ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2010年06月27日(日) サッカー
「サッカー」というヒトと「ワールドカップ」というヒトがいて、どうも「サッカー」というヒトのほうは知識が浅いのではないだろうかという漠然とした分類ができ始めました。

でも、サッカーがわかるようになったらこの時期、楽しいんだろうナァ、晩酌。
2010年06月23日(水) システム自炊法 / 丸元 淑生

「本気で自転車に乗ろうと考えているなら、ビアンキをお勧めする」とでもいうような導入部分の自炊器具紹介に対しては少しウムムとなってしまうようなところもあるのですが、基本的な内容部分に関しては少し前に読んだ「粗食のすすめ」と重なる部分もありました。違う著者が書いている違う本のなかで同じ主張が入っているということは、そこはきっと栄養学的に外せない部分なのだろうナァ、と感じてしまったわけでありました。

今、情報はあふれかえっていますが、決して自分に都合のいいオピニオンばかり読むのではなく、たくさんの角度からのオピニオンを吸収して、判断のできる人間になりたいと思いました。

騙されてはいけないヨ。
2010年06月22日(火) 至福の晩酌

誕生日に実家から貰った西京漬けと、本日スーパーで半額になっていた鯨肉の刺身を肴に、誕生日に貰った日本酒を愉しむ晩酌。
これを幸せといわないのならば、なにを幸せというのだろうか。
2010年06月21日(月) 烏賊喰う私は蟲の女

「おめでとう」
「これ喰って元気出せ」
ということで上司がイカを2ハイくれました。このイカにどのようなメッセージが込められているのかはさすがに今の僕にはまだわからないのですが、いつかはわかる日が来るのでしょうか。それは今後の人生、どのように生きるかにかかっているのではないでしょうか。
そんなことを考えながら食べたイカは大変おいしゅうございました。
明日も元気に生きよう。
2010年06月20日(日) 本日の晩酌

FEPをOFFICEのIME2010にしてみました。結構これが賢くて、文章をターッと長く入力してもしっかりと変換されます。割と文章が冗長で句読点すらあまり打たない自分にとってはなかなか快適な日本語入力環境になったわけでありますから、これからはこのFEPとともにターッと更新頻度を上げていければイイナァなんて思うわけですけどネ。まぁ、どうなるかはわからないのだけど。

そういった意味も踏まえませんが、先日、誕生日を迎えたわけで、色々な方々からお酒のプレゼントをいただきました。長い年月を経て、プレゼントされるものの中にお酒がメインとして組み込まれてきたというのは、あの人にはお酒をプレゼントすれば間違いないと思われているのだなぁという面において、若干の不安というものを感じざるを得ないわけではありますが、実際のところ不安も誤解も実はなく、お酒をもらえれば僕は基本的に満足という面においては、皆様の認識は決して間違っているわけではないのです。

というわけで、本日の晩酌も天国のようでした。安い幸せ!でも、幸せの敷居が安くかなえられるということは、決して不幸なことではないような気がするわけでありますからして、それはそれでいいのです。僕は幸せだったのです。
2010年06月14日(月) 粗食のすすめ/幕内秀夫

交通事故に遭ってからというもの、以前のように激しい運動もできなくなってしまったため、食を中心とした健康維持に大変興味をもつようになりました。

そんな中で読んだ一冊。

目新しいことは特に無し。年齢的なものもあるのかもしれませんが、この本を読むよりも前に、肉々しい食事というものはあまり好んでとらないようになってしまったということもあるのかもしれません。

今から肉肉パン肉肉パンパンなんていう生活になるとは思いませんし、日本人らしい粗末な食事を好んで生きようとあらためて思った次第です。

ヒトに読ませてみたい本ですね。
2010年06月13日(日) 自転車と渓谷と私

何故かはわかりませんが、自転車が流行ってるのだそうです。不況だからでしょうか。不況で忙しい、未来のことなんて分からない、というような、現代的に蔓延している的な閉塞感的なものが現代のヒトをエコ的なライフスタイルや健康的なライフスタイル的ところへ導き出しているということなのでしょうか。

といった意味も踏まえませんが、近所に横浜でも有数の渓谷があるというので、自転車で行ってきました。

原付が壊れてるんだもの。

本当のことをいうと、自分は渓谷というのがどういったものかはよく判らないまま、ただペダルを踏みしめて走ってしまったわけなのですが、着いて感激。

そこに広がっていたのは、誰もいない森と渓流でした。
おまけに途中、素敵な水門なんかも見つけてしまいご機嫌。

なんだかこの、やりたい事が流行っていることとかぶるとちょっと逃げ出したくなるという悪いビヘイビア的なところがあるのですが、自転車で自分の家の近所を散策というのもなかなか捨てたもんじゃないスね。
2010年06月06日(日) みなとみらいは夜の夢

このところ季節の変わり目ということもあり、週末になると色々なことがしなくてはいけないのに体が動かないダルダルモードになってしまっていました。
週明けからはきっちりとスイッチが入るように体を休めているわけだから、別に特になにか大変な問題があるわけでもないんだけどサ。

なんとなく、存した気分になるのよネ。仕事のために体を休める週末なんて。

じゃあどうしようか?むしろ逆に週末も仕事しちゃうか?

といった意味も踏まえまして、今日は仕事でみなとみらいへ。
天気もよく、世間一般的には極めてフェス的な空気感を醸し出しており、なかなかに天気のいい典型的なフェス的日曜日だなぁ、なんて思ってしまったわけですけど、ボクは仕事でした。
フェス絡みの。

帰ったらメキメキと元気が出てきたので、公園をクルクルと走りまわってきました。

仕事というのも悪くない。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ