ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年08月31日(水) 「カレログ」と「猜疑心の強い女」と「妄想男子」
今、あちこちで話題になっているようですね。「カレログ」。
詳細な紹介は別のところに任せるとして、個人的には素晴らしく面白いアプリケーションが出てきたものだなあと思います。
期待せざるをえない。そこから始まるであろうドラマの数々を。

割とオナニーだとか、そういったことを話すのもオープンな彼氏。ある日、Twitterのlogに「オナニーなう」の文字が。しかし、彼の携帯GPSから、現在地は果樹園であることが判明。

この場合、まず彼女にあたる人間は、この予測していなかった事態にどのような反応を示すのでしょうか。友達に相談するのでしょうか。しかし、そんなことを相談された友達も困るでしょう。
「元気だしなよ。ほら、桃ってお尻みたいだし…。」
友人としてかけられる言葉はそれくらいかもしれません。けれど、それくらい気が利いたことを言える友達というのは、大切にしてあげたほうがいいような気がします。

「行ってきます。」いつものようにそう言って家を出た主人。けれど、実は彼は会社には行っておらず、一日中公園にいたということが、後にGPSより発覚する。

この場合だって、嫁にあたる人間は相当なショックを受けるでしょう。友達に相談することもあるでしょう。友達だってそんな厳しい現実を語られてしまっても、困ってしまうに違いありません。
「元気だしなよ。うちの旦那だって、先月から会社にもいかず、果樹園でオナニーしているみたいだし…。」
辛い時、分かり合える友達というのは、一生の宝です。大切にしてあげたほうがいいような気がします。

と、いうようなことを今日は一日考えました。つまりボクは「カレログ」でいうならば「一日、果樹園とオナニーについて考えていた彼氏」ということになってしまうのかもしれません。困ったもんだ。

ただ今のところ、確かなことがひとつだけあります。たとえどのような機械システムにその身が監視、束縛されようと、脳髄だけは自由なのです。誰にも覗かせやしないのです。

妄想男子に幸あれ!
2011年08月30日(火) 男のBIGAKU
テレビで有名な司会者が引退をして世間を騒がせた翌週には、日本の代表者が変更になり世間を騒がせなかったり、陸上競技はよく分からないけど、金メダルがでたの?良かった良かったというような情報に埋れそうな毎日。

僕はといえば、調子の良かった頃の手応えを取り戻すべく、出勤途中の喫茶店通いを再開しました。しばらく見ないうちに勤務先最寄駅前の喫茶店事情は大きく変わりまして、今はクロワッサンマークの新しめな喫茶店で朝の気合いを充電しています。

毎日、同じ時間帯に同じようなところにいるワケですから、そこで会う人間というのも見慣れた顔ぶれになってきまして、各自マァ朝の貴重な時間の調整に入っているワケで話しかけこそしないものの、オオ、あいつまた来てるな、くらいの浅い連帯感のようなモノが発生しつつありまして、こういうのもなんつーか、働く男たちの醍醐味というかなんというか。

とりあえず僕はそういう浅い関係の中に自分の身をおくコトで仕事に対する気持ちがガーッと上がるのです。じゃあ、一丁やりますか、みたいな。勝手な妄想なんだけど。
2011年08月29日(月) 脱獄のチャンスは一度
以前、洗濯機を買ってついたポイントでipod touchを購入し、今は通勤時の音楽はそれで聞いているのですが、この機械は割とPDA的な使い方もできるようなので、色々とデジタル的なアプローチから仕事のやりかたというか、効率的なこなしかたというか、そういうようなことを取り組んでみたいような気になったのです。だけど、なんだか調べれば調べるほど、このipod touchという機械のアプローチというものが、自分の求めているものとは違うということに気がついてしまい、愕然としてしまうのです。ボカァーどちらかというと、プレーンなテキストファイルが軽快に編集できればイイんだけどナァ。ipod touchは軽快なくせにソコがうまくいかない。あまりやりたいことに対して、ユーザーがファイル単位で意識しないように設計されているというか、うーん、困ったナァという感じ。
2011年08月28日(日) アルティメット人生

第何次かもわからないくらいの格闘技ブームが自分の中でやってきました。
そんなわけで、写真はUFCクラッシックス(1)。
初期のUFCは、空手やテコンドー、相撲など本当に(いかがわしいくらい)様々なジャンルで活躍した選手たちが出ていて、まさに夢の格闘技トーナメントの様相を呈しています。観ていて滅茶苦茶面白い異種格闘技の世界。

実は学生の頃、エロVHSだけレンタルするのは気が引けて、たまたま近くにあったなかで面白そうだったこの興行を収録したビデオをかりて観ているのです。そのときも面白かったことには面白かったのですが、ある程度総合格闘技に対する見方が肥えてきた今、あらためて見直すと、その頃とは違ってまたメチャクチャ面白いわけです。

ちなみに今日はUFC134。元祖ともいえる総合格闘技の興行が134回も続いているっていうのも、凄いハナシですね。
2011年08月28日(日) 女子高生コンクリート詰め殺人事件 / 佐瀬稔

現実に起きた事件というものを捉えていくうえで、自分の中でどのように処理していくかというのは、結構大切なことではないかとボクは考えています。心を痛める、というのも人間としては当然の反応ではあると思うのですが、どんなに凄惨な事件であろうと、できれば今後に繋がる考え方を持ちたいと思うのです。

途中、読み進めていくことが辛いくらいの描写もあるのですが、この本は、子どもに関わるすべての人に読んでもらいたいナァと思いました。壮絶な一冊。
2011年08月23日(火) 日本プラモデル興亡史 / 井田 博

著者はモデルアート初代編集長。「好きなこと」にモーレツな情熱を注いだ一人の生き様。
プラモデルという大衆の娯楽を通して見える日本の経済成長の歴史。久しぶりにとてつもなく素晴らしい本を読んだな、と思いました。30〜40代男性で少しでもプラモデルに熱をあげた時期のヒトは読んだらいいと思います。

たまにはプラモデルでも組んでみようかしら。なんて気持ちになりました。
2011年08月22日(月) タンク・ナイロン・アンダーグラウンド

居酒屋や喫茶店などで出される飲み物の入ったグラスについた水滴は、持ち上げて口に運ぼうとするときに大抵、股間部分を濡らすように垂れてしまうわけです。

つまりは、なんだか尿切れが悪いヒトのように見えてしまう位置にこぼれるわけでありますからして、男性にとってしてみれば、これは結構な問題であると思うのです。

そんな些細なことを、今日はお昼休みのあいだ、デニーズで考えていました。
股間を濡らしながら。
2011年08月21日(日) 花も嵐も泥棒レース

今年の24時間テレビは徳光さんがマラソンに挑戦したそうです。

徳光さんといえば、新ルパン三世の泥棒レースの回で、実名の本人役として出演されていたのが印象的でした。確かファントマが再度、ルパンの前に立ちはだかる回で、肝心のレース自体はズンドコな内容(というか泥棒レースなんていうのが出てくる時点で期待しちゃいけないか)だったのですが、次元のセリフ回しが微妙にカッコイイ回でした。もし、24時間テレビを観て、徳光さんの頑張る姿に心打たれたヒトなんかは是非、該当のお話が収録されたDVDをレンタルして視聴してみていただければと思います。

「運があったら、また会おうぜ」
2011年08月20日(土) 14年前のアヤマチ

思うところがあって、というかPC98のソフトウェアでどうしても動作させたいものがあって、昔の冊子版VECTORを取り寄せました。現在のベクターのサイトではPC98などの古い機種のデータは整理してしまっているようなので、入手できなかったのです。

1997年後期版。

このくらいなら流石にPC98のデータも載っているだろう、と思ったら既にこのときにはWINDOWS95/3.1用のデータしか収録していない模様。大失敗!

しかし中のオンラインソフトウェアに関する読み物などが秀逸(90年代の香り)で、これだけでも元をとったような気がします。懐かしんでもしょうがないのだけど。

昨日は珍しく、花の金曜日にして一人夕食を家で食べるというシチュエーションで、とりわけ観たいビデオもなかったので、なんとなくテレビを観ながら食事をしました。

放送されていたのは、色々なトコロで既に話題となっている鳥人間コンテスト。

それを観ながらぼんやりと、学生時代になにかに無我夢中になるというのは、今後の人生にとって大きいよナァ、なんて少しおっさん臭い事を考えていました。自分はどうだっただろう…なんにもしてこなかったナァ、なんて。

いや、ヒトツあったか。

学生時代の自分はというと、オレチゴクなどというテキストサイトだか日記サイトだかわからないようなものを毎日一生懸命に更新することに命をかけていて、結果的にWEBのギョーカイに一度は就職しているわけです。

やっぱり、ガクセージダイに何かに夢中になるということは大切な、イヤ大切ではないのかもしれないけどサ、後の自身の人生に与える影響というのは大きいナァ、と思ったわけです。

2011年08月12日(金) ルパン三世展

銀座は松屋へ『ルパン三世展』を観に行ってきました。

銀座についた時点で結構な数のポスターがお出迎え。
連載当時の原稿など、結構貴重な展示もありまして、なかなかに良い夏の思い出となりました。
普段からアニメの資料は良く目にしているから、漫画関係の資料だけでよかったかもしれないナァ。

お土産に原作版次元大介のマグネットを購入。
すごくイイ!
2011年08月11日(木) アジア裏世界遺産 / マミヤ狂四郎

久々に軽めの本を読もうと思い購入。写真が多くサクサクと読めました。このタイプの旅行記では既に定番となりつつある、クーロン黒沢的文章にどっきりマークを増やしたような、まぁ少し表現がオーバーな感じの文章なのですが、読みづらいほどではなく。

マミヤ狂四郎といえば、以前「スレッド」というどうしようもない雑誌(褒め言葉)にプロ市民の集会に潜入するルポ漫画を書いていて、それが結構面白かったので、是非そっち方面でも一冊出してほしいナァなんて期待してしまうのです。

巻末の解説はクーロン黒沢。うまい具合にしみじみとさせられました。
2011年08月11日(木) 月の香りはウロコのM

久々にメインで使用しているデジタルカメラを立ち上げたら奇妙な人形の写真が保存されていました。

たしかこれは先日、酔狂でフエラムネを購入したところオマケについてきた人形で、その造形の美しさと、自分の子供の頃から何一つ変わらないフエラムネについてくるおまけのチープさにいたく心を打たれたので、大切な宝物にしようと思い、箱にしまう前にしっかりと写真に残しておこうと撮影したのです。

現在、現物は行方不明。ゴミと間違えて捨てたかな…。

同じエステーのミント臭ということで最後の望みをかけて消臭力を購入。頼む…香ってくれ…!
2011年08月10日(水) 芳香剤行進曲
お気に入りだったエステーの「エアウォッシュ」という芳香剤があるのですが、販売終了してしまった模様。
なんとなく、匂いの記憶というものが自分の中ではいろいろな思い出や、調子のいいときのリズムがとれている感覚というものの手がかりであったということもありまして、ほんの少しだけショックを受けております。
コレまでのことはリセットして新しい芳香剤を購入し、これから先、その新しい芳香剤のスメルと共に自分の轍を残しておけばイイだけのことなのですけど。う〜ん。途方にくれる。

冒険の書が消えたドラクエのような気分。

夏なので我が家に虫が出る!ということで、自分の部屋に置くわけではないのだけれど、虫除けタイプの芳香剤も色々と物色研究。
虫除けタイプのものはそれほど各社から出ているというわけでもないらしく、主流は「虫コナーズ」という名前の商品。ついで「優しく香るハーブの虫除け○○」といった商品がある程度。コンセプトがなぜか優しい。虫に遠慮しているのではないかというくらい優しい。
もう少し、パンチの効いた商品がほしいトコロ。

「デスムシクリアファイヤー&ヘル」みたいな。「ウツボカズラキャノンデス&灰」みたいな。そんな商品があっても良い気がするのですが。
でもそんな名前の商品が出たら、逆に効き目を実感させるために虫を発生させてしまう可能性がないともいえないわけで、結構その辺はムズカシイところでもありますね。

食虫植物でも飼うかネェ。
2011年08月10日(水) アーティスト症候群 / 大野左紀子

新書などにありがちな若者に対する愚痴的内容の本なのかしらとあまり期待していなかったのですが、割とスルスルと読めました。面白かった。

もう少し早く若いときにこの本を読んでいれば少しは自分の中での考え方というものが変わっていたのかもしれないナァと読んでいるうちには思っていたのですが、よくよく考えてみれば、若いときというのは、ムッとしてムキになって反発することはあっても素直に自分の考えに合わないような意見を受け入れるほどの心の余裕というものは持ちあわせてはいなかったような気もするわけでありますからして、この本をある程度落ち着いてきた今になって読むというのもヒトツの正しい時間の流れなのかもしれないナァなんて思うわけです。

若い頃だったらこのようなタイトルの本、書店に並んでいても買ったりはしないだろうし。

同様に、この内容、アイツに読ませてやりたいナァなんて思うようなところもあったのですが、読ませてやりたいようなアイツはヒトの意見を聞くほどの余裕というものをまだきっと持ち合わせていないわけでありますからして、マァなんだろう、人が生きて成長するということはそういうことなのかもしれませんね。

途中、結構TVや芸能といったアートに絡めた下世話な内容が入ってきていて、「なんだいただのテレビタレント好きのオバちゃんじゃんよう」というような気持ちにさせられたのですが、そこも含めて結構、狙って書いているナというか、やはり飯を食うために自分の主張を表現していく、ということをしてきた人間のスゴミというか、構成の巧さというか、そういったものを魅せつけられたような気がします。
2011年08月01日(月) 奇妙な祭り / 杉岡幸徳

旅行のおともに購入。行き帰りの電車のみで読めてしまうくらいの浅く、軽い本でした。考察も同じようなのが多いし、ちょっと拍子抜け。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ