ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年10月27日(木) 蒸発父さん / 岸川真

物心ついたころには既に家には居なかった結婚詐欺師の父親の行方を捜索するという壮大なロードムービー的ドキュメンタリー。ほぼ実話なのだとは思うものの、ロードームービー的にしようという文章の脚色がややドラマティックな方向に行き過ぎていて、なんだか小説を読んでいるかのようなおかしな気持ちになりました。とはいえお話は壮絶に面白く、最期まで気になってグングン読めてしまったわけですが。

もしかしたらこの本が面白いというのも、話が巧みで魅力的であったとされる結婚詐欺師の父親譲りなところもある(真相は話半分として)のかナァというような気にもさせられるわけでありまして、読み手としてはもしかしたらコレはもう見事な親子二代に渡る壮絶なペテンにかけられているのかもしれません。

親の因果が子に報い、というやつ。もしかしたらソコまで意識的にやってはいないのかもしれないんですけど。もし、純真な気持ちで書かれたものであったとするならばこの作品はなんというか、ものすごい、猛烈な何か、考えさせられる何か、を読み手に突きつけているのかもしれないわけなのです。そうしたらもう真偽とかそういうレベルではなくて、本として是。圧倒的に是。

でも本来のカテゴリとしては自伝的私小説、なのかナァ。
2011年10月26日(水) メモリークエスト / 高野秀行

以前読んだ「トラウマの国ニッポン」という本がとても面白くて、同じ作者の本を読みたいナァなんてボンヤリと考えていたのですが、なんだか本屋に行くと急速にボクの記憶は退化してしまうと言うか、他の面白そうなアレコレの書籍に悩殺(?)されてしまい、なかなか本屋に行って「おおそうだ」というように思い出すというようなことがなかったわけでありました。しかしながら先日、ようやく本屋に行くという動作と「トラウマの国ニッポン」の作者の本を読みたいという意識が合致した状態で本を選ぶ瞬間というのが訪れたわけです。たまたま。前日よく眠れた、とかそういう些細なきっかけだと思うのですが。

手にしたのがこの本なのです。


違う作者でした。

でも面白かった。
読んでいて、「人生はテレビゲームのRPGよりもずっとRPGだ」という考えが頭に浮かび、「いや、しかしRPGというものがそもそも仮想的人生をプレイングするゲームではないのか?」というような考えがうかび、結局「人生は人生」であり「RPGはRPG」であるわけで、それは無理に比喩して比較するほどのことでもないわけなのですが、まぁ、よくわからないんですけど。とにかく面白かったわけです。

今度本屋に行ったときは著者が高野秀行さんでも高野秀美さんでも面白い本であることに間違いはないということがわかったので、もう少しアバウトに本探しをすることができるでしょう。悪くないことです。

筆者の名前を間違えて読書の幅が広がる、なんてこともあるんですネ。実際。
2011年10月12日(水) 石川町「子どもの遊び場」

勤務地の最寄り駅であるJR石川町駅を元町側に降りてすぐの高架下に「中区子どもの遊び場」という空間があります。「子どもの遊び場」と名付けられてはいるものの、コンクリートのフィールドと何故か鉄作で施錠された空間です。とてもじゃないけれど子どもが遊ぶようなところとは思えないようなアンダーグラウンドのヒリヒリとした空気感が漂っており、ボクはここにくるたびに、きっと施錠される前にここで何か事件があったのだろうナァ、と思いを馳せるわけです。子どものイラストもなんとなく物哀しく、決して雰囲気的には良い所ではないのですが、ボクはこの空間が嫌いではないのです。

よくこんなコンクリートの薄暗い高架下を遊び場にしようと思ったものです。不良のたまり場ではないかと。
2011年10月02日(日) パンタグラフ狂想曲

最近、職場で使うパソコンがノート型になってから、従来の深いストロークのキーボードよりも、パンタグラフ的な平たいキーボードでの入力のほうが早く正確に入力できるようになってきてしまいました。なんだかちょっぴりフクザツな気分。

そんなフクザツな気分で迎えた本日のことなのですが、WOWWOWでYMOのライブを放送していたようです。一部のWEB界隈では結構な話題に上がっていたようなのですが、一部のWEB界隈でのぼった話題をキャッチした頃にはすでに遅かったようで、チャンネルをあわせたときに映っていたのは松任谷由実でした。人生ってのは厳しいネェ。

こうなった以上、自宅のデスクトップPCも平たいキーボードにしてしまおうかしら。かたくなに従来のキーボード的なキーボードを使い続けるというのも一つの形ではあるのだけれどネェ。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ