ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年07月22日(金) 単なるテスト入力
これから少しちゃんと文章を書いていきたいナァ、と思っていたところ、丁度GOOGLE日本語入力がバージョンアップをしたということなので、最初のリリース以来久しぶりに、GOOGLE日本語入力で遊んでみているところなのですが、最初のリリースから比べると格段に変換性能が上がっているので大変に驚いているところです。なんというか、携帯電話的な予測変換が非常に強力で、入力している先からパッパッと変換候補があがってくるというのはなかなかに小気味のよいものであります。しかしながら、この便利すぎる機能に頼り切りになってしまうと、なんとなく、表現の幅というのがGOOGLEの予測変換の中に収まるようなところで収束してしまうのではないかというような心配も残るわけなのですが。その辺はなんでしょうか、自分なりのバカな文章表現というのを着実に学習させていくことで、GOOGLE色に染まってしまわない日本語入力環境を作っていけばいいのでしょうか。後は結構、スラング的な変換候補も拾ってきているようなので、日本語的に崩れて行ってしまわないか、という点においても心配といえば、心配なのですが。もしかしたらその心配というのはATOKの陰謀というかキャンペーンというか、そういうものでしかないのかもしれず、本当のところは、IME的機能においては実はATOKに引けを取らないようなものであるのかもしれないのですが。とにかく今はGOOGLE日本語入力を使った文字の入力が楽しくなってきているわけで、文章的には支離滅裂なところも出てきて入るとは思うのですが、楽しさにまかせて突っ走ってみようかナァというようなトコロ。
2011年07月20日(水) 動画的生活
週末にはテレビも終わってしまうし、自分の部屋には別にテレビアンテナもないしということで、なにかパソコンの作業中にだらだらとながしておけるような動画はないものかしらと探してみたら、GYAOでルパン三世PART靴鯒杰しているのを発見しました。

画質も結構安定しているようだし、これからは少し、インターネット配信というものに目を向けてみようかしら。まずはGYAOから攻めてみましょうか。格闘技的な番組は…LLPWくらいしか配信していないけど…。

YOUTUBEでもイイか。
2011年07月05日(火) 迷わず行けよ

週末は西スポーツセンターでハンドボールがありました。このところ若干、腰痛がキテいるような感覚があり、終始弱腰な守りのプレイに徹してしまい、結果的に左手小指を突き指。

小指程度のダメージ、人生においてさほど深刻な影響を及ぼさないであろうと、軽く見ていたのですが、実は左手の小指というのはキーボード左のSHIFTキーなどを打鍵する際に非常に重要な役割を担っているようで、パソコンと向かい合って感じるこの身体の不自由さといったらないわけです。やってられない!

マァ、やるしかないんだけど。

「躊躇しているほうがかえってアブナイ」そんなことって人生では割と多いですね。躊躇した罰かナァ。「迷わず行けよ」なんて、ありきたりな言葉、心の中で何度も反芻したりなんかして。

まぁ、迷っても、行くしかないんですけどね。ボクなんて凡人だから。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ