとう
三連休というのはアレですね。なんだか不安になりますね。特に月曜日がお休みの場合。

ほんとうに今日は休みなのだろうか、自分は休んでいいのだろうか。

今頃職場では、自分が来ていないことを心配に思ったりされているのではないだろうか、と大変不安定な気持ちになってしまうのです。

思わず手帳を開き、今日という日を記した数字が赤く記されているかを確認してしまうのです。
そういった意味で、基本的にスケジュールは管理をスマートフォンで行う、というヒトもおりますが、カラーで印刷された手帳というものがあると、こういったときに心強いナァ、としみじみ思ってしまうわけですね。そうでもない?

そんな本日は三連休の月曜日。
なんでお休みだったかというと「成人の日」。
全国では様々な形で成人を祝う儀式が行われていたようです。テレビの報道では空手道場の新成人が上半身裸で海に入り、声をあげながら突きの練習をしていました。

寒そうだな、と思いました。

とても寒そうだったので、実は彼らが寒空のもと、海で正拳突きを行ってくれたおかげで、僕たちは今日という日をお休みすることができたんだ、という方向のシナリオを考えることにしました。

優しい気持ちになりました。ありがとう。

明日、また生きるぞ!
2014年01月06日(月) 青春ミュンヒハウゼン

さて年末は家族がインフルエンザにかかってしまったということもあり、毎朝ペヤング的ジャンクフードを食べ放題、夜は気ままに牛すじなんかを煮て、というような一人暮らしの時のような気ままな気分で毎日を過ごしてきたわけなのです。そしてこれはこれで悪くないナァなんてシミジミと考えていたわけなのです。勿論、毎日ご飯がちゃんと出てくるということはそれもそれで大変素晴らしいことなんですけど。

しかし、世の中にはペヤングを食べて泣き出すようなヒトもいるようで。

思うにこういった人は、毎日がそれなりに充実ていたというか、毎食のご飯をFacebookに掲載するような、そういうようなフィールドに生きてきたヒトなのかもしれません。

イイじゃんネェ、ペヤング。自分だったら知り合いのFacebookにペヤングの写真が掲載されていたら「イイね!」押しまくりなんですけどね。

マァ、そういった意味もふまえまして、幸せのハードルというか、食事のハードルというか、高い水準で満たされているときはどうしてもそういったものが当たり前になってしまいがちですが、自分はいつまでもペヤングで喜べる気持ちを忘れずにいたいと、そのように感じたわけであります。

ボーイズビーペヤング!

そんなわけで例年になく長い年末年始も終わり、本日よりお仕事再開。
職場というのはアレですね、
屁を
ひねりだす場所とタイミングが非常に難しい。

自宅ではもっとプッププップとやれたんですけど。

マァ、そこは大人ですから。ちゃんとやらなくてはネ。いけませんネ。
ペヤングばっかり食べてたから屁がでるのかしら。
2014年01月04日(土) 崇めよ我は保護されるべきコンテンツなり
昨日のDVD再生できない問題から一夜明けた今日この頃ですが、皆様そろそろ社会人復帰へのリハビリテーションはお済みでしょうか。ワタクシはといえば今日、燃えるゴミを捨てました。朝8時までのルールを守り、燃えるゴミを捨てました。

瞬間、勝った気がしました。
普段は5時半起きの生活をしていたから、正常な社会人生活に復帰するまで、あと2時間半です。あとたった2時間半早く起きることができればまた闘えるわけです。たった2時間半…。

さて、そういった意味も踏まえまして、色々と現行の放送周り、著作権保護技術にはだいぶ詳しくなりました。
結論から言うと、ちょう面倒くさい。もうテレビなんて要らない。
ということになりました。そもそも仕事が始まったらテレビの前に座ることなんてないし…。

どうせ今度の年末年始あたりにまた同じようなこと(部屋で番組が観たいなんてこと)を考えることでしょう。そのときにはもしかしたらテレビ番組、放送としての価値もだいぶ変わっているかもしれません。インターネット寄りなアプローチ、ネットテレビというか、それ相応な端末、据え置きのセットトップボックス的なものが出てくるかもしれません。

そのときにはまたしっかり物欲と戦おうと思います。押忍!

さて、話は変わりますが、先ほど我が家のインターフォンがなりました。
ドアを明けて現れたのは宅配便のおじさんで、「本当は時間指定を頂いていたのだけど、たまたま近くを通ったし、来たいからきちゃった(テヘペロ)」的なことを言いました。

「来たいから来ちゃった(テヘペロ)」

これが可愛い後輩の女子だったら
どんなに胸がときめいたことでしょう。

なんてことを思いながら判子を押しました。あんまり調子に乗ってしまうのも良くないことですが、少しくらいテヘペロ的なものを許容する人間でありたいと思う今日この頃です。

明日またテヘペロ!
2014年01月03日(金) Hello,world!
気がついたら新年が明けていましたね。

さて、家電量販店によると年末年始にはデータの整理などをするヒトが多くなるらしく、NASといった普段ではあまり出ないようなニッチなプロダクトがよく売れるのだそうです。

本日、その流れに乗る形になるのかどうかは定かではありませんが、突発的にリビングで撮りためた番組を自室で見たい欲求に駆られました。早速、近所の大手ディスカウントショップでCPRM(地デジ録画)対応のDVDプレーヤーを買って来て自室のテレビに取り付けたは良いものの、困ったことに地デジ録画をしたDVD-Rディスクを再生しても画像が出ないのです。

普通に市販されているDVDビデオは再生できるので、配線が間違っているというわけでもないようなのです。他の機器では再生できるしナァ…。

困ったときはマニュアルを読もう、ということでFAQのページを開いてみたところ、



Q.画像が出ない
A.本機で再生できないディスクが入っている。

とつれない回答。再生できないものは再生できない、ということでしょうか。
他にも

Q.ディスクが入っているのに、“NO Cd”と表示が出る
A.ディスクが裏返しに入っている。

Q.音声がおかしい
A.設定が間違っていませんか。

などと、んーまぁ、気持ちはわかるけど、「おぉ、そうか!ディスクが裏返しじゃったか!」なんて思う人いるのかナァ、なんて思ってしまうような

微妙な気持ちになりました。

いつかこのDVDプレーヤーに認めてもらえるような、立派なDVD-Rが焼ける人間になりたいと思います。チキショウ、負けるもんか!今年もよろしく!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ