ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2011年01月24日(月) 不自由な快感・自由な不快
先日、静電気除去リングのことを少し書きまして、そのときはキャッチコピー的なものが浮ついているので買うかどうか迷っている、という内容で終わっていたと思います。実はそのあと、結局値段的に安いということもあり、ダメでもともとという気持ちで静電気除去リングを手に入れていたのです。
実はこれが効果てきめんで、今まで更衣室のロッカーに触れるだけでバチバチと不快な静電気に悩まされていたのがウソのように、恐る恐るロッカーに触れる自分がまるで馬鹿のように、不快なバチバチがピッタリとおさまったのです。
しかし、その影響かどうかの因果関係ははっきりとはしないのですが、直後に「インフルエンザ新旧どうじ発症」という医者からも極めて稀と評価されるような危機的事態に陥ってしまいまったのです。
個人的感覚でしかないのですが、これは体が帯電しなくなったためなのではないかと思っているのです。
つまり、今までは静電気による不快なバチバチに悩まされてはいたものの、それは逆に鼻腔などから体内へのウイルスの侵入も防いでいたといような効果があったのかもしれず、体の帯電を除去することによって、ウイルスが鼻腔入口の鼻毛のあたりで付着するということなくすんなりと気管支まで入り込んでしまったのではないか、とこのように予想されるわけです。
といったことを考えたら、静電気除去リングをして仕事をするということがとても恐ろしいような気持ちになってしまったわけでありまして、やはり、人間少しぐらい不便で不快な思いもしておいたほうがイイのではないか、なんて人生一般論的なことまで考えてしまった今日この頃なのです。
というかですね、40℃近い熱が3日3晩続くというのはですね、もうコリゴリですね。
2011年01月24日(月) 赤塚不二夫対談集 これでいいのだ

赤塚不二夫が好きだったのです。だからなんだか、今は亡き御大の活き活きとした対談は、読んでいて凄く切ないような気持ちになりました。イヤァ、本当にすごい人だったんだナァって。
対談相手のラインナップも実は何気にすごいんですけど、赤塚不二夫というキャラクターにみんな喰われてしまっているような、そんな印象さえ受けました。
まぁ、僕がいくら赤塚不二夫のことを分かったような気になったところで、きっとそれは大いなる勘違いなんです。ただ、この本を読んで兎に角、人生最後には「これでいいのだ」と笑えるように、一生懸命生きたいと思いました。ただひたすらもーれつに。
2011年01月13日(木) 信じる者は救われる
このところ空気が乾燥しているせいということや、自分が寒がりなもんで起毛やフリースの服をよく着ているということが連鎖的に絡んでいるのであると思うのですが、静電気のバチバチが物凄いことになってしまっており、更衣室のロッカーを触ればバチバチ、ドアノブを触ればバチバチと、兎に角身の回りにある金属的なものに触ろうとした瞬間に、激しいショックを体に受けるというようなことを繰り返しています。

流石にこのような金属におびえる日々というのは凡庸な人間らしい生活を送るうえであまりよろしくないと思いました。そこで対策を考えることにしたのです。そういえばこの時期、スーパーや薬局などでは、静電気抑止リングのようなものを売っていたような記憶があります。これを腕などに装着すればこのような忌々しい日々は終焉を迎え、僕と金属はまたもとの親和性をとりもどし、鉄と一体化した田口トモロヲのように、破壊的衝動をもって近所を練り歩き、電動ドリルペニスは女性を貫き、人生を生き生きと過ごすことができるのではないでしょうか。そんなことを考えはじめるとなんだかワクワクしてしまい仕事もロクに手が付かなくなってきます。ああ早く仕事帰りに駅前の薬局に寄りたい。

しかし、駅前の薬局でいくら探してもそのようなリングは販売してはいなかったのです。もしかして夢か。この記憶、夢の中での出来事なのか。

夢の中ならばしょうがない、これ以上夢の中の記憶を現実にあったことのように扱ってしまうと、変なところに行ってしまって戻ってこれなくなる恐れさえある。とりあえず今日は100円ショップで綿棒でも買って帰るか。帰って泣きながら耳でもほじくるか。買うなら黒い綿棒がイイ。仕事ではこうはいかないけれど、黒い綿棒で耳をほじくるというのは、即、成果が目に見えるからイイ。

そう考えて立ち寄った100円ショップ、何気なく目をやったニンテンドーDS画面保護フィルムの棚横に、謎のミサンガ状のモノがあるのを見つけました。よく見るといかにも100円ショップらしいチープなパッケージには「静電気防止!」だの「嫌なパチパチを軽減!」などと書いてあります。

人生、探すことを諦めるとでてくるものというのもあるようです。というか、探し物というのは大抵気持ちがそれたときあたりに出てきてくれることのほうが多いような気がしないでもないですがどうでしょうか。そうでもないですかね?とにかく、静電気抑止リングは見つけたわけですから、あとは買って装着すすれば万事オーケーなのです。夢の鉄男(パート1)生活も目前です。

と思い、商品に手を伸ばしたのはいいのですが、その自称静電気抑止リングのパッケージには煽り書きとして「マイナイオンで癒し効果」「備長炭を練り込んだ」などと書いてやがるのです。学生時代からサブカル的ものを愛し続け、逆に癒しやスイーツ、オリコンランキングCD的なものを全面的に否定して生きてきた自分にとってみれば、これを買うという行為は気持ち的に非常に萎ます。これを買うということは、信じて装着するということは、オーラの泉を信じ込み、週末はパワースポットめぐりにのめり込むくらいの敗北感です。まぁ、のめりこんだら見境なくなっちゃうんだろうけど。こういうのは。

そんなわけで、パチパチはしたくないが、このような宗教的効果(プラセボ)くらいしか望めなさそうなアイテムを買うというのは個人的には大変に屈辱的なのです。嗚呼、どうしよう。

人生の苦難はまだまだ続くのです。
2011年01月10日(月) ブラブラと

久しぶりにまともな休日。前日に呑みすぎてしまって昼からのスタート、というようなこともなく、家全体の窓を開けて換気をしたり、車の傷をコンパウンドで磨いたり、ブラブラと買い物散歩などをしたり、と充実した一日。

昼は松屋でカレー。隣の客がご飯を食べながら携帯電話でゲームをしていました。なかなか熱心。きっとあれは噂のモバイル携帯ゲームサイト(基本料金無料)というものなのでしょう。今頃テレビではバンバンCMとかを流しているのだと思います。パチンコ・パチスロ・モバイルゲーム。どれもやったら楽しいのだろうナァ。ハマったら負けだな。

横浜ビブレは新しくブックオフが出来ており、今まで人の少なかったフロアが凄い人だかりになっていました。ブックオフはかなりテキトーに本やCDやゲームを大量入荷するので、時間に余裕のあるときにじっくり棚を見てみたら何かいいものあるかしら、なんて思うものの、まだまだ開店まもないのか、あまりに人が多いので、今度ちゃんと見ようと思ってその場を立ち去ったわけです。

今日がまさしく久々の、一番時間に余裕のある日だったわけなのですけど。まぁ、いいか。
2011年01月09日(日) テレビの大罪 / 和田秀樹

“「教育を論じる元不良」「政治を語るタレント」「自殺をあおるキャスター」いったい何サマだ?”

という帯に書かれているような憤りのイキオイそのままの内容。読んだ直後はちょっと、なんか、エー?!そんだけ?というような感じになってしまいましたが、冷静に考えると他に書きようのないものなのかもしれません。テレビって。

しかしながら、持論を展開させるにあたって、それに都合の良い統計や研究発表を引用することによって内容に説得力を持たせたり、自身の職業柄感覚的に感じ取った(この辺りがもう圧倒的にズルいんですけど)ことなどを添えたりしていく文章の技法には圧倒されました。

論破ウェルカムな知的に喧嘩っ早い人な印象を受けます。個人的には絶対に闘いたくないタイプの人であります。こんな人、自分の近くに居たら、謝る!へりくだる!
2011年01月05日(水) 宮崎勤事件 / 一橋文哉

サブタイトルに「塗りつぶされたシナリオ」とあるようにそもそもこの事件には「塗りつぶされたシナリオ」があるのだという、筆者の結論が前提にあるような内容でした。それ故に素直にそのまま受け止めることはなかなか難しい内容とはなっているのですが、そういった色眼鏡的な仕掛けに乗せられないように読めば、なかなか面白いというか、面白いという表現が果たしてふさわしいのかというようなところもあるのですが、グイグイと惹きつけられてしまうような不思議な魅力に満ちた内容でした。

こんな事件の本に惹きつけられるというのもなにか、人間的に良くないのかナァ、とは思うんですけどね。まぁ、よくないんだろうなぁ。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ