ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2012年08月12日(日) 私とスマホと電話と

今さらながらWILLCOMの端末を変更しました。今まではWindowsPhoneというOSを搭載した、スマートフォン先駆けのような機械を愛用していたのですが、どうも電話の着信がうまくとれない(取れないので結局こちらからかけなおす)のと、メールが半日くらい遅れて届く、というなかなか許容しがたい仕様があったのです。それでも3年くらいはその端末を我慢して使ってきたのですが、なんだか色々なお誘いとか、スピードが要求されるような場面において、電話・メールが速やかに受け取れないということによって、チャンスを逃してしているような気持ちが強くなってきてしまったのです。

実際はそんなに人から電話がかかってきたり、メールでお誘いがあるということも多いわけではないので、いうほど被害妄想的機会損失はしていないと思います。しかし少なからずそいういった被害的な妄想が自分に発生している以上は、その原因となる端末を根本的に見直し、たとえ自分が誘われることの少ない人間だという現実を突きつけられるような結果を導き出すとしても、それは現実としてしっかりと受け止めるような形で次のステップにつなげなければいけないと、そういう考えに至ったのです。どうでしょう、ここまでの流れ、ご理解いただけたでしょうか。僕は書いていてわからなくなってきました。

とにかく、新しい端末はもうカメラすらついていない、ひたすらにメールと通話の機能に特化したものを選びました。
スマートフォン的な端末ももちろん一台くらいはあったほうがいいのかな、という気もしないでもないのですが、やっぱり電話とメールが確実に抑えられ、それでいて長時間稼働してくれる安心できる端末がメインの回線としてはあったほうがいいのではないかしら、という考えに落ち着くのです。だからメインのWILLCOM回線ではもう奇抜な機種変更はしないと思います。できれば10年くらい使い続けたいくらいです。まぁ、残念ながら今のWILLCOMの端末にそれほど機種変更の選択肢はないんですけどネ。メールアドレスが強制的に変えられてしまう、とかそういうことになったらまた考え直しますけど。
2012年08月03日(金) 夢の終わり

7月末。夏の休みを利用して沖縄の離島へ行ってきました。
空は青。海は青。突き刺さるような日差し。

といったこともありまして、現在日焼けの痕がムケてムケて、痒くて痒くてしかたありません。焼けた肌は水分を通さないらしく、汗をかくとそこが水疱になりまたこれが痒い。
もういっそこの世から消えてしまいたいくらい、消してほしいくらい痒い。

でも、痒いけど、やるしかないんです。遊んできたんだから。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ