ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2013年06月02日(日) 破船 / 吉村昭
もうこの10年くらい、小説といったジャンルの本を読んだことが無かったのですが、既にReader Storeでめぼしいノンフィクションは読み切ってしまった感がありまして、久しぶりに手を出してみました。表紙の絵が何となく陰鬱で、それがとても心に引っかかったから選びました。
表紙絵に負けず、とても陰鬱で心に引っかかる小説でした。色々と読後に考えさせられるという意味では僕は小説は決してノンフィクションにはかなわないと思っているのですが、今回は結構考えさせられるところもあったナァなんて思っている次第です。
これから読む人のことを考えると、結論は書かないほうが良いと思うので書きませんが、小さな漁村での秘められた祭事を共有し、読んでいくうちに自分も村民のような気持ちになり、小さなことにドキドキしながら読み進めていくという、この感覚はとても楽しい経験でした。いや、けして楽しい内容の本ではなかったんだけど。
小説もアリかな、と思わせてくれるには十分な本でした。いやー、お腹いっぱいというか。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ