ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年11月23日(水) ミッキーマウスはなぜ消されたか / 安藤健二

「小学校で卒業制作に描いたミッキーマウスの絵がディズニーの要請により消された」というエピソードは、今から10年ほど前に、当時務めていた会社で受講した、著作権絡みの研修の中で初めて知りました。それはいわゆるディズニーの著作権管理の厳しさを象徴する都市伝説のようなものとして、自分の意識の中にジワジワと浸透していて、実際の事件についてはあまり詳しく知らない割には、個人ブログなどにアップロードされた黒ねずみのイラストを目にすると、「おい、大丈夫かよ」なんて心配してしまうくらいの禁忌意識が植えこまれていました。

この書籍はタイトルにもあるとおり、上記エピソードに対して、非常にじっくりと、当時の学校関係者やディズニー側のヒトたちとコンタクトを取り、そのうえで、当時何故このような事件が起きたのかということを、時代背景も踏まえながらしっかりと検証されていて、読んでいて非常に説得力のある、いいテキストになっていました。
文庫化されるにあたり追加された数点の記事(「涼宮ハルヒのモデルは角川春樹?」など)に関しては、表題のような足を使ってしっかり調べた、という感じがせず、少し残念な内容となっておりまして、本当に様々なレベルのものがごった煮状態で収録されていました。正直に言うと「ハルヒ〜」は音楽CDでいう「捨て曲」といった印象。

「ミッキーマウス〜」の章は企業における著作権学習のテキストになってもおかしくないくらいの内容と思われますので、一読して損はない本だと思います。
2011年11月17日(木) 日本はじっこ自滅旅 / 鴨志田穣

サイバラ漫画を読み続けてきた人間からしてみれば、鴨志田さんというのは西原理恵子の元旦那というイメージが強いのです。

今、時々みかける書店におけるフェア的なものというのもやっぱり、亡くなった西原理恵子の元旦那というような域をどうしても抜け出すことができない気がするのですが、忘れてはならないのは、そんな観られ方をしている人間というのにも、ちゃんとしたそのヒトなりの考えやドラマというものが存在しているのだというこということを、この本を読んでいるあいだ、ずっと考えていました。

文章から感じられるこのヒトの人柄というのは漫画で書かれているよりも、ずっと繊細な感じで、決して文章は読みやすく伝わりやすいものでもないのですが、大いに共感をし、好きになりました。今ではときどき鴨志田さんの人生について生意気にも少し考ることさえあります。
大抵、特に男性なんかは、鴨志田穣の本を読んだあと、彼の人となり、そして人生について考えてしまうことがあるかもしれません。
もしそうだとしたら、それはとても大切な、鴨志田穣という一人の人間が生きたという証なのかもしれないナァなんてぼんやりと考えてしまったわけです。
2011年11月02日(水) 愛と入力の日々
iPodにおける最高の入力方法を探し続けて、どれだけの血と涙が流れたことでしょう。使えないミニキーボードを買っては、悔し涙を流し、コレじゃあないコレでもないと苛立ちをつのらせる日々。大抵そういうことは寝る前にするので、気持ちが高ぶってしまい眠れなくなってしまうという毎日を繰り返してきました。今の日本の経済にも似た行動が全て裏目に出てしまうような、諦めてしまったほうが心地よいかのような雰囲気すら醸しだす負のスパイラルに陥っていたのです。

つい先日などは遂にiPod用のATOKまで導入し、新機軸の入力方式であるリボルバータッチとダブルトリガーまで試してみました。確かにこれは日本語に特化してやってきたジャストシステムのアイデアが一杯詰まった、非常に優れた入力メソッドである気がしたのですが、悲しいかな、この入力は付属のアプリケーションであるATOK パッドでのみ使用可能というシロモノでありまして、たとえこのリボルバータッチ入力が次元大介ばりの早打ちになったところで、世間的にはバーでならず者に「ミルクでも飲んでろ」とたしなめられる程度の存在にしかなれないのです。そんな井の中のガンマンはゴメンです。僕は次元大介(二代目)になりたい。「眠らない街 新宿、警視庁密着24時」のナレーションまでこなすくらいのハードボイルドな次元大介(二代目)になりたいのです。

といった意味も踏まえ、結局は標準のフリック入力をもう少しだけ頑張ってみることにしました。しばらくはこういったスマートフォン的な小さなデバイスにおいてはこの入力がスタンダードになることでしょう。間違って習得してしまったとしても損することはないでしょう。

とか書いておきながら、翌週くらいにはまた、入力に対するフラストレーションがたまって、入力をの大河をさまよい、眠れない毎日を過ごすことになるのかもしれません。
マァ、人間とはそういう懲りない、アヤマチを繰り返す生き物ですから。そんときは苦笑いするしかないですね。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ