ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2010年09月27日(月) 力学でひもとく格闘技 / 谷本道哉

実は僕、理系の人間なんです。そんなわけで、これはもうタイトルの勝利。
ただ、柔道・ムエタイ・柔術・レスリングの写真と、割と総合的な格闘技論に踏み入ってくれるのではないかな、という期待を持たせてくれる表紙の割には、立ち技系の考え方が主体で少し物足りなさも感じました。
筆者が立ち技系の格闘技出身のようなので、しょうがないところもあるのですが。

「2」がでたら性懲りもなく買ってしまうんだろうナァ。
2010年09月26日(日) バンコク電脳地獄マーケット / クーロン黒沢

10数年ぶりに再読。内容は古いけど文章が軽快なのでスルスル読めます。
この人、当時結構売れっ子ライターだった気がしますが、それは下世話でアングラな雑誌界隈に限られた話のような気もしないでもなく、そういう余計なことを書くと、自分が下世話でアングラな人間だったということを露呈しているような気がしないでもなく、なんとも言えない感じになってくるのですが、まぁ、そういった意味も踏まえまして、好きな本です。
2010年09月23日(木) 仕事
水曜日は仕事の得意先との懇親会。ひとりで。家に帰ってぐったり。
翌日はひとりでじっくりまったりと晩酌。やっぱり、酒はアレだ。一人でじっくりまったり呑むか、親しい人と呑むに限る。
まぁ、仕事ですから。

明日から寒くなるらしいです。急に寒くなると困る。秋というのは普段、どんな格好で仕事に行っていたのでしょう。
ジャケットとか着ていたような気がするけれど、ジャケットはどこへいったのだろうか。

まぁ、なんとかなるでしょう。
2010年09月20日(月) ランニングデスラーニング
最近の音楽的な動向を探ろうとYOUTUBEにダイブするものの、どうしてもニューウェーブ的なところに留まってしまう自分がいます。そのうちに、別に無理をして最近の音楽的な動向などを探る必要はないのではないかという疑念がよぎり、さらにいくつかのニューウェーブバンドの演奏を眺めていくうちに、自分が好きな音楽というのはこれであるし、それをただひたすらに好き好んでいけばよいではないかという、ありきたりな結論に行きつくわけでありまして、そういった意味で今日は今まで考えていた普通のことを改めて普通に認識しただけの一日にとどまらず、人間的成長は何一つ見られない一日であったと総括できてしまうわけであります。しかし、ここで僕は思うのです。もし、この過ぎ去りし一日をやり直す機械というものが存在し、その機械がたまたま僕の手に渡ったとしましょう。そうすると、僕の人生はどのようなことになってしまうのかというと、ありきたりで進歩のない今日という一日を後悔し、やり直し、その後、やり直した今日という一日をありきたりで進歩のない感じに過ごしてしまったということに後悔してしまい、また一日をやり直してしまい、つまりはそのループが果てしなく繰り広げられてしまうことになります。今日で人生終わりにして終わらない。ですから、たとえ無駄だと感じた一日であっても、そこに固執してはいけないと、つまりはそういうことを言いたいのかもしれません。それも無理にひねり出した結論かもしれません。やっぱり今日という一日は大した進歩がなかったということになります。そんなときは潔く、今日という一日を諦めましょう。どうしようもない日々は多いけれども、100回でも200回でもその一日への諦めをを繰り返して毎日を過ごしてやろうじゃないか、とそんなふうに思うのです。
2010年09月15日(水) 久々

片づけをしていたらペンタブレットが出てきたので、本日の片づけはそこで中断。
久々にタブレットを弄って過ごす夜。秋だし…。秋だしな!

久々すぎてヘナヘナですが。まぁ、続く限り細々と描いてみるべ。
2010年09月14日(火) ファーストレヂィに魅せられて

木曜日から久々に体内にブログモジュールを組み込み、人造ブログ人間と化す過酷な日々が待ち受けているのですが、そのことを知っている職場の大先輩から日本酒の差し入れをいただきました。

嗚呼、これはとても艶のあるお酒。饒舌。

淡泊なお刺身とあうのかもしれないナ。

かくして、明日の晩酌は方向性が定まったのだった。
2010年09月13日(月) 夜に弱い男
寝る時間をケチると翌日丸々一日のパフォーマンスががくんと落ち込んでしまい、結局のところ夜の時間が惜しくともそこはしっかりと寝て、睡眠時間を確保した方が、一日を快適かつ効率的に過ごすことができるということに今更ながら気が付き初めました。夜更かしは代謝も落ちるみたいだし。これからしっかりと寝よう。明日のために。
2010年09月12日(日) 自慰散歩
久しぶりに朝早く起きることができたので、東京の方まで遠征。

すっかりソフトとサービスの街になってしまった秋葉原で降りて、やっぱりここは自分が好きだった20世紀の秋葉原とは別の街なのだと再度認識したのちに神田の方までテクテクと歩き、古本屋をぶらぶらして、御茶ノ水リバティータワーを見物して、帰宅。

僕の青春ロードと呼ぶにふさわしい道のりでした。満足。

結局、4時間も歩きっぱなしで何にも買ってないんだけどネ。チイタケオか俺は!
2010年09月08日(水) タイムイズマネー

日曜日に実家のパソコンが壊れて、これはもう新しいものを買わなければいけないね、ということになったわけで、即、手配&購入。

自分の買い物をするときは、これは本当に必要なのかそうでもないのかこれがあることで自分の人生にどれほどのプラスがあるのかそれは金銭的マイナスを補うほどのものなのかそもそもいま必要なのだろうか衝動的な物欲に負けてはいないだろうか、などと云々と売り場の前で悩んだ挙句、その日は結論を出すのはやめようなどという結論を出して帰って利してしまうのですが、ヒトの買い物だと意外とサクサク進むようです。

こういった意味を踏まえて今後の人生並びに買い物ライフをどのように修正しくことが、自分にとって、そして周りの人にとっての最大公約数的幸福を得ることができるのであろうかなどということを先ほどお風呂に入りながら考えてみたのですが、結局のところ、そんな指標を作っても無駄だし、その時その時に応じた適切な判断というものが必要になるのだという結論に至ったわけです。

ダメだな、タイムイズマネー。もうすこし楽に生きよう。

2010年09月07日(火) プリンタイ
我が家のプリンター気が付けばまたしてもインクが詰まり、そろそろいい加減にイラッとしてきました。
目詰まり皆無なプリンターというのは出ていないのかしら。インクジェットというのもそろそろどうなのかしら。進化したほうがいいのではないのかしら。
明日から調べてみよう。
2010年09月05日(日) ライフアンティルデス

土曜日は実家に行って、両親が無事にいて、会話をして、壊れたパソコンを診て、そのあと町田に行って、ロックマンの海外版について語って、焼き肉を食べて、カラオケに行って。
日曜日は町内会の防災訓練を寝留守して、そのあと職場に行って少しだけ仕事をして、帰ってきてから台所回りをかたづけて、公園をランニングして、晩飯を自炊して、テレビを見ながら酒を呑んで。

そんな週末。理想的な週末。

そして明日からまた一週間が始まるわけです。一週間、理想的でありたい。そう願う週末の夜。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ