ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年03月23日(水) 石の扉 / 加治将一

序盤は非常に納得できるお話。しかし坂本龍馬が出てくるあたりで話は歴史大河妄想古代小説ばりに膨らんでいって、「秘密結社だから記録がないのは当たり前」という論法でグイグイ進んでいくかと思えば、イルミナティの項目では「彼らの活動が二百年以上表面化していない、というのは存在していないのと同じです」と急に別のアプローチで攻めてみたりと、結構アヤウイところが満載の本でした。そのアヤウサがなんだか人間臭くて、退屈せずに読めたといえなくもないのですが。
2011年03月08日(火) 読みの整理学 / 外山滋比古

ちくまの文庫は難解なものが多いのだけど妙に知的興味を刺激されますね。教科書的で非常に落ち着いた文章の良い本を読んだと思います。

実は帯には「取説やお役所書類、読んでも理解できない!そんなことありません?実は読み方にスゴいコツあります!!」などと書いてあり、恥ずかしながらそれにつられる形で買ってしまったのだけど、内容はむしろ、現代の国語教育の在り方とかそういった部分で納得させられる箇所が多くありました。ただ、一回ではなんだか咀嚼しきれない部分もあったというのが正直なところで、そういう意味で書かれた内容を頭に入れながら、疑問に思っているところは常に疑問に感じながら、生活していこうと思います。実は、そういう内容が書いてあったような気がするのですけど。

映画にしても音楽にしても本にしても、触れることで何か心的に作用してくれるもの、それが作品に触れることの楽しみだと僕は思います。そういう意味で、非常に良い本に出会えたものです。

しかし、この帯書いた人、実際に読んだのかしらこの本。
2011年03月01日(火) キープオンスクリーミング
今日までお世話になった父親になにかプレゼントをしよう、とフト思い立ったわけです。なかなか自分のほしいものを口に出せない父親ですが、なんだか最近、特選街などでデジカメの記事をよく読んでいる様子だったので、思い切ってマイクロ一眼カメラと本革ケースを購入。

もし、こういったものを自分が自分のために買うものであれば、半年くらい「欲しいけどどうしようやっぱりいらないか…」などと無駄に時間を過ごし、過ごした時間を時給換算すると頭が痛くなるようなことになるのですが、他人へのプレゼントだと即座に買えてしまうというこの不思議なロジック。

このあたり、親父に似たんだろうな、と思う今日この頃。どんな顔をして受け取ってくれるかわからないけど、喜んでもらえればイイな。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ