ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2010年04月27日(火) 普通の家族がいちばん怖い/岩村暢子

少しは社会的なものも読もうと思って手を出したものの、物凄く読むのが面倒くさい本で、時間がかかりました。しんどかった!
内容としては、調査というものが以下に作為的なものであるかということを綴ったような感じの内容になっておりまして、そういった意味ではこういった本を読む時はしっかりとニュートラルな立場になって読み進めていかなくてはいけないなあと改めて実感したわけです。良書もあれば悪書もある。情報に流されてはいけないのです。
2010年04月11日(日) おセンチに前向きに
年度に人事が大きく動くような職場にいるわけで、昨年度末も結構寂しくなるよなぁといった人事異動が沢山沢山あったのですが、予想していたよりは悲しむこと無くやりすごすことができました。

多分、生きている限り、もうそんなに悲しみにくれることはないのです。何故ならワレワレにはWEBがあるから。WEBを通じてボクたちは本人たちにその意志がある限り、繋がっていることができるのです。

いや、なんか今年度から職場のページをまた担当することになって、そんなことをあらためて思ったワケ。みんな見てるかなぁ、なんてネ。
そんなことを考えながら、毎日毎日更新しよう。いやぁ、ファイトが湧くぜ〜。
2010年04月07日(水) 発掘模造/毎日新聞旧石器遺跡取材班

以前読んだ歴史模造モノのドキュメンタリーが大変面白かった、という話を実家の親父にしたところ「そうかそうか」と本棚の奥深くから出してこられた一冊。
ご存知、考古学的には知らない人はいないのではないかといわれる通称「ゴッドハンド」事件について、毎日新聞の記者陣が綴った本。
ジャーナリズム的カタルシスをひしひしと感じるかっこいい文面とは裏腹に、表紙のデザインは少しあざとい感じがしないでもないですが、正義の名のもとに報道の姿勢を貫くその姿勢に陶酔してしまえば、これほど面白いジャンルの本はないよナァ、と思ってしまう次第なのでした。
でも、ボクは気が小さいということもあって、どうしても模造してしまう人間の方にも感情移入してしまうわけでありまして、そういう視点からすると、まぁ、狙ってはいないのだろうけど、どうしてももの哀しいような、そんな気持にさせられてしまいますネ。
「オレだって同じ立場だったら、そうしてしまうのかもしれない」なんて。
2010年04月04日(日) 古地図から幻の国々を読む方法/辻原康夫

一冊前の歴史物(?)が面白かったので、その流れで購入。
残念ながらそんなに心に響くものでもありませんでした。こちらの内容が、過去の文献からの知識による二次創作的内容だからなのかもしれません。ボクにとっては、文献的アカデミックな文章よりも、体当たりジャーナリズム的な読み物の方が、向いているのかもしれません。知識増やす目的で本をよむのならば別ですけど。
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ