ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2013年11月18日(月) 死刑でいいです / 池谷孝司・編著

事件もののルポタージュとしては、非常に緻密に取材がされている印象を受けました。読み応えがある本でした。

ただ、発達障害にこだわりすぎたようなところもあります。「加害者のこのような行動は理解できない。よって生い立ちについて調べてみる。最初の事件では発達障害と診断されていた。発達障害について学ぶ必要がある。識者の意見を伺う。」といった流れは少し短絡的というか、あやうい運び方だと思いました。

個人的には加害者の気持ちもそれほど理解不能というものでもなかったと思いますし、一度人生で詰んだと感じた人間が、再びそのような気持ちにならないようにするにはどのように社会的に支援をしていくべきなのか、という観点だけで良かったような気もします。

また、「うちに一度来てくれてさえいれば」なんていう識者の意見はちょっと後出し的で納得がいかないというか、なんともいえない気持ちになりました。
なにより第4章の座談会みたいのは要らなかったというか、程度が違うといっては失礼かもしれませんが、そこまで発達障害と結びつける必要はなかったと思います。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ