ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年12月20日(火) この世でいちばん大事な「カネ」の話 / 西原理恵子

サイバラ漫画のようなエンターテインメント性はないのだけど、良い本でした。グッときた。
いろんな人に読んでほしいナァ。読んで、色々考えて。
個人的にももっともっと早く、社会に出る前とかに読みたかったナァ、というような本でした。タイトルは下世話な本なのかと余計な心配をしてしまうような感じになってますけど、中身は本当にグッときますよ。グッと。
2011年12月19日(月) コドモダマシ〜ほろ苦教育劇場〜 / パオロ・マッツァリーノ

期待して読んだら思っていたよりもずっと軽い感じの内容で、少し期待はずれでした。以前読んだ「反社会学」はもっと緻密な感じに構成されていたので、そのイメージが強すぎたのかもしれませんが。筆者は違うけれど、先月「ミッキーマウスはなぜ消されたか」を読んだときも、近年書かれたものほど、内容が薄く軽くなってきている印象があったのですが、この本も全体としてそんな感じ。軽くて薄い、口当たり(目当たりというのかねこの場合)の良い本が好まる傾向でもあるのですかね、今は。
2011年12月18日(日) 富士山とUFO

先週は職場の男連中と箱根の方まであそびに行って来ました。一泊だったのだけど、二日とも良い天気に恵まれて、立ち寄った大涌谷から観る富士山の眺めはとても素晴らしく、思わず手をあわせて拝んでいるヒトの姿もみられました。昔から富士山というのはその偉大な姿から信仰の対象にもなるほどだといいます。もっと空気も綺麗で、高層建築物もなかった時代、確かに富士山というのは今よりももっとダイナミックにその存在をアピールする、霊的なものを思わず連想してしまうくらいの大きな存在だったのかしら、とはるか昔に思いを馳せてしまったのでした。

あんまりにも周りが携帯電話とかで写真を撮っているので、なんとなく撮らないということが協調性を欠いたような行為に見えてしまうのではないだろうかという気持ちに襲われ、特に富士山に興味のない自分も思わず一枚。

自宅に帰って確認をしたところ、写真にUFOのような形のものが写り込んでいたので、「流石富士山、UFO的なものまで写るのか」と、すこしワクワクしました。そんな神秘的霊体験もあってか、その後もボクがケータイ電話で撮る写真には全く同じ箇所にUFOが写るという怪奇現象に見舞われております。

カメラのレンズも傷がついてしまったので、そろそろ新しい携帯電話に買い換えたくなってきたお年ごろ。
2011年12月14日(水) ボクには世界がこう見えていた / 小林和彦

これ、文庫本化されるまえは「東郷室長賞 - 好きぞ触れニア -」というタイトルの本だったようです。さすがにソレはタイトルに無理があったということでしょうか。文庫化されたときにはきちんとしたタイトルに直ってくれたようで良かったです。「東郷室長賞」だったら流石に手にとって読もうとは思わなかったなぁ。

そんなわけで、元アニメ演出家であった筆者が統合失調症を患ってから今に至るまでの壮絶な手記。なにぶん精神疾患のある状態で書いている文章なので、書いていることは支離滅裂で無茶苦茶なのだけれど、不思議と心に強くひっかかるようなところもありまして、嫌になったら途中でやめちゃおう、危なそうだったら読むのはすぐに諦めようという気持ちで読み始めたのに、最後まで貪るように読んでしまいました。

なんだか脳髄をガツンと殺られてしまったかのような衝撃的な本でした。文中に何度か「ロマンティックな狂気」という表現があったので、「ロマンティックな狂気は存在するか / 春日武彦」と併せて読むとイイかもしれない。
2011年12月13日(火) 絆ミームと赤い月
今年の漢字は「絆」なのだそうです。
かつて「世の中が弱ってくると、頑張れとか、その手のメッセージが増えてくる」と誰かが何処かで言っていたことがフト頭をよぎったのですが、学生時代にとても不勉強だった僕はそれが社会科の時間に先生が言っていたのか、或いは名のある社会学者がどこかのメディアを通じで発信していたのを見聞きしたのか、そのあたりが定かではないのです。残念なお話です。こんな事ならば学生時代、もっと勉強しておくべきだったということでしょうか。若い頃にもっと勉強するべきだったなんて、よく聞く話で笑ってしまいますね。
兎にも角にも「絆」なのだそうで。そのニュースを目にしたとき、ボクは「今年の年末から来年にかけても、こういった支え合い助け合い的な口当たりのよい感情論的ムーブメントは日本人の間に続くのだろうなぁ、とか、そういった感じのふれあい的なCDがよく売れて、テレビも年末なんかは間違いなく一年を総括するような形で24時間テレビ的な、「絆」的な番組が多く放送されるんだろうナァ」なんていうことを考えてしまったわけです。

個人的にはそういったメディア発信型のつながりミーム的なものにはなかなか馴染めないのですが、多くの人々がそういったつながりに乗っかった、という現状というのも理解出来ないわけでもないわけであるからして、それを上手いこと利用したというのも変なハナシですけど、カンドー的な絆プロジェクト的なCDなんかが発売されて大きな売上を得るようなヒトタチが出てきたとしてもまぁソレはもうソレでいいかナァ、なんて今は思うわけでありまして、昔だったら結構なんとなくそういったところにもそういったヒトタチにもしっかり噛み付いて神経ささくれて生きいたような気もするんですが、そこで儲かるヒトもいればソコに乗っかってお金を払うヒトもいるというのは、現代日本経済的には必然の道理と言うかソレでお金がうまいことまわるならば、なんてことを考えるようになってきているのです。だからそれはそれでイイヤ。それでイイヤという事柄を自分でわざわざ書いてアレするのもおかしな話ですけど、まぁ。

個人的には勿論、そういう流れの中でカウンター的に発生するアウトサイダー的な文化の派生というか、なんか面白いニューウェイブ的な音楽とか、文芸誌とか漫画雑誌とか、そういったものが出てくればいいのにナァなんて、密かに考えているのですけど。そんな旨い話はないか。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ