ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2012年09月18日(火) 闘え!何を?人生を!
つい2週間ほど前、階段で転びました。翌朝は足首の痛みに歩くこともままならず、這うようにして整形外科へいきました。捻挫でした。骨折まではいかなかったのが不幸中の幸い。

先週は家に空き巣が入るという、なかなか普通には経験しないであろう事件に巻き込まれてしまいました。幸い金銭的な被害は無い(と思われる)ため、これを機に防犯に対する意識を強く持ち、より安心の生活環境を整えていこうと思っています。
ということで、週末にドア鍵のシリンダーを交換してもらいました。警察の人も付近の巡回を強化してくれると言っていたので、ひとまず安心。

といった意味も踏まえまして、職場の人たちからは、今週は何をしでかしてくれるのかとワクワクされてしまっている次第です。いや、何もおきねえから!たぶん、何もおきねえから!

まぁ、万が一何かが起きようと、もう大抵のことでは驚かない自信はあります。かかってこい!いや今のなし!こっちくんな!

一日が普通に終わることが、なによりのシアワセです。
2012年09月09日(日) 生まれて初めてAppleに期待している週

携帯電話的なものを難しいことを考えずに、電話とメールの機能しかないような単純な端末にに絞り込んだ結果、出先では割とiPod touchとモバイルルーターという組み合わせでWEBも見たやドキュメントを閲覧したりと、色々なことをするようになりました。
そうすると携帯端末や家のパソコンなどからみるドキュメントを一元管理したくなってきまして、今はSkyDriveというオンラインストレージで各端末の同期をとるようにしています。マイクロソフト製のサービスというのがなかなか渋いチョイスではありますし、WEBから見た際のインターフェース的なところは少しアレな気もしますが、なかなかどうして便利ですね。

こうなってくるとなんだか、A4の紙で読むことを想定されたPDFの小さな文字をiPodで見るのは結構しんどい、ということがリアルな問題として浮上してくるわけです。ですから現行のiPodより一回りくらい大きい(かといって7型の端末はでかい気がする)、電子書籍リーダー的な端末もほしくなってきてしまうのですが、電子書籍リーダー的な端末でSkyDriveのクライアントが使用可能なものは、OSにアンドロイドを搭載した、タブレット機ばかりになってしまうので、それだったらiPod touchでも別に良いかァなんていう気持ちになっている今日この頃です。

とかなんとか書いていたらiPod touchの新機種も今週発表になるかもしれないとかなんとかで、なんだかとてもタイミングが良いので、ここで自分の心に少しでも引っかかってくるような端末であった場合、すぐにでも飛びつきたい気持ちでいっぱいです。ついでにカメラも良くかしら。

出先で大事だと思ったドキュメントをカメラで撮影し、それがすかさず自宅デスクトップのSkyDriveフォルダに反映される、というようなことになると、これはまさに文書革命だなあなんて、ワクワクしてしまいますね。実際に使うかどうかなんてことはどうでも良いんですけどね。できる!っていう感動が大事だと思います。僕はただ、感動したいだけなのです。

5インチクラスのスマートフォンを使えば今でも余裕でできることばかりなんですけどネ。なんせWILLCOMなもんでネ。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ