ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2012年02月28日(火) 写真とメモリーとすずと
外付けハードディスクの電源を入れたら「フォーマットされていません」などという不可解なメッセージが表示されてしまったため、中に保存されていたいやらしいデータではなくて、今までいろんなところに行っては撮りためた写真が消えてしまったのではないかとヒヤリとしたのが数日前。一応、読み書きはできるようでとりあえずは助かった気持でいますが、あまりに顔面蒼白な出来事だったために、今は数枚のブルーレイディスクに内容をチマチマとバックアップするのが日課となっております。学生時代はもう少しクリエイティブなやる気というものに満ち溢れていたような気がしないでもないのですが、最近のプライベートな時間といえば、そういう単純な作業としかいいようのない作業に費やして落ち着いていることのほうが多いような気がします。なんでだろ、日中バリバリとクリエイティブに働きすぎなのでしょうか。そうでもないような気もするんだけど。

気が付けば、21世紀になってからは写真というものを撮るときはすべてデジタルなカメラを用いて撮っているわけです。そうして撮りためたデータは代々PCのハードディスクに保存され、PCを買い替えるたびに内容が移され、雪だるましきにその容量と枚数を増やしてきているわけです。しかし、今回の件ではっきりと気が付いたのは、HDDというのは所詮はいつか故障のときをむかえる消耗品でしかないということなのです。
まぁ、火事になってしまえば元も子もないというのはそうなのですが、昭和の時代の写真というのは、きちんと時系列にアルバムに収められ、実体のあるマテリアル的なものとしてその手に収められてきていたわけなのですが、HDDに収められたデジタルデータというのはHDDが故障したら過去すべてパー、さようならメモリーズといった趣のものなのです。
というのをこのところすっかり忘れてしまっていて、カツカツとHDDにため込んでいたわけなのです。容量当たりの単価が安い、ということもあり。

現像、とまではいかないまでも、HDDよりも物理的な障害に強い、物として残っている感じのイメージがする外部記録メディアというものを、改めて評価した、そんな出来事でございました。
あー怖い怖い。機械って怖い。

怖いから、俺寝る。
2012年02月16日(木) 自炊する、私は蟲の男

春にAmazonのKindleが遂に正式に日本上陸ということで、このところ急激に電子書籍の時代が来るのではないかといわれております。かくいう自分も今年に入ってからというもの、なんとなく「乗るしかない…このビッグウェーブに」というような脅迫観念にとらわれ、チマチマと自宅の蔵書を電子化しているところだったりします。どんなに優れたハードがあったところで、コンテンツがないというのは致命的ですからね。ひとまず、読むか読まないかは別としても、本というのは自分の知的部分のログ的な意識もあって、なかなか処分に気持ちが向きにくいわけです。そういう意味では、電子書籍端末の黒船到来を理由に、大量のスペースを占める書籍を電子化の名の下に処分(物理的な意味での)していくというのは、行動に理由を必要としがちで頭でっかちな自分にとっては、都合のよいことであるわけです。とんだ屁理屈というか、屁モチベーショニングというか。

こんなことを書いている背景には、なんとなく歳を取ったせいか社会の荒波にもまれ、自制心が強くなってしまったのかな、というところもあるわけです。「自分が本当にしたいこと」というものの見つけ方もよくわからないし、それを他人に表現する方法というのも忘れてしまったのかな、というような気がするのです。このままでいくと、無意識的なメタ我慢を続けた挙句、死に際に「もっと自分のしたいことをしておくべきだった…」なんていう面倒くさい人生になりかねません。
「したい」が見いだせないのならば「やるしかない」を作っていくしかないのです。悩んでもしょうがない、立ち止まったら勿体ない。だから、やるっきゃねぇ!何を?

今は、本の自炊かな。
2012年02月15日(水) NATION-Z Phase-6

iTunesを新しくインストールしなおしたらヤプーズのカバーアートが一部、デジタルスーパースター列伝のサムネイルになってしまうという不可思議な現象が発生。アップル社の奇怪なアルゴリズムが両者に共通して感じることができる(かもしれない)退廃的かつネオダダ的な何かを収集し、結びつけてしまったのだとすると、これは驚異的な技術力ではありますが、同時に大きなお世話だと思います。
流石にそこまでの大きなお世話はアップルもしてはいないだろうとは思うのですが、技術的にはさほど難しいことではないような気もしますし、現在のiPhoneの普及っぷりからして、逆に何等かのユーザーリサーチを行っていないと考える方がおかしいのではないかとも思います。特定のセグメントのユーザーがスマートフォンでなにを見て、どんな音楽を聴いて、何を買ったのか。総ての情報が製品のフィードバックという名の下に、開発側に渡る。街角アンケートのバイトも、アンケートの謝礼も必要なく、またアンケートとは違い、ユーザー側も(抽選に当たりたいからなどの理由で)メーカーに対し甘い評価をしてしまったりもしないわけですから、その情報の価値というのは今までのアンケートなどの手法で入手できるようなものとは比べものにならないでしょう。
なんていう当たり前のことを少しだけ考えてしまった、謎のカバーアート入れ替え事件でありました。なんでもいいけど、結構夢中になってカスタマイズしただけに残念でなりません。ネェ、戻してよーう。
2012年02月14日(火) ハッピーウインドウズ
というわけでWINDOWS7への移行がほぼ完了。もう少し特定のデバイスが認識されないなどのはらはらするような逆境のようなものが訪れるものと少し期待していたのに、恐ろしくあっけなくすべてのデバイスを認識してしまい、感動してしまいました。

問題はアプリケーション。

なんだかいろいろなアプリケーションの状態を元に戻すのが面倒くさくて、プリインストールされている上海みたいな麻雀牌を取っていくゲームをちまちまとやって現実逃避をすしています。うわー、ダメだ。くだらないけどハマる。

こんなのにハマるということは、もっとやるべきことがあるということなんだ。
2012年02月12日(日) 工業社会とデジタルの7
メインで使用しているパソコンのOSサポートがこの4月で終了してしまうということで、現在頑張ってWINDOWS7に移行しているところなのです。その間、しょうがないので、以前酔狂で購入してしまったノートパソコンを引っ張り出して使っているのです。ところが、この酔狂で購入した10万円もしないノートというのがなかなかに高性能でサクサクと動くので、どうせならこのマシンをメインで使用したら良かったのではないだろうか、というような気がしています。OSもWINDOWS7だし。

問題なのはHDDの容量が320GBしかない、ということぐらいでしょうか。現在我が家で使用している音楽データが70GB、写真データは80GB程ありまして、320GBの痩せたHDDで運用するには少し心もとないかナァ、と思う次第。

デジカメのデータとかって、普通の人はどのように保存しているのでしょうかね。嗚呼、悩ましい。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ