ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2013年01月18日(金) 街場のメディア論/内田樹

初めて買った電子書籍が内田樹さんの「街場のメディア論」というのは、自分の中ではなかなか捻りが効いている気がして、大変に自己満足しているところです。昨年の11月に読了。

書籍やマーケットなどについて、読んでいて自分でも考えさせられるところがあって、これは感想を書かなくてはいけない、と思ったのですが、電子書籍端末っていうのは付箋が貼れないからあとで確認するのがめんどうくさいのです。

オンラインメモに送る機能とかあるみたいなのですが、設定するのが面倒くさいのです。本は付箋つけてパラパラっとめくれば一発で印をつけたところを確認することができるわけで、そのあたりがもう少しパパッとできれば本当にいいのにナァなんて思っているところなのです。設定すれば解決するかしら。
2013年01月10日(木) クチビルに蜜
乾燥しています。

今の仕事においてはクライアント的立場の人々の前で笑顔を作ることが非常に重要なのですが、ニッカリした表情を作ると、唇の皮膚にひびが入り、血が出てしまうくらい乾燥しています。

ということで、今まで使ったこともなかったリップクリームを試してみることにしたのです。なんとなく、今まで避けてきたのは、日本男児的にというか、口紅のような形状のものを出してシャッシャっと唇に塗るという動作を周りの人がしているのを見て、どうもなじめなかったのです。しかし背に腹は代えられず。塗るときは人の居ないところで。

といった意味も踏まえまして、唇の調子が非常に快適になりました。もぅ、乾燥がために学生時代、殴られて口を切ったときに感じた厭な血の味に怯えることはないのです。僕の顔に笑顔が戻りました。

ドンキホーテ二俣川店の販売価格にして88円(税込)のシアワセ。もっと早く試してもよかったな。
2013年01月06日(日) 迎春
ということで2012年は空き巣についての諸問題に対する対応で終わってしまいました。

2013年は高熱を出してスタートしました。
正月で太った、という話はよく聞きますが、正月でやつれた、というのはなかなか貴重な経験なのではないかと思います。
シュッとした頬で、新年のスタートです。そういう意味では悪くはないか。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ