ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2012年04月18日(水) 電子書籍の冬
amazonが今春、日本で電子書籍端末を発売するために、出版社と調整中というニュースを昨年どこかのニュースサイトで目にし、よし、これからは電子書籍だとばかりに家にある積んであった書籍を電子化してはや数か月が経過しました。いまだにamazonからは何のアナウンスもありません。その間に新しい紙の書籍を購入するというのもなんだか癪に障るし、かといってスキャンした本をipodで読むのはなんだか読みづらいし文字は小さいし…というわけで、このところは通勤時の電車でも本を読むことをしない日々が続いているわけですが、いい加減活字に飢えてきたというか、このままではクルクルパーになってしまうのではないかという危機感を感じるようになってきました。このような精神状態で過ごすというのはあまり良くないような気がしています。どういう因果関係があるのかはわからないものの、WEBの更新頻度も減っちゃったし。そういう風に考えたならば、本を読む、ということはそこに書かれた知識を得るということ以外にも、読み手にたくさんの良い影響を与え、ハツラツとした日々を過ごすための手掛かりになっているのかもしれないといまさらになって思う次第です。とにかく、活字に飢えたから明日から紙の本を読むことにします。朝の通勤電車で眠るのはもうオシマイ。電子書籍はもう少し市場が円熟してから改めて考えることにします。駅に着いたら起こしてください。
2012年04月17日(火) ワクワクするに至るまでの2〜3の事柄
付き合いにして30年になるであろう、唯一にて最古の友人が地元に一人います。どちらかというとあまりコンピュータやネットワークに詳しくなくて、今まであまりそういった話というのはお互いしてこなかったわけなのですが、最近、携帯電話をスマートフォンに変えたらしく、その勢いで最大手ソーシャルネットワークサイトにアカウント登録をしたようです。先日、招待のメールが送られてきて発覚しました。

僕個人としてはこの手のネットワークコミュニティというのは割と疲弊してしまった感があって、自分からは距離を置いていました。なんだか15年位前の日記サイトのつながりを彷彿とさせるというか、数年前でいうとミクシィ的な感じというか、ウェブのコミュニティというのは結局はそういった流れの繰り返しなのではないか、というような気持ちが強く、イマイチ乗り気ではなかったのです。

しかしながら、全くいままでネットワーク上での動きをみることのなかった友人が、ウェブの大海原で活き活きと活動していく様子を見ていると、なんだ懐かく、感動すら覚えるのです。きっと彼は今、ウェブで人々と交流することが楽しくてしょうがないのです。
その様子を眺めているだけで、こちらもワクワクしてしまいました。

たったそれだけのことですが、久々に心を動かされてしまったので、ここに記しておきたい気持ちになったのでした。つづく。

うそ、つづかない。僕もワクワクしながら生きる。
2012年04月16日(月) ソリューション人生

いろいろとブログを更新するためのカラクリというか、そういうものに凝り始めて更新が滞っていました。出先のスマートフォン的なデバイスから更新ができるようにと、ワードプレスに関する情報を集めてみたり、仮想サーバーにインストールしてみたり。

最近はゲームをやるでもないくせに、ゲームをやるための環境にやたらこだわってしまうなど、本来、現実逃避のために存在していたであろう趣味的分野に取り組むことにすら真正面から取り組むことができず、逃避してしまうというわけのわからないところにすぐ行ってしまうというところがあります。

これでは結局のところ自分の中での達成感というのが「いつでもどこでもブログを更新できるようになった」とか「最高の環境でゲームをすることができるようになった」などというところでしか得られることができなくなってしまっているということで、なんだろうそれはマァ、そういう方向を自分が選んだというふうに考えるならばしょうがないのかナァと思うこともできるのですが、結局のところ、自己の感情にはなにも訴えかけてくるものもないし、ゲームをクリアした!なんていう達成感も、そのストーリーを楽しむということもないし、世の中全体的にみてもあんまり生産的ではないナァというような点において、少し治していきたいと思っているところでもあるのです。

まー、今は仕事も楽しみながらバリバリやれているから、無理する必要はそんなにないんですけどネ。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ