ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2012年06月27日(水) 違法人と電子書籍
ボーっと毎日を過ごしていたところ、いつの間にか違法ダウンロードが刑事罰化されることが決まったようです。なかには「ダウンロード違法化」なんて書いている人もいて、それはちょっとやりすぎだろう、と思うんですけど。マァ、いいんですけど。

違法ダウンロードはCDの売り上げに大きな影響を与えているとの事だったので、これからはCDがたくさん売れるようになることでしょう。僕は普通にCD屋さんで売っているようなCDを買うことはあまりないのですが、市場が活性化してくれればつまりは音楽で食べていくようなアーチストが出てくる可能性がもっと増えてくれれば、カウンターというか、ニッチで心に響くような音楽家がCDを出すような機会も増えるのではないかと思うわけで、今回の刑事罰化もそういう流れでいってくれればそれはそれでイイことのような気もするんですけど。違法ダウンロードと売り上げが本当に影響しているならですけどネ。マァ、そんな都合よくはいかないだろうけど。

それはさておき、Amazonの電子書籍リーダーが今度こそ本当に日本でのリリース間近ということで、個人的には久しぶりにワクワクするニュースにして端末だナァと思っています。国内では消費税の値上げというニュースも追い風にして、これからは電子書籍(国内の税金がかからないような海外からの販売で)の時代が本格的にやってくるような予感がしています。なんて、みんな当たり前のように予感していることですけど。別に今は本を読んでいない、というわけでもないのですが、何10冊もの本を小さな端末に入れて、貪欲に貪るように本を読みたいと思うわけです。なんてね。
2012年06月25日(月) 晴れた日はハンモックの中で
近所にできたしまむらにて「サポーター付トランクス」というなぞの下着が販売されておりまして、つい遊び心で一着手を出してみたところ、とてつもなく快適な着用感で、またパンツ一丁時におけるはみ出し事故などというものも起らないように計算されつくしたその構造にいたく感動しました。

あまりにも感動したため、ここはひとつ物欲アルファガジェット系ブロガーよろしく、写真付きの詳細なレポート記事でも書いてしまいたいところなのですが、いわゆる従来の下着着用時におけるはみ出し事故の写真とか、そういうものを誤って載せてしまいますと、猥褻物陳列の罪に問われる恐れもありますし、下手するとあまりにも若々しい下半身を露呈してしまうことにより、猥褻物陳列では済まされない、アグネス激怒の罪に問われてしまうような恐れもありましたので、ここはひとつ、グッとそこはこらえて、我慢しなければいけないと悟ったわけです。南無。

しかしマァ、それはさておき、その着用感はあまりにも快適だったため、もう2・3枚購入しても良いかとWEBで調べてみたところ、他社からは「ハンモックトランクス」という名称で売られている商品であることがわかりました。

いや、いいんだけどヨ。「ハンモックトランクス」ってばあまりにも直球すぎる名称ではないかネ?…いや、確かにハンモック状態になるところが快適というかサ。…ま、いいんだけどサ。
2012年06月15日(金) 眠りに落ちる瞬間の躊躇い
さてiOS6ではブログなどに写真のアップロードが可能になるということです。つまりはinputタグのtype="file"がサポートされるということです。

iPodから写真をアップロードしたいがためにココをWORDPRESSにしようと思っていたところだったのですが、ソリューションが向こうから勝手に歩いてやってきてしまい、iOS6のリリースまでボンヤリとした気持ちで過ごさなくてはならなくなりました。

ボンヤリというか、宙ぶらりんというか。そんな曖昧な状態も楽しめるような、素敵な大人になりたいものです。
2012年06月14日(木) 夢遊するタマシー

なんだかあんまりやることもないのだけどただ仕事から帰ってきて寝てしまう生活というのが少し癪だったもので、毎日ダラダラと就寝までの時間を過ごし睡眠を削るような生活がここ数年は続いてきていたわけです。

そういう生活というのは心にも体にも良い影響を及ぼさないようで、日中は生きているのか死んでいるのかわからないくらいの腹の芯からくるダルさと睡魔と闘い、家に帰ってからは何か自分のことをしないとという強迫観念に襲われ、というような状態が随分と長く続いていたのです。

今月の頭くらいからもうそういう状態に陥るというのもいい加減終わりにしてしまおうと、23:00くらいには強制的に布団にもぐりこむような生活に修正しました。今のところ好調な滑り出し。朝の目覚めが良く、日中もスタミナ切れが起きず、家に帰ってからも割とリラックスして時間を使えるようになってきました。

実質的に使える夜の時間は短くなったけれど、そんな生活を続けてみたら、ちまちまと文章を綴ったりする意欲もわいてきた、とマァそういうことです。わかりやすい。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ