ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2013年07月25日(木) 樹液すする、電子のΦ
新しいGoogleNexus7が発表ということで、いよいよタブレット端末というものにも触れてみようか、と思う今日この頃です。んまぁ、色々なところでも書かれているように、タブレット端末というのは基本がコンテンツを消費するための端末として作られているというか、触ったことがないのでそれは自分の実感としてはまだないのですが、そんな文言をよく見かけるので、多分そうなのでしょう。

個人的な感覚で書かせて頂きますと、あれくらいの端末というのはどうしても昔なつかしPDAの延長線上にあるというか、そういうふうな活用方法としてなにか見出したい気持ちがあります。ですから、ノートの代わりというか手帳の代わりというか、そういったところでうまく活用してみたいナァと思っているわけなのです。そういう意味で言うと、コンテンツを消費する、とはまた違った価値観でタブレットと接してみたいナァなんて漠然とですが思っているのですね。

漠然と、と書いてしまっているトコロで、この購入に至る動機付けが、まだハッキリとできていないというか、嗚呼コレは買わないといけないな、というようなレベルではないトコロが少しサミシイトコロではあります。なんか、無理やり買わなくてはいけない、を作っている気がするんですよね、最近。

昔はもっと情報家電にワクワクしながら生きていた気がするのですが。
本当はもっとなにかそういう「ヤバイ」端末が現れるのを心待ちにして生きております。

Dreamcastとか、W-ZERO3みたいな。すぐダメになるですけどネ…。
2013年07月22日(月) ノートパソコンと私
長いこと使っていたデスクトップマシンの調子が非常に悪く、使用中にカーソルが動かなくなるようなことがしょっちゅうあるため、家の隅で眠っていたサブのノートパソコンを引っ張り出してきて使っているところなのです。ディスプレイサイズは小さくなったし、解像度だって低くなってしまったのだけれど、急に止まってしまう恐怖がないというのは精神衛生上非常に良いことなんだということが改めてわかります。それよりも驚いたのが、この小さなノートパソコンのディスプレイを眺めていると、面前の画面に没入できる気がして、なにか作業を行う上では非常に都合が良いという事実です。
この調子の良さが、久しぶりに違うパソコンを使っているために新しい気持ちになっている今の時期だけ、とかでないのならば、いっそメインのPCをノートパソコンにしてしまっても良いのかもしれないナァなどと、ぼんやり考えている次第です。
それにはiTunesなどの設定を移行しなくてはいけなくて、それはそれで結構面倒くさいところもあるのですが…。まぁしかし、パソコンっていうのは元来、面倒くささを楽しむものであった筈。ノートパソコンの使い勝手が良いならば、やってみるのも一つの手でしょう。ウムム。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ