ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2010年08月30日(月) 「救い」の正体 / 別冊宝島編集部

いわゆる「カルト」にカテゴライズされる新宗教的な団体にまつわる体験談などをまとめた本。結構なボリュームなのだけれどあっという間に読めてしまいました。

もの凄く恐ろしいと思ったのは「カルト」に倒錯する人間というのはきわめて正常な状態のごくフツーのその辺に居る人だったりすることが多いわけです。ただ、ある瞬間ふとした心の隙間をつくってしまったときにたまたま「カルト」的なものがそこにスッと入りこんでしまった、というような感じなのです。だから、それこそ身近な人がそういったものに惑わされるようなことも十分に考えられるのです。

ちなみに僕はこの本に出てきたほとんどの団体に接触されたことがあります。
今思えば20歳前後の頃が一番積極的に勧誘されたような気がするのですが、それはきっと、一般的に20歳前後のあやふやなアイデンティティ的なそういった世代がねらい目ということなんでしょう。

どちらかというと「病気を未然に防ぐ!」とかそういったカテゴリーの本なのかもしれません。「カルト」に負けないために、「カルト」を知るのです。
2010年08月22日(日) 早眠暁を覚えず

今週末は職員旅行がありました。その影響もあって、今、大変に寝不足でお疲れな感じになっているのですが、何故かどんなことがあっても、早めにベッドに入るということができなくなっている自分がいます。

よく「寝る時間と起きる時間は変えないほうがよろしい」などということを耳にするのですが、疲れているから早めに寝てしまうのと、いつも通りの時間に合わせて眠るのでは、いったいどっちが効果的なのでしょうかね。試してみたらいいだけのことなのだけれど。

なかなか早め寝ることってできないんだよナァ。
2010年08月16日(月) 赤色ランペイジ

ミスターTかと思ったらランペイジだったある夏の日の午後、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
ランペイジのことを初めて知ったのはPRIDE15でした。PRIDE13でヴァンダレイに敗れた桜庭の対戦相手として来日したランペイジを、僕らは少し色物の外国人選手として見ていました。
メインイベントでは僕らのケンドーカシンこと石澤選手が、ハイアングレイシーとのリベンジマッチを制しました。感動したのを覚えています。
ランペイジが特攻野郎に成り上がるなんて当時は誰も予想していませんでした。
映画俳優としてのランペイジの奇妙な再上陸に、そんなことを思い出しました。以上!
2010年08月15日(日) 脚色された世界

そもそもフォトショップなどを使って色々と写真を弄繰り回すようなことを趣味としているような人間にとっては、写真というのはPCで開くときになるべく素直で鮮明ならばそれでイイというような思想のようなものがあるわけです。
ですからそもそもの画像ファイルに手を加えてしまう、デジカメのアートフィルターというのは割と使いたい気持ちにならないような機能という認識でしかなかったわけなのです。
でも、使ってみると意外に面白いのでした。これからは積極的に使おうと思うわけです。色んな写真を沢山撮ればいいのさ。

ということで、今週ちょっと仕事のヤマ。その間にやりたいことをやろうと思えばできないこともないのだけど、「終わったら本気出す」という気持ちを大切にしたいので、今は溜めに溜めてみようと思うのです。これで本気になれなかったら、それは別に本気でやりたいと思っていたことではないのだ。
2010年08月09日(月) 放送禁止映像大全 / 天野ミチヒロ

あの「バックアップ活用テクニック」で世間的におなじみなのかどうかわからない三才ブックスから4年ほど前に出版されたときに買って読んだことがあるのですが、文庫化されていたので改めて再読。

今ではテレビ放送することは難しい(とされる)ソフトを当時のメニアックなエピソードを交えながら詳細に紹介。文章が軽快なのでスルスル読めます。

再読するまでの期間にいろいろと自分の考え方も変わってきているのだナァ、と実感。

少し前であれば「なにかと差別差別と糾弾すること」というものに対して苛立ってみたりと、それなりにそれなりの人らしいそれなりの読後反応を示していたような気がします。というか、初めて読んだときはそんな反応だったような気がします。今はちょっと違うかナァ。
その憤り方すら、なんとなくだれかに期待されている反応のような気がするわけです。自分の意見ではないのです。
2010年08月05日(木) 僕とカメラと魔術師とテストと召喚獣と

だいぶ前のことになりますが、仕事の絡みでカメラを使用する機会が増えてきたため、思い切ってメインのカメラをパナソニックのDMC-LX3というものにしました。
スペックや機能的にみるとズームもあまりできないし、動画も大したものは取れないしと、特筆すべき点はあまりありません。

が、凄くイイなぁ、という画を残してくれるのです。
見て、感動した画がちゃんと残るのです。残したいものが。

ということで、最近のお気に入りはこのDMC-LX3だったりします。機能をフルに活用して、末永く使っていきたいと思います。
つい先日、後継機が発表になったばかりですが。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ