ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2010年01月31日(日) スイーツ戦争

実家より栗チョコレートスタウトビールというものを頂きました。
この時期(バレンタインデー付近)になると出てくる人気商品だとのことで、ラベルには
「ほっこりとした栗の甘みと〜」
なんてことが書いてあるわけです。ウムム。

実際はそんなに甘みは感じられず、香りの特殊な黒ビールといった印象でした。

味的にはそんなにスイーツな飲み物でもなかったので、良かったナァと思いました。

しかし、最近良く見かけるけど「ほっこり」というの自分にとってはなかなか難解なキーワード。

イメージ的には「癒し」や「自分らしさ」みたいなキーワードと相性が良さそうな感じで、個人的にはあまり使うことも聞くこともなさそうなので、あまり深入りすることもないのかもしれないのですけど。

むしろバレンタインデー的には「もっこり」のほうが良いのではないかと思うのですがどうか。

ダメか。

2010年01月26日(火) 近況
ペンタックスが今季のモデルで一眼レフっぽい見た目のコンデジを出すとのことです。これからのコンデジはプラスアルファの価値で勝負することになっていくのでしょう。レンズが明るいとかサ。個人的にはストラップが両掛出来る昔のフィルムカメラみたいなものがもっと出て欲しいトコロなんですけど、どうなんでショ。

そんなわけで、最近は仕事の合間をぬってモソモソとHTMLのコーディングを勉強も兼ねてやっているところです。divなんかの要素をセンタリングするのってtext-align:centerでやるのは本当は間違いでmarginをautoにするのが正しい、なんていうワリと今更な発見をしてしまったりするあたり、まだまだ勉強しなくてはいけないことは沢山あるようです。

たくさん色々な本を読んで、たくさん色々な勉強をしようと思います。ドンヨクなのよ。
2010年01月24日(日) 裏ハローワーク/アンダーワーカー・サポーター・編

いわゆる「表」にはあまり出てこない職業にスポットをあて、その職業に付く人たちから聞いた話をまとめた一冊。治験バイトからマグロ漁船、風俗ライターなど、我々が普段あまり関わることの出来ない職業の人達の生き方を垣間見ることが出来、非常に面白く読めました。
既に最初に発行されたのが5年前の本なので、内容的には結構古くなってしまっているところもあるかもしれません。続編も出ているらしいので、そちらも見つけたら買おうと思います。「さおだけ屋」にも取材しているみたいですし。
2010年01月21日(木) セルフコントローラー
どうも体調を崩して、二日ほど無駄に過ごしてしまったので、今週末は二日分取り戻すつもりで生きようと思う今日この頃です。
とはいえ、きっと週末に募るのは焦燥感ばかりで、いつものように実生活はカラカラと空回りすることでしょう。
自分はそれくらいなんだ、というくらいの気持ちでいかなくてはガッカリすることになるわけですから、マァ、自分にはあんまり期待していないんだけどネ。
それくらいの、コンプレックスとかマイナスな要素とは一生付き合っていく気持ちで生きていかなくてはいけないのです。とはいえ、マイナスな気持ちに浸り、腐りきるつもりは毛頭ないのですよ。
2010年01月20日(水) さおだけ屋はなぜ潰れないのか/山田真哉

数年前にそのタイトルのインパクトでベストセラー入りを果たした新書を今更ながら読みました。
タイトルにあるような都市伝説的事象の謎解き本を期待するとガッカリします。会計学の入門書で、非常に簡単な内容になっていました。
ただ、「簡単な内容にしてあげている」というような筆者の感覚がプンプンと匂うので、読んでいて良かった!ありがとう!というような気持ちにはならなかったのが正直なところです。
また、ネタバレになりますが、タイトルに対する結論はヒトづてに聞いた話を会計学的に当てはめて推測/解説しているだけで、その辺も読んでいてアレレと思うようなところがありました。自らの足で真相を探求しようというような本ではありません。インパクトの有るタイトルをつけて、会計の分野では異例になるくらい売れる本を出そう、という目論見のもとに作られた本といった印象が強いですね。まぁ、その目論見はうまいこといったわけなんですけど。
以降、「何故○○は××なのか」というようなタイトルの本が増えているという点からみても、結構罪な本です。
2010年01月18日(月) 古武術の発見/養老孟司・甲野善紀

前回、脳学者である茂木さんの本を読んで、それなりにアレなところもあったのですが、自分なりにウムムと感心するところもありました。という意味で考えると、そういった本を読んだ後というのさらに脳へ脳へと突き進んで行くと、なんだか脳原理主義のような考え方になってしまうのではないか、という恐れが生じたわけで、ある意味極端ではあるのですが、解剖学者と古武道家の御二人の鼎談であるこの本を読むことにしたわけです。
これが難解!脳学者の茂木さんの本があまりにも咀嚼しすぎで漠然とした自己啓発本になってしまっていたのとは対照的に、注釈の嵐が吹き荒れるこの御二人の鼎談は、ザッと読んだだけではあんまり良く判らず、なんどか注釈と行ったり来たりしながら、それでも大半は理解出来ていないのではないか、というくらいの内容になっています。
ただ、面白いなと思ったのが、茂木さんにしても、このおふたりにしても、考えているのは「人は人としてどう“生”と向き合ったら良いのか」ということを愚直に考えているという意味では根っこの部分で共通しているのではないか、と思ってしまえるようなところですね。ンマァ、ボクの勝手で浅い読み方で得た感想ですから、アテにはならないのですが。
2010年01月17日(日) 魚の脳を持たない男

格闘技をやめたからか、三十路を超えたからか、理由は良く分からないし、もしかしたら複合的な理由が存在するのかもしれないのですが、気がついたら、本当に気がついたら、殆ど肉を食べたいと思わなくなっていました。その分、魚を食べる日々。われながら不思議なものです。若い頃はアレほど肉々しい欲望に餓えていて、魚を食べるなんてことはこれっぽっちも頭になかったのに。年をとるということはこういうことなのでしょうか。
勿論、肉を食べていた頃の自分を否定する気は無いんです。今の魚を食べている自分を否定する気もないんです。
そして40代になったら、自分が何を好んで食べているのか分からないわけですから、もしかしたら、肉も魚も食べたくなくなって、ゼリーしか食べない40代というコトも考えられなくも無いわけで、だから、ボクはゼリタリアンを否定したりはしません。いつかは自分も自然にゼリタリアンになってしまうかもしれないのだから。
今のところ、その兆候はありませんけど。
しかし、居るのかね、ゼリタリアンなんて人種が。
2010年01月14日(木) アンダーコンストラクションもそのうち作る
以前よりどうしても入れなくてはいけないと思っていた「ソーリージャパニーズオンリー」の記載を昨日ようやく、左メニューに追加しました。

別に文自体にはなんの意味も無く、特にそれに何も感じない人にとっては何も感じないというか、何故そんなことを英語で書くのか、と首をかしげてしまうような内容かもしれませんが、ボクや古くからWEBに関わってきている人間にとっては、凄く意味のあるキーワードなのです。多分。だから、ボクはコレを記載したかったのです。
2010年01月13日(水) 2010ストリートファイター
気がつけば2010年です。2010年というのは、僕たちの子供の頃からして考えてみればもっとキラキラとしたハイテクノロジーに囲まれ、電車から車輪は消え、ヒトは別の惑星にイミン的なことをして、海ではイルカの牧場が、というようなイメージを植え付けられてきたわけでありますが、実際のところ、当時思い描いていた近未来的なものというのは殆ど実現されてはおらず、携帯電話やインターネットといった意外と内向的ともいえなくもない、コミニュケーションテクノロジーの進化というものに留まってしまっているのはどういうことなのでしょう。今の子供達に近未来を予想させたら、いったいどのようなものになってしまうのでしょう。

などとフト思いましたが、別に今の子供達が我々が憂いてしまいそうなほど夢の無い未来を思い描いたところで、それはどうしようもないわけでありますし、未来は彼らのものなのでありました。だからなんだっつーの。

のんびりいこうや。
2010年01月12日(火) 感動する脳/茂木健一郎

なんとなく本屋に積んであったのを興味本位で購入。本日、出張中の電車内で読破しました。
脳についてのガクモンの第一人者というイメージが強い筆者から、内容も難解なものであるかもしれないという不安もあったのですが、難しい言葉は殆ど用いることなく、特に専門的な知識の無い人間にとっても分かりやすい日常生活における脳の働きに関する説明の本でした。
ただ、少し咀嚼しすぎたかせいか、「ネガティブなイメージに固執しないようにしよう」とか「成功のイメージを作ろう」といった内容ばかりになってしまい、作者やタイトルを偽れば、自己啓発系の本や、新興宗教団体のパンフレットであると言われても信じてしまいそうな感じでした。
逆にいうならば、自己啓発や新興宗教団体というのはある意味で、脳の働きといったものを無意識的にか意識的にか知りませんが、わりと理解していて、その辺のコントロール的なところでいうと、方向性としては結構間違っていない、ということが脳の学問的観点からもいえてしまうということなのかもしれません。
ただ、「神様の教えでは〜」と言われるのと「脳の学問的に〜」と言われるのでは、同じ「成功のイメージを作ろう」ということを言われたとしても、全然説得力が違いますね。ボクは断然後者を支持します。
新しい感動的な発見はありませんでしたが、「ああ、ヤッパリ」「根拠があるのだな」というような無意識的に正しいのではないかと思っていることに対する学問的後押しをして貰ったような、そんな感想を得ました。
そんな感想を得たので、明日からまた成功のイメージを胸に、生きてみようと思うのです。たとえ筆者がトンデモな学者のヒトでも。
イイと思ったことならば、多分そう信じることが脳にイイことなんです。ウソでも!
2010年01月11日(月) テレビの話題
御正月特番としてTVKで放送された「劇場版未来少年コナン」を鑑賞。
なんだか、TV版で見た時の記憶と大分シナリオが違うというか、かなり簡略化されてしまった内容のような気がしないでも無いのですが、そもそも最後にTV版を見たのがもう10数年以上前の事になるわけでありますからして、ボクの記憶のほうが間違っているということも無くはないわけで、臆病な自分としてはしっかりと確認もしないままにそういった批判的発言をすることは控えるようにしておこうかなどと、余計な心配をしてしまう次第だったりするわけなのです。
「未来少年コナン」というのはでもアレですね、殆ど「ラピュタ」と「カリオストロ」の原案みたいなところがあって、それでいて劇場作品としての完成度は言うまでもなく、あとに出た作品のほうが高いのですが、「コナン」には「コナン」の、なんというんでしょう、製作者の若さ故に表現できた残虐性とか、胡散臭い科学性とか、そういった風合いが入り乱れて、ボクはコレはコレで結構クセになっちゃうような魅力を感じてしまったりするのです。
2010年01月10日(日) 自転車

両親が毎年年始に詣に行くと名前だけは聞いていた神社を、自転車散策中にたまたま発見しました。自転車を直すまでは、家−駅というライン上で生活をしていたのですが、自転車に乗ることによって、子供の頃は通ったけど社会人になってからめっきり通らなくなったエリアなどを見ることが出来るため、毎日ノスタルジックな気持ちに浸っています。みなさまも生まれ故郷に戻られた際には是非、自転車を。
2010年01月09日(土) そんなわけで自転車
「休日は何しているのですか?」と聞かれることが多いのですが、わりと定型化していないもので、返答に困るナァといつも感じてしまうのです。毎週違うんだって。
そんな今回の週末ですが、なんとなく学生時代に愛用していたクロスバイクのお手入れ。リアVブレーキのパッドが常に接触気味であったので、なんだかいくら漕いでも爽快感に欠けていたので、そこを修理しました。やぁ快適。
これで、来週「休日は何をしているのですか?」と聞かれた場合には、「先週は自転車を弄りました」と返答することが可能になりました。でもナァ、こういう時に限ってそんな質問はされないんだ。人生ってそんなもんよネ。
2010年01月08日(金) 野郎の会
職場の男たち数名でホルモン新年会。
脳髄が旨いと悲鳴を上げるも体に悪い味。大満足。
大満足のクセに帰りに隣の韓国料理屋で韓国麺。
流石にやりすぎだな、と小さく反省をする男たち。

でも、すぐにまた同じことをやっちゃうのです。
ソレが男のオロカさなのです。
2010年01月07日(木) 本日の感動

「年末に草津に行ってきたんで」
手渡された人形は耳の無いネコ型のロボットの置物。
そのあまりの出来に感動。自分はまだまだ感動する感情の余裕が残っているのだ、ということが本当に嬉しかった。そんな一日なのでした。
2010年01月06日(水) 描くことがあっても書くことがない

毎日スカパーでやっているルパン三世の再放送を観ながら晩酌をする日々。
宝石のような日々。いっそのこと、新ルパンのDVDBOXを買えば、一年の半分位は確実に幸せに暮らせるのではないだろうかと思います。高いのか、その幸せは。むしろ、安い買い物なんじゃあないか。
2010年01月05日(火) それでもボクはカキやめない

なんでもコミックマーケットというところで売っていた1,000円の同人本が1週間もしないうちにヤフーオークションの転売で何万円という値段に跳ね上がるらしいです。つまりはアレでしょう。可愛い女の子の絵とかが描けるようになると人生何かと得するということでしょう。

ということで、是非とも頑張りたいところなのですが、ボクはどう頑張ってもワカメちゃんみたいな絵しか描けないようなのです。残念ながらカワイイ女の子の絵とかを描いて売る同人作家の道は絶たれたのでした。マァ、最初から道などなかったのだけど。
2010年01月05日(火) 大人の自転車ライフ/疋田 智

新しいアクティブな趣味を模索している中で読んだ一冊。結論からいうとちょっと残念な内容でした。
前半は軽快に自転車にまつわる愉快な話や、自転車の系統の説明など、自転車に関する知的好奇心を満たしてくれいる内容で、ワクワクと読み進めていけたのですが、中盤からは自動車社会と日本の行政に対する不満、及び妄想理想の自転車社会語り。その語り口は、まるで肉や魚を食べる人々を極端なまでに軽蔑視するベジタリアンのように恐ろしいカタイレ思想のように思えてしまったのです。終盤は「私ならこうだ」とか「誰もが容易に想像できる」といった文体。ボクは自転車、結構好きな人間なんですが、この本を読んで、自転車にのることが逆に恥ずかしくなりましたトホホ。エコテロリスト的読本という見方では面白いかもしれません。
2010年01月04日(月) タブレットPCは電気ウナギの夢をみない

10年程前にWEBで絵日記を付けていた(絵日記という表現は結構恥ずかしいな)頃に使っていた、WACOM製のタブレットが出てきました。iMACというパソコンが出てきた頃の機種なので、本体がスケルトンのボンダイブルーというところが、哀愁を誘います。今はちょっとまだ、このいわゆるiMACカラーというのは、少し時代的にも中途半端な古さであるからして、恥ずかしいナ、という感じでもあるのですが、あと10年も使ったら、アンティークなデザインの渋み的なものが再評価されたりして、素敵な事になるのかもしれません。いやぁ、果たしてくるかなまたこのスケスケ青ブームが。

ソレはともかく、もう10余年も経つ機械だというのに、WACOMの方では律儀にVISTA用のドライバも提供しているようです。早速、ドライバを入れ、USB端子に差してみたところ、呆気無く認識してくれました。こういった、末永いメーカーサポートというのは、ユーザーにとって本当にウレシイものです。メーカーの人にとっては儲からないし早く新しいの買ってよ!と思っているのかもしれませんが。

WindowsVistaが勝手に「ボクはTabletPCだよ」モードに切り替わり、ペン書き入力の変なインターフェイスが常時左の方にでるようになってしまったのは非常に気になるところですが、今回はWACOMの心意気に感心しているので、Vistaが少しくらい主張したって、海のような深く広い気持ちで許してしまえそうです。

というわけで、実に何年ぶりか判らないのですが、ペンタブレットでお絵かきなんかをしてみました。もっと描けないかと思っていたのですが、意外とやってみるとできるものですネ。これからも隙があったらチマチマと描いてみたいところです。
2010年01月03日(日) アルティメットゴミ
長いようで短いような冬休みも終わり。明日から大抵の人々はまた社会のちょいとしたシガラミの中で生きるでしょう。実はボクもそうなのですが、今年は割と三が日が暇だったということもありまして、「やっとお出ましカィ、かかって来いや!」的な強気の気持ちで明日を迎えそうです。マァ水曜くらいにエナジーが切れるんでしょうけど。週末を恋しく思ったりするんでしょうけど。まぁ、恋しいくらいが丁度いい、なんてところですかネ。

そんなこんなのことを、YOUTUBEでレモンフーリガンを聴きながら書いているわけです。レモンフーリガン。ボクにとっては懐メロです。10余年前くらいでしょうか、当時の色々なことが思い起こされるメロディです。あの頃、ボクはゴミみたいな学生で、WEBでゴミみたいな日記を書いていました。今ではすっかりゴミみたいな社会ビトとなって、相変わらずWEBでゴミみたいなことを書いています。ノーチェンジ。明日はどっちだ。10年後はどうなっているかしら。まぁ、なってみなくちゃわかりませんですからして、今はまたとりあえず明日を生きてみることになりそうです。わー、みごとにゴミみたいな文章になった。ありがとうございます。
2010年01月02日(土) ブログ雑考
秋辺りから色々と本を読んでいるのです。この理由については小難しい理屈付けも可能といえば可能なのですが、そんな面倒くさいことは書いてもしょうがないので、マァ、秋だったから一丁、本でも読んでみるかぁ、というのを動機にしてしまうというのはどうでしょうか、とココまで書いているコトが既に面倒くさいでしょう。

そんなワケで、読んだものの感想なんかもパーッと書いていかにゃあならないナァ、と思うわけなのです。別にそんなもん公開しなくてもイイかな、という迷いもあります。なにしろ読んだ本の感想的なものを書いてしまうということは「最近のアイツの考え方はコレがモトネタだな」とか思われてしまうような恐れもあるわけです。けれど、最近は食べたものだって公開している時代なのです。思ったことをポツリとつぶやいてもイイ時代なのです。そんなワケで気が向いたら。
2010年01月01日(金) あけました
新春。おめでとうございます。
なんか適当に入れたブログシステムで現在は運用しているところでありまして、そこで浮いた時間をもっと別の有意義でクリエイティブでアクティブなソリューション的もうよくわからないことにまわしたいナァという目論見からきているのですが、今日気がついたところによると、このブログ的システム的なものは2010年までしか入力出来ない様な感じの仕様になっているようなので、このまま行くと割と結構面倒くさいことになってしまうかもしれないような雰囲気すら感じ始めた新しい年の始まりです。入れ替えるよりはperlとにらめっこしたほうが早いのかもしれないですが、しばらくはそういうのも面倒くさいから放っておきたい今日この頃です。マァ、なるようになるでしょう。そんなワケで、エー、頑張りません!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ