ORECHIGOKU

ひとこと

信頼できる情報源から入手したとされる根拠の無い情報によって、私達の心は、少しずつではあるけれど着実に、まるで万力のようにギリギリと、無自覚なままに蝕まれているのです。そのことに気づいてしまった私は、厳しい現実から逃げるように乳首ヶ丘の高台に登り、かつて過ごした穏やかな人たちとの日々を思い起こしています。その思いはいつか風に乗り、かつての信頼できる情報筋の人々の耳まで届きます。平穏だったはずの日々は、情報筋の人たちによって都合よく加工され、人々の食卓へと届けられます。それを口にした皆様の心はまた、ジワリジワリと蝕まれていくのです。

最近の記事

検索


このページと管理人について

H.B.ストラス
流浪のWEBクリーチャー。
世紀をまたいでなおもしぶとく続いている何だかわからない雑文が日々ダラダラと書き加えられていくというあまりエコ的な観点からするとエコではないサイトだかページだかマァなんて表現したらよいのかよくわからない今日この頃です。そんな感じでよくわからない人間がやってます。むしろ分ろうなんてしなくてイイんです。皆さんにはきっと他にもやるべきことがたくさんあるはずです。
Sorry Japanese Only
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41

お知らせ

  • 画面を少し横長にしたり、ソースをキレイにしたり、画像をいろいろ変えました。<2017.03.5>
  • 気が付いたら表示が崩れていたので、少しスタイルシートを直しました。<2016.01.27>
  • ブツクサを右に。3カラムにしてみました。昔の雑なコーディングに悪戦苦闘。<2014.09.16>
  • ブツクサ言い始める。<2011.06.19>
  • 取り敢えず再公開。<2009.12.26>
  • さらに面倒くさくなったのでブログシステム的なものを導入しました。<2009.12.24>
  • 面倒くさい部分はDreamweaverさんにやって貰うことにしました。たまにはツールに頼ることも大切ですよね。そして思っていたよりもカシコイ<2009.1.14>

雑記

2009年12月27日(日) 怪気炎
結局昨日はつま先立ちも出来ぬまま、ゴール前でベタ足立ちの、精彩を欠くプレイをしなくてはならないという練習納めにしてはなんだか締まりの無いエンディングを迎えることになってしまいました。
今日は割と普通に歩けるようです。結局、昨日のアキレス腱の痛みはなんだったのか判りません。もしかしたら再発するのかもしれません。歩くのすらシンドイ痛みがいつ襲ってくるか分からないという感覚というのは結構ヒリヒリとした緊張感を伴うものですが、マァ、ヒリヒリするもの悪くはないでしょう。覚悟はしておきましょう。
心配などしてもしなくても、痛くなるときは痛くなるのです。痛くないときは走るしかないでしょう。
2009年12月26日(土) アキレス炎
近頃運動不足なのです。
今日はハンドボールチームの活動納めがあるということもありまして久々に運動ができるというヨロコビにわくわくとしていたのですが、朝起きたらアキレス腱が痛いのでした。こういうときに無理すると長引くので、無理はしない方向でやりたいと思います。でも、無理をしないということが実は一番の無理だったりするわけですね。ですから無理に無理をしないという方向の無理をしない方向で行きたいと思うわけなのです。わかりますか?ボクはサッパリわかりません。
2009年12月25日(金) カテゴリってーいうのもあとで混乱しそうだな…
とりあえず、画像の投稿も(さっき消したけれど)問題の無いことが確認されたので、あとはファビコンを作ったら公開してもいいのではないかというところまできました。と、コレを書いている時点ではこの文章は公開されていないので、なんか丁寧に語りかけるような文章にしているというのもチョッピリむずがゆいような感覚ではあるのですけれどネ。文章のボリュームなんてコレくらいでいいから、定期的に続けることができればイイなぁなんて思う今日この頃。
2009年12月24日(木) テスト投稿を兼ねて
本当は1日で簡単にBLOG化して年末年始の忙しい時にも無駄にめまぐるしい更新頻度を目指そうと思っていたわけなのですが、実に久しぶりにCGI的なものに触れたもので、テスト環境の構築などに非常にてこずってしまいました。その代わりというわけではないのですが、ココで一発作ってしまって、あとは本気でちまちまとした訂正だけで運用していこうという甘い考えをいだいているわけでありますからして、結構しっかりと作れたのではないかな、という気持ちでいます。自分の性格のことだからすぐに飽きてしまうのかもしれないけど。マァいいか。やらないでアーダコーダするより、公開するほうが大事でしょう。だからもう一度、始めようと思うのです。行くぜ!もう一丁!
Copyright (C) 1998- H.B.Strauss and ZAWAZ