ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2012年07月09日(月) 欲望の街
日本が格闘技をあまりやらないものだから、しょうがなくというような形なのですが、定期的にWOWWOWにてUFCの中継を観るようになってきました。だんだんオクタゴンでの戦略的なものもわかるようになってきました。UFCが面白くなってしまう、というのはなんとなく、日本の格闘技界が活発でなくてもマァいいか、というような気持ちに繋がるので少しフクザツなところなんですけど。日本の格闘技頑張ってほしいんだけどナァ。

来週からは仕事に旅行に遊びにと、色々なことが目白押しで、きっと気が付いたら8月の半ばくらいになってしまうんじゃないか、というようなくらいのスケジュールなので、余裕のある今のうちにやりたいことをやっておいたり、買いたいものを買っておいたりしなくては、という気持ちがあるわけなのですが、今はやりたいことも欲しいものもとくに無いナァというような状況下にあるわけでありまして、なんというか、しっかり睡眠とれて、美味しいものが食べられればそれで良いかナァなんて思ってしまうのです。良くわかんないけどたぶん、そういう気分のときはそれでイイのではないでしょうか。ジジイか。まぁいいや。寝よう。
2012年07月04日(水) 疲れすぎて眠れぬ夜のために / 内田 樹

最近ちょっと寝つきが悪いというか目覚めも怠いというか、そういうところがあるので、タイトルに惹かれて(もちろん内田先生の本であることは承知で)買ってみたのですが、相変わらずの内田節満載で、小気味よくダンダンと書き下ろされる事柄に、ほぁほぁ成る程ナァとか、ちょっと強引じゃないかナァとか考えることがありました。とにかく、気が付けば読んでいる間も読んだ後も書かれた内容のことを常に考えながら電車に乗ったり、お風呂に入ったりしていて、布団に入ってからも結構考え込んでしまったりなんかしてしまったわけで、そういう意味では「疲れすぎて眠れぬ夜」にさらに「考えて眠れぬ夜」がプラスされてしまい、ソリューションとしての書物としては全く意味をなさなかったわけではあるのですが、読んで色々考える、日常生活を過ごす間にも考えこんでしまう、というような影響があるような本というのは、凄く読んで良かったナァ、と思うわけですし、これこそが読書の醍醐味なのではないだろうか、と僕は思うのです。
そんなわけで、もっと本を読もうと思ったわけです。あぁ、本にこだわる必要もないか、いろいろなものを見て、色々と感じて生きよう、と。凄く刺激になりました。
明日、また生きるぞ!
2012年07月02日(月) 考える亜種
楽天が電子書籍端末を発売とのことです。

端末だけしてみれば値段もスペックも結構魅力的なので、イキオイで買ってもいいようなものでもあるのですが、読書端末には長い間のお付き合いを予感させるような、革の素敵なカバーとかをつけてあげたいナァなんて思っているわけでありますからして、値段とスペックだけで判断するのではなく、ソフトやサービスとかいったものについてもじっくり吟味して、本当に長く使える良いものを選びたいと思ってしまうのです。そういう意味ではどうしても、Amazonの端末がどういった形での発表になるかを見届けてから、というようなやや弱気なスタンスになってしまうのです。

本当は、どんな端末だって気に入ったと思ったらドンドン買って、読みたい本をドンドン読めばいいだけのことなんですけどネ。冷静に考えると結構くだらない悩みというか、あんまり賢くないナァとは思います。僕ァこういう悩みに費やす時間が結構多いのです。時給で考えるならば余裕で買えちゃうほどの無駄な時間を過ごしているわけなのです。呆れちゃいますね。ウーン。

まぁ、だけどそういう人間なんでしょう。自分というのは。割り切って許容して、無駄に悩んで生きていこうと思います。明日また生きるぞ!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ