ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年02月28日(月) 飛んでクアラルンプール
どうやら今年は久々に花粉が大量に飛んでしまう年なのだそうです。花粉症である僕は、多くの同志と同じように、先週の金曜日の陽気で飛散し始めた花粉で、見事にアレルギー的反応を発症いたしまして、ただいま大変な思いをしているところであります。

そんなわけで金曜日、急いで薬局に行き鼻炎薬を買いました。その際にレジの店員に「説明書をよく読んで服用してください」と念を押されたのです。いままでそのようなことを言われた記憶はなかったのですが、改めてそういわれてしまった以上は説明書をよく読むより仕方があるまいと、家に帰ってじっくりと説明書に目を通してみたところ、どうやらこの鼻炎薬というのは「服用後、車の運転や機械の操作はしないように」と書かれているのです。確かに言われてみれば、鼻炎薬服用後というのは、鼻水や鼻づまりには効果てきめんではあるのですが、どうにもうすぼんやりとします。

さらに冷静に考えてみると、僕がお酒を呑んだ後に鞄をなくしたり、寝過ごしたり、車にはねられたりしたのも花粉症飛散の時期、3月に集中しているのです。これはもしかしたら。鼻炎薬と事故には因果関係的なモノが潜んでいるのかもしれない、と思いました。

そんなわけで、まだはっきりとそうと決まったわけではありませんが、年度末のこの時期に酒を呑まないということはなかなか難しいわけですから、今年はケミカルな鼻炎薬の服用を避け、漢方薬と点鼻薬でこのシーズンを乗り越えてみようと思います。

無事故だったらオレの勝ちだ!というのは少々低いハードルでしょうか。
まぁ、低いハードルでも、些細なことで喜べるというならば、それはそれでありでしょう。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ